fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語の重要な知識なのに、教材が説明しない

今号は、

「重要な英語の知識なのに、どういうわけか、ほとんどの教材では説明されない
 知識」

についてのお話です。


■私が英語が苦手だった原因


メルマガではよくお話させていただきますが、
私は昔は英語が苦手でした。

中学時代はずーっと通信簿2(5段階)でした。

私立中学に行ったわけではなく、
地元の公立中学校。

しかも、神奈川県の県一斉テストでは、学校全体の平均点が、県全体の平均点
よりも20点も低いと言う、レベルの低い学校。

高校に入っても、偏差値30を取ったこともあります。


当時は「なんで自分は英語ができるようにならないんだ!」ともがき苦しんで
いましたが、今振り返ってみると、

「"あること"をわかっていなかったこと」

が原因の1つであったと断言できます。


私はその「あること」がわかっていないことが原因で英語ができない状態でし
たし、逆に、「あること」がわかったことで、英語ができるようになり、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。

ただ、いろいろな世の中の教材を見てみると、

その「あること」を説明している教材がほとんどないように見受けられるので
す。


そう言えば、私がその「あること」を理解できたのは、
教材に書いてあったからではなく、
お世話になった先生に教えてもらったからでした。



■品詞は超重要!


その「あること」とは、ずばり「品詞」です。

名詞って何?
形容詞とは何か?
副詞とは何?
動詞とは何?

こういったお話です。


私は、品詞がわからないがために、英語が全然わかりませんでした。

例えば、学校の先生は以下のような説明をしたりします。

「This is the hospital ------ I visited recently.

 この空欄にはwhichが入る。

 visitedには目的語が必要なのに名詞がないよね。
 名詞を入れてあげる必要があるから、名詞の関係詞であるwhichを入れる
 必要があるんだ」


しかし、私は「名詞」の意味がわからないので、
この解説がサッパリ理解できませんでした。


私の例は極端かもしれませんが、品詞がわかっていないで苦労している人って
多いんですよ。

私は、今までに12年以上にわたって、18,900名以上の方に英語指導させていた
だいておりますが、中級者の方でも、

「------ are you going to?

 (A) Which hospital
 (B) Where
 (C) When
 (D) Why

 Bが答えだと思ったんですけど、答えはAなんですよね。

 "前置詞toがあって、その後ろの名詞がない
 Aは、形容詞(which)+名詞(hospital)なので、名詞。

 B〜Dは全部副詞なので不可能"

 と書いてありましたが、形容詞+名詞が名詞ってどういうことですか?
 whichは形容詞って書いてあるのに、なんで名詞なんですか?

 副詞だとなんでダメなんですか?」

というように、品詞がわかっていないためにつまずいている人は一杯います。


確かに、which hospitalは、形容詞+名詞です。

でも、英語では、修飾語はすべて本体の一部と見なします。

例えて言えば、形容詞は服。名詞は人です。

人がいて、その横に服が置いてあれば、
それは、「1つの服と、1人の人間」と見ますよね?


でも、最初っから服を着た人間が立っていたらどうでしょうか?

「1つの服と、1人の人間」なんて言わないですよね?

もはや服は、その人間の一部であり、
「1人の人間」としか言いませんよね?


それと同じで、形容詞+名詞も1つの名詞と見るのです。

whichという服を着ている、hospitalという人間。

あくまで、which hospitalは「1人の人間」なのです。


これは形容詞+名詞なら全部同じ。

good rice
nice people
expensive cars

すべて、「1つの名詞」として見ます。


英語と言うのは、A〜Zまで学ぶことがあるとすれば、
A→B→C→D→E…と順番に学ぶ必要があります。

Bを知らずにCは学べませんし、
Aを知らずにBは学べないのです。


品詞はAとまでは言わないまでも、BかCぐらいの位置にあり、
基礎中の基礎と言えます。


ということは、

「品詞がわからなけば、英語のほとんどがわからない」

と言えるのです。


もし、英語の教材を見ても理解できないことの連続だとしたら、
それはもしかしたら、「品詞」がわかっていないことが原因かもしれません
よ。

現に私の場合はそうでしたからね。



■なぜか教材では説明されない


このように、超重要な品詞なのですが、
なぜか、ほとんどの教材では品詞は説明されないのです。


はっきりとした理由はわかりませんが、
ほかの英語指導者の方と意見交換する限り、

「英語と言うより一般常識だから」
「英語と言うより国語の知識だから」

という理由だと推測されます。


もしかしたら、品詞が分かっている人からすると、

「そんなものは英語の知識じゃないよ。一般常識でしょ。
 だから英語の教材で説明なんかしないよ」

「それは国語の知識でしょ。
 だから英語の教材では扱わなくて当然ですよ」

と思うかもしれませんが、昔の私のように、品詞がわかっていないで苦しんで
いる人ってとても多いんですよね。


なので、もし、英語で壁に当たっているのなら、
ぜひ、品詞から学び直すことをオススメいたします。

英文法を「品詞」から、理解する形で学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日17日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。