fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法の要点:受動態





シリーズでお届けしている「英文法の要点」。

今回お話しさせていただくのは「受動態」です。


※:「英文法の要点」についての注意点

多くの英文法教材は分厚く、「些細なこと」「むずかしすぎること」まで掲載
しており、それは学ぶ必要がなかったり、後回しにすべきものです。

「英文法の要点」では、どこが重要で、どこが重要じゃないかを解説いたし
ます。

ただし、あくまで「学び方のポイント」であるため、
これだけで理解できることを目的としていません。

私の講座、

「英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/see51.htm >

などの教材の代わりになるものではありません。



■受動態のポイント


受動態のポイントというのは大して多くありません。
ポイントは以下の2点。

1、Vが「be動詞+過去分詞」になる(be動詞はgetでも代用可)
2、Oが1つ抜ける

という2点。


受動態自体はそれほどむずかしいわけではありません。

ただし、2の点を完璧に理解しておかないと、後で「分詞」という分野を学ぶ
際に、大きな悪影響を及ぼします。



■Vが「be動詞+過去分詞」になる(be動詞はgetでも代用可)


これはとても簡単で、もうすでに多くの人がご存知だと思います。

受動態というのは、Vが「be動詞+過去分詞」という形になります。

例えば、

That guy was witnessed at the station.
「あの男が駅で目撃された」

のVは、was witnessed。

「be動詞+過去分詞」という形をしていますね。


この「be動詞+過去分詞」という形をしていることこそが、

「これは受動態ですよ」

という印なのです。



■Oが1つ抜ける


ポイント1に関してはそれほどむずかしくなかったと思います。

しかし、ポイント2に関しては、真の意味で理解している方は意外と少ないの
です。

受動態というのは、能動態(普通の文)と比べて、
「Oが1つ抜ける」という性質があります。

例えば、第3文型というのは、能動態ならSVOという形です。

.  S     V     O
│Someone │witnessed │that guy (at the station) │
└────┴──┬──┴─────────────┘
.        SP3

しかし、これが受動態になると、SVになります。

.  S      V
│That guy│was witnessed (at the station)│
└────┴───┬───────────┘
.         SP3p

※:↑の記号については↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/130319.gif >


この時点まで見て、「何だ当たり前のことじゃないか」と思うかもしれませ
んが、

.  S      V
│That guy│was witnessed (at the station)│
└────┴───┬───────────┘
.         SP3p

を見て、

「あれ? 第3文型ってSVOだよね? Oがないじゃないか」

と勘違いしてしまったり、
「by someone」のように、もともとのSだったものを必須と考えて、

「あれ? by someoneはなんでないの?」

と思ってしまったり、by someoneをOととらえて、

.  S      V               O
│That guy│was witnessed (at the station)│by someone│
└────┴───┬───────────┴─────┘
.         SP3p

と勘違いしてしまう人も多いのです。

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/130319.gif >


そうではないんですね。

受動態は、もとととOだったものがSになって、もともとのSは消えるものなの
です。

もともとのSはby someoneのように表現できなくはないですが、
その場合、「by+もともとのS」はあくまで副詞。Oではないのです。

そのため、結果的に受動態は「能動態からOを1つ抜いたもの」になるのです。


ですから、以下のように文型は変わるのです。

.     能動態 受動態
第3文型 SVO   SV
第4文型 SVOO  SVO
第5文型 SVOC  SVC


これを理解できていないと、過去分詞を使った文が読めずに苦労します。

That guy witnessed at the station may have been Mr. Williams.

The person talked about in the news recently is the first female
president that country has ever seen.

The elderly man remembered as the best baseball player who played
in this league has visited the Prime Minister.

