fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語ができる人の助言が必ずしも役に立たない?

今回は初心者向けのお話になります。


■私も昔は英語が苦手な初心者でした


メルマガでもお話させていただくことがありますが、
私は昔は英語が苦手でした。

私は今でこそ、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っていますが、
中学時代の通信簿はずっと2(5段階)でしたし、
高校時代には偏差値30を取ったことがあります。

そのため、

「中学時代からずっと英語が得意だった人が多い英語指導者の中では、
 初心者の気持ちがわかる方なのではないか」

という自信はあります。



■初心者には「英語ができる人」のアドバイスは役に立たない?


英語が苦手な人は、多くの場合、「英語ができる人」にアドバイスを求めま
す。

「英語できるようになりたいんだけど、どうしたらいいのかな?」
「ここがわからないんだけど、どういうことなの?」

と。

私も英語が苦手な時代には、英語ができる友人に聞いたりしました。


ただ、注意が必要なのは、その人が英語ができるからと言って、必ずしもその
アドバイスが有益とは限らないことです。

もちろん、アドバイスが役に立つことも多いです。

しかし、「その人が英語ができる」ということが逆に弊害になってしまうこと
もあるのです。


例えば、昔、私は「この問題はなんでこれだと間違いなの?」と質問すると、

「いや、それだとおかしいじゃん。変な感じがする」

と感覚的にしか教えてもらえなかったり、

「目的語が必要な他動詞なのに名詞がないから」

と当時の私にはわからない用語(目的語、他動詞、名詞)が一杯出て来たり。


そして、

「名詞って何?」

と聞いても、

「何って聞かれても…。名詞は名詞でしょ」
「名詞がわからないと言われても困るよ」

となってしまったり。


上記の例は、

「英語ができるために、感覚的に"当たり前"だと感じてしまう」
「感覚的に当たり前だと受け止めているので、それを説明できない」

という例。


英語ができる人にとっては、「当たり前」であることが、
英語ができない人にとっては、「当たり前」ではないのです。

「当たり前」だと思っていることは感覚的なものなので、
説明できません。


でも、英語ができない人にとっては、その「当たり前」を理解できていない
からこそ、英語が苦手になってしまっているわけで、「当たり前」の内容を
説明されないと理解できないのです。

ところが、英語ができる人からすると「当たり前」だから、説明できない…。

こんな事態に陥ってしまいます。



■目のつけどころが違う?


また、「当たり前」の認識が違うがために、
「難易度」を見誤ってしまうアドバイスもよく見かけます。

例えば、よく英語ができる人が、

「英語はとにかく一杯読んだり、聞いたりしていればできるようになるよ」

と言っているのを目にします。


ただ、この人には1つ見落としている点があります。

「英語を一杯読んだり聞いたりすることができることを"当たり前"と思って
 いるが、それができないで困っている人が一杯いる」

ということです。


本人は英語が苦手だったことがないので、

「普通に中学高校生活を送っていたら、英語はある程度読めるし、聞ける状態
 だった」

というものかもしれません。

なので、ときどき、「すでにある程度読めて聞ける状態をスタートライン」と
してしまっている発言を目にします。


でも、そうじゃない人も一杯いるんです。

そもそも、英語を読めないし、聞き取れない。
「一杯読んだり聞いたりすればいいんだよ」と言われても、それができないか
ら困っている。

英語が苦手な人にとっては、

「読んだり聞いたりできる力を身に付けるために基礎をやる」

というのが「スタートライン」なのです。


ほかにも、

「こういった細かいニュアンスの差が大事だ」
「ディクテーションで冠詞1つ1つまで聞き取れてるかチェックしよう」

など、本人のレベルが高過ぎるが故に、

「むずかしすぎることを初心者に勧めてしまう」

という例を良く目にします。



■対象者を見極める


もちろん、「英語ができる人」全員がそういうわけではありません。

私のように、「今は英語ができるけど、昔は英語ができなかった人」もいます。

また私の恩師は「ずっと英語が得意だった人」だったと記憶していますが、
初心者の気持ちをよく理解している方でした。

「名詞がないから間違いなんだよ。ところで名詞ってなんだかわかるかい?」

という感じに、当たり前で済ませたりしませんでした。


ただ、やはり、「英語ができる人のアドバイス」の中には、
「初心者には役に立たないアドバイス」が多く含まれていることは認識して
おいた方が良いでしょう。

特に、雑誌でのちょっとしたアドバイスコーナーのように、
不特定多数の人を対象としている場合、多くの人は、

「自分の経験からして、このぐらいはわかっているだろう」

とレベルを想定したり、あるいは、

「平均的な中級者にあわせておこう」

と平均レベルの人を対象にしたアドバイスになり勝ちです。


英語ができる人のアドバイスを聞くことは有効ですし、
初心者にも有効なアドバイスを得られることもあります。

ただ、中級者や上級者に有効なアドバイスが必ずしも初心者にも有効とは限ら
ないことは押さえておきましょう。


初心者の方で、英文法の基礎をキッチリと学び、
さらに、この知識を使って英文を作る練習をしたい方には、
冒頭でお話しさせていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が明日4月18日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。