fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語を字面にとらわれて意味がわかっていない?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

■そもそも、日本語に訳す必要はない


メルマガではよくお話させていただきますが、
英語はわざわざ日本語に訳す必要はありません。

学校では日本語に訳して読むように習いますが、
それは間違った方法。


英語ができる人はそもそも日本語に訳してなどいません。
英語は英語のまま理解しています。


確かに、英語のままでは理解できないこともあるでしょう。
特に初心者の場合は日本語に訳さないとわからないことが多いかと思います。

なので、時には日本語に訳すのは良いと思います。


ただし、それは、英語のままではわからないときだけに限るべき。

また、

・できるだけ英語の語順のままで
・日本語としての綺麗さにはこだわらない



などなど、さまざまな注意点があります。


こうした、「英語学習における日本語の使い方」は、

「英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

などの私の講座受講生様には、補助テキストを無料で差し上げて解説させてい
ただいております。



■日本語の字面だけにとらわれていませんか?


先ほどお話したように、英語のままで意味がわかることが理想であり、
日本語に訳すのは、英語のままではわからないときだけにすべき。

しかし、「日本語に訳してはいけない」というわけでもありません。


ただ、日本語に訳す方の1つの特徴として、

「日本語に訳せただけで満足してしまい、
 実はちゃんと意味がわかっていない」

というケースがあります。


例えば、

I bought this box so that you can put this book in it.

を、

「あなたがこの本を入れられるように、この箱を買った」

と訳せたとします。


上記のような、「カンマなしのso that」は、「〜なように」と覚えている人も
多いでしょう。


ところが、訳せただけで満足してしまっている。

あるいは、「カンマなしのso thatは"〜なように"」とだけ覚えて、
それ以上、深く考えない。

こういったケースが多いのです。


そこで、意外と、

「この箱を買った目的は?」

と聞かれても、答えられなかったり、

カンマなしのso thatを使って、

I am not good at math so that my score was just 30.

と間違った英文を作ってしまったりします。


「私の点数がたったの30点だったように、私は数学が得意でない」

と言いたいのでしょうが、so thatというのは、「目的」を表すものです。

ただ単に、日本語で「〜なように」を単純に当てはめればいいわけではないの
です。


I bought this box so that you can put this book in it.

で言えば、

「私はこの箱を買ったと言う行動を起こした。
 じゃあ、その目的は何? と言うと、あなたがこの本を入れられるように」

というように、論理的に何が言いたいのか?

何が目的なのか?
何が原因なのか?
何が結果なのか?

こういった、「何が言いたいのか?」をちゃんと考えていない人は意外と多い
のです。


ただ単に、

「あなたがこの本を入れられるように、この箱を買った」

として、「よーし日本語に出来たぞ」「ふーんこんな感じか」で済ませていては
ダメなのです。


英語のままだろうと、日本語に訳そうが、
「何が言いたいのか?」という肝心な部分を理解していなければ意味がありませ
ん。


英語を英語のまま理解する場合は、
このように、「言いたいこと」を考えざるを得ません。

でも、日本語だと、「日本語に出来た」だけで満足してしまい、
それ以上考えていないケースが多いのです。



■日本語を読むときにも訓練できる


よく「アメリカ人は議論好き」、「日本人は事なかれ主義」と言われるのを聞い
たことがあると思います。

同じアメリカ人でも人によって違いますし、
同じ日本人でも人によって違いますが、こういった傾向はあります。


英語では、「主張があって、その理由・根拠を説明する」という傾向が強い
です。

ですから、先ほどのso thatの話のように、

何が目的なのか?
何が原因なのか?
何が結果なのか?

これを考えることは非常に重要です。


これは、日本語を読む際にもできるはずです。

例えば、新聞を読む際に、ただ単にばくぜんと読むのではなく、

「消費税を上げる? なんでなんだろう?」
「この政治家は政策に反対なのだな? なんでなんだろう?」
「反対の理由として○○を挙げているが、それはおかしくないか?
 論理的に話が通らないぞ」

のように、因果関係を考える。論理的に物事を考えるようにする。


こうすることで、論理的に書かれる傾向が強い英語にも間接的にではあります
が、役に立ちます。


「何が言いたいのか?」を理解できるようになりたい方、
日本語訳に頼らずに英語が読めるようになりたい方、
リーディング力を高めたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が明日13日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。