fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語が読めることは立派なことではないのか?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は、英会話とリーディング関連のお話になります。

「日本では、リーディング、そしてそれに必要な英文法の授業ばかりで、
 英会話をやらない。だから英語を読めるのに、英語を話せない」

確かにその通りなのですが、
これを極端な解釈をしてしまっていないでしょうか?


■確かに日本人は「読めるけど、話せない」


皆さんご存知のように、日本の英語教育では、リーディング、そして、リーディ
ングのために必要な英文法はタップリと教わります。

そのため、英語が苦手な人でも、簡単な英語ならけっこう読めますし、
辞書があれば、そこそこの英語でも読めてしまいます。


ところが、学校ではほとんど英会話をやらないため、
英語が得意な人でも、英語をまったく話せない人は珍しくありません。

例えば、東大卒のエリートが、

「むずかしい論文は読めるのに、会話ではあいさつすらできない」

というのも珍しくありません。


確かに、「日本人は英語が話せない」これは事実でしょう。

そして、よく言われる批判、

「日本の学校教育では、英文法をきっちり教えるけど、
 英会話ではそこまでの知識は必要ない」

というのもその通りでしょう。



■逆だったら良いのですか?


「英語を読めるのに、英語を話せない」

これはアンバランスな状態で悪いことです。


特に先ほど挙げた東大卒のエリートの例のように、
リーディング力が高いほど、そのギャップが激しいため、
批判の対象となります。

ネイティヴは、

「これだけむずかしい論文が読めるのだから、
 同じぐらい英語が話せるだろう」

と思い込んでしまいますが、実は、あいさつすらできない。

そうなると、「え? 何だこのギャップは!?」とビックリしてしまう。


「読む能力がそれだけあるのなら、
 同じだけ、話す能力も高めるべき」

それはまさにその通りです。


でも、逆だったら、どうなのでしょうか?

「英語を話せるのに、英語が読めない」

例えば、

「ネイティヴとペラペラ会話できるのに、
 簡単な英語ですら読めない」

こんな状態はどうなのでしょうか?

これもダメですよね。


A:「英語を読めるのに、英語を話せない」
B:「英語を話せるのに、英語が読めない」

どちらも、「1つのスキルだけに偏っている」という点ではまったく同じで、
どちらも良い状態ではないのです。



■会話方面に偏り過ぎな人が出始めている


長年、

「日本人は英語を読めるのに話せない!」

という批判を聞かされ続けているため、

「英語は読めるだけじゃダメ。話せないとダメなんだ!」

と、英会話方面に力を入れる方が増えて来ています。


先ほどお話したように、「読むのはいいけど、話すのはダメ」というのは
アンバランスで悪い状態ですから、会話方面に力を入れるのは良いことです。


しかし、多くの英語学習者を見ていますと、
これを極端にやり過ぎていて、逆の悪いバランスになっている人をチラホラ目に
しますし、指導者の中にも、それを良しとしている人がいると感じます。

「ネイティヴと会話できる」
「海外ドラマを字幕なしで楽しめる」




と言うように、世間では「英語ができる人の良い例」として挙げられることを
成し遂げているのですが、逆に、

「でも、英語が読めない」
「でも、英文法がめちゃめちゃ」

という人がけっこう出始めているのです。


極端な例を挙げると、例えば、

「ネイティヴと会話ができるし、海外ドラマも字幕なしで楽しめるけど、
 英語がほとんど読めないし、話せるとは言っても、

 He isn't work there.

 のように、実は文法はめちゃめちゃ」

というような例です。


TOEICではこういった方は、明らかな偏りが見られます。
具体的には、大きくリスニングに偏っていて、リーディングが弱いのです。

例えば、

リスニング 350 リーディング 220 総合 570

のような例です。


リスニング350を持っている人なら、
バランスが良ければ、リーディングは300ぐらいは取れるはずです。

ところが、220止まり。



■「読める」ことも大切


確かに、

「英語は読めるけど、英語は話せない」

これはダメです。

でも、その逆、

「英語は話せるけど、英語は読めない」

これもやはり同様にダメなのです。


先ほどお話させていただいた通り、日本人は英語が苦手な人でも、
簡単な英語なら読めます。

そのため、「読めることは当然」とされてしまっていて、
「読めることの価値」が軽視されています。

そのため、

「読む方面。リーディングとか英文法はもういいんだ!
 とにかく英会話方面、リスニングとかやらなきゃ!」

と、極端に英会話方面に偏っていて、
読む方面を忘れ去っている人が増えて来ているのです。


読めることは当然ではないんです。
学校でやったからこそ読めるんであって、何もしなかったら読めるようになって
いないんです。

そして、今も読む力を鍛えなければ、衰えて行く一方ですし、
ましてや向上などあり得ません。



■英会話にも読む方面の知識は必要


それに、英会話だって、本当の意味で英語がしゃべれるようになろうと思った
ら、読む方面の知識(具体的に言えば、英文法)が必要になるんです。

確かに、簡単な文なら、リスニング力さえあれば、相手の言っていることは理解
できるでしょう。

確かに、間違った文でも、ある程度は相手に通じるでしょう。


でも、長い文、複雑な文を理解しようと思ったら、英文法の知識が必要です。

「全部知っている単語・熟語なのに文全体としては意味がわからない」

それは英文法の知識不足が原因です。


「間違ってたって通じりゃいいや」ではなく、
正しい英語を話そうと思ったら、英文法の知識が必要です。

「自分の英語が間違っていると言われたけど、なぜなのかよくわからない」

それは英文法の知識不足が原因である可能性が高いです。


以上が今回のお話になります。

英文法を学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がオススメです。

締切が明日7日(木)となっておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。