などです。


それぞれ、

「駅で目撃されたあの男はウィリアムズさんだったかもしれない」
「最近ニュースで話題となっている人物は、あの国の初めての大統領だ」
「このリーグでプレーした中で最高の野球選手として記憶されている初老の男性
 が首相を訪れた」

という意味。


辞書を引いても間違った意味でとらえてしまった人もけっこう多いはずです。

中でも、

「witnessedを"目撃された"ではなく、"目撃した"と解釈してしまった」

「talked aboutを"話題となっている(話されている)"ではなく、
 "話した"と解釈した」

「rememberedを"記憶されている"ではなく、"覚えた"と解釈した」

こう言った方は、真の意味で受動態を理解していないことになります。



■英文法は積み重ね


よくメルマガでは、

「英文法というのは1からの積み重ね。A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、
 A→B→C…という順番で学ばなければならない。

 いきなりCから学ぼうとしても、AとBを理解していなければ無意味」

とお話させていただきますが、今回のお話が典型的な例です。


先ほどのような過去分詞の文を理解できない場合、
多くの人は手持ちの教材の過去分詞の章を参照します。

しかし、理解できていない真の原因は受動態にあります。

その場合、いくら過去分詞の章を読んでも根本的な原因は解決していないので、
問題は解決しません。

読むべきは受動態の章です。


受動態や過去分詞など、英文法を正しく理解する。
そして、その上で、身につけた英文法の知識を使って、正しい読み方を身につけ
て、リーディング力をアップさせたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が本日19日(火)と迫っておりますので、お急ぎください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。












英文法の要点:基礎中の基礎
http://www.new-toeic.net/cat33/post_424.html
毎回というわけではないですが、今号から、シリーズで、「英文法を理解するにはここに...

英文法の要点:品詞と文型 前編
http://www.new-toeic.net/cat33/post_425.html
前号からシリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「...

英文法の要点:品詞と文型 後編
http://www.new-toeic.net/cat33/post_426.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「品詞と文...

英文法の要点:時制
http://www.new-toeic.net/cat33/post_427.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「時制」で...

英文法の要点:前置詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_428.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「前置詞」...

英文法の要点:仮定法
http://www.new-toeic.net/cat33/post_429.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「仮定法」...

英文法の要点:助動詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_430.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「助動詞」...

英文法の要点:接続詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_431.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「接続詞」...

英文法の要点:受動態
http://www.new-toeic.net/cat33/post_432.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「受動態」...

TOEICに対する考え方
http://www.new-toeic.net/cat33/toeic_152.html
ここ2カ月ほどは「英文法の要点」というコラムを連載していましたが、今回で一時休止...

新年度、新学期の英語学習は英文法!
http://www.new-toeic.net/cat33/post_433.html
今週から、新年度、新学期。「今年度こそ、英語やるぞ!」と燃えている方も多いかと思...

英語の読み方、ほとんどの人は間違っている?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_434.html
4月に入り、新年度、新学期が始まりました。この時期は英語をやる気になっている方が...

英語ができる人の助言が必ずしも役に立たない?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_435.html
今回は初心者向けのお話になります。■私も昔は英語が苦手な初心者でしたメルマガでも...

TOEICスコアが上がればいいってものではない?
http://www.new-toeic.net/cat33/toeic_153.html
今回はTOEICのスコアに対する考え方についてお話させていただきます。■TOEI...

英会話だけを目標にすると挫折し勝ち?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_436.html
今日は平日ではありますが、ゴールデンウィーク中なので、お休みの方も多いかもしれま...

英会話はシンプルがネイティヴに好まれる
http://www.new-toeic.net/cat33/post_437.html
今回は英会話のお話になります。■日本人はむずかしく話そうとしすぎ?私は複数の英会...

英語学習にはある程度の「いい加減」も必要
http://www.new-toeic.net/cat33/post_438.html
今回は英語学習全般の姿勢についてのお話になります。■英文法は積み重ねですが…メル...

英語を読むのにテクニックは不要
http://www.new-toeic.net/cat33/post_439.html
今回はリーディング。特に、TOEICのリーディング(パート7)についてお話させて...

英語の「間違い」どのパターンですか?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_440.html
■同じ「間違い」でも…問題を解いていたり、英作文をしていたり、英会話でしゃべって...

英文法は意味を考えたらダメ?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_441.html
■英文法を学ぶ目的は英文の意味を理解することだが…英文法というのは、よく誤解され...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る