fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語の細かい間違いを恐れるな!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は英語の間違い。
特に初心者が間違いをしたときのお話になります。


■確かにネイティヴが違和感を感じることはよくあります


英語をやっていると、

「日本人はよくこういう英語を言うけど、
 実はネイティヴにはこう聞こえる」

的な話をイヤでも耳にします。


英語をやり始めたばかりの人、まだ英会話が得意でない人は、

「日本語で言いたいことを考えて、それを英語にする」

という人が多いです。


しかし、英語と日本語は別の言語。
言い方や、モノに対する考え方が違ったりします。

単純に訳しただけだと、間違った英語になってしまうことも多いのです。


例えば、英語では、

「何をするためにこれを買ったの?」

という質問はできません。

英語に直訳すれば、

What did you buy this to do?

ですが、英語ではこういう言い方はしないのです。


What did you buy this for?
「何のためにこれを買ったのですか?」

Why did you buy this?
「なぜこれを買ったのですか?」

という別の言い方をしなければいけません。


このように、日本語の感覚で英語をしゃべってると、
ネイティヴからすると、

「ん? 変だな」

ということはあるのは事実です。


最近はこういった本も出ていて、

「日本人はこういうことが多いけど、実はネイティヴは違和感を感じてるん
 ですよ」

という指摘(脅し?)がなされています。



■深刻に考えすぎないこと


こういった本の影響かはわかりませんが、
妙に、間違いとか些細な違いを気にする方が多いです。

もちろん、間違いをせずに、ネイティヴに違和感を持たれずに、
ストレートに意味が伝わった方がいいでしょう。


ただ、どうも、私は、

「ちょっとしたことで間違ってしまうんだ!」
「違和感を持たれたら大変だ!」

と深刻にとらえ過ぎている人が多いなという印象を受けます。


そのため、消極的になり過ぎたり、
まだ上級者でもないのに、些細なことを気にし過ぎている方が多いのです。

英会話は自分で発言をしないことには上達しません。

間違いをしてでも、積極的に発言しなければ上達しないのです。

それなのに、過度に間違いを心配して、消極的になっていたのでは、
英会話は上達しません。


それに、些細な違いや、冒頭で例として挙げた、
「実は英語ではこういった言い方はしない」というのは、上級者になってから
学ぶものです。

初心者、中級者の方。

特に初心者の方は、

「些細な違いはもちろん、大意さえ取るのに苦労する」

「間違った英文ですら自分の意図を相手に伝えることができない」

というのが実情です。


「大意さえ取れない」
「間違いどうこうではなく、全然英文が口から出てこないので、相手に意図が
 伝わらない」

こんな状態で、その先のレベルである、些細な違いや、「英語ではこういった言
い方はしない」という点を心配しても仕方がありません。


こういう心配をするのは、

「大意は取れるようになった」
「間違えることもあるけど、それなりに意図を伝えるようになった」

こういったレベルをクリアしてっからの話です。


日本人が、「日本語を学んでいる外国人」と会話することを考えてみれば、
よくわかります。

A:「間違いや些細な違いを心配して、大意を取る力をつけようとしない」
 「間違いや些細な違いを心配して、全然発言ができない」

B:「間違ったり、些細な違いがわかっていないこともあるが、
  大意は理解してくれる」
 「間違いや些細な違いを理解していないことがあるが、
  一生懸命、意図を伝えようとしてくる」

どちらの外国人と話したいでしょうか?

間違いなくBの方ですよね。

英語学習者もBの方を目指すべきなのです。



■間違いをバカにするのはネイティヴも悪い?


また、そもそも、

「些細な違いや間違いにビックリする」
「些細な違いや間違いをバカにする」

というのは、聞く側のネイティヴにも問題があります。

私のアメリカ人の友人にも、こういった「間違いシリーズ」を聞いたことがあり
ますが、

「確かに変だと感じるものもあるけど、言いたいことはわかる」

「この程度で理解できなかったり、ましてや相手をバカにするのは、
 聞く側の"理解しよう"という努力が足りない」

と言っていました。


これも、日本人が「日本語学んでいる外国人」と会話することを考えればわか
ります。


例えば、外国人から日本人に電話がかかってきたとします。
そして、日本人が、

「今どこにいるの?」

と聞きます。


すると、外国人は、

「私がどこに存在しているか知りません」

と言いました。


変な日本語と言えば変な日本語です。
日本人なら、

「んー、どこかわからないなぁ」

ぐらいに言うでしょう。


でも、そこで、日本人が

「え? 何? そんな変な日本語じゃわからない」
「あははは、何その言い方!」

と言ったらどう思いますか?


「確かに変な日本語だけど、そんな言い方はないだろ」
「意味がわかるんだから、バカにすることないだろ」
「相手は母国語じゃない言葉をがんばって話そうとしているんだぞ」

と思いませんか?


英語学習者がしゃべる英語も同様です。

日本人、ネイティヴ、国籍にかかわらず、イヤな人はいますから、

「え? 何? そんな変な英語じゃわからない」
「あははは、何その言い方!」

という人もいることはいるでしょう。


でも、多くの日本人が、

「確かに変な日本語だけど、そんな言い方はないだろ」
「意味がわかるんだから、バカにすることないだろ」
「相手は母国語じゃない言葉をがんばって話そうとしているんだぞ」

と思うように、多くのネイティヴもそう思っています。


ですから、「バカにされたらどうしよう」と、あまり間違いや些細な違いを気に
しすぎない方がいいです。

「バカにするのは、そっちが悪い。あなたは日本語話せるんですか?」
「理解できるのならバカにするな。理解できないのなら、"ちょっと分からない
 のでもう一度"と言えばいいだけだろ」

ぐらいの気持ちでいいのです。


上級者になれば、

「大意は取れる」
「間違っているかもしれないがそれなりに意図は伝えられる」

というレベルになります。

ですから、

・些細な違い
・「英語ではこういう言い方をしない」

という点を気にしてもいいでしょう。


しかし、初心者、中級者は、まだ

「大意は取れる」
「間違っているかもしれないがそれなりに意図は伝えられる」

というレベルに到達していないのですから、まずはそれを目指すことです。


繰り返しになりますが、些細な違い等よりも、
「大意が取れる」「多少間違っていても意図を伝えられる」方がずっと大切
ですから。


そのための基礎力をつけたい初心者の方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が明日20日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。