fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


「英文法を覚える」は間違いです

今回は「英文法を覚える」という表現についてのお話。

「英文法を覚える」「英文法が覚えられない」と言ってしまうことはありませ
んか?

仮にそう言ってしまっていて、英文法で苦労しているとしたら、
英文法に対する認識が間違っていることが原因である可能性が高いです。


■一番多い検索ワード?


私は冒頭でお話しさせていただいた、講座

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

のサイトも含めまして、英語学習サイトを複数持っています。


検索エンジンを使って私のサイトに来る方は多いのですが、
どういう言葉(ワード)で調べて、私のサイトに来るかと言うと、

「英文法 覚え方」
「英文法 覚えられない」

こう言ったワードで調べてこられる方はとても多いのです。
もしかしたら、一番多いかもしれません。


私のサイトに来てくださることはとても嬉しいのですが、
こういったワードを使っている方が多いという事実を知ると、ちょっと残念な
気持ちになりますし、ぜひ私のサイト、メルマガ、講座等で、その誤解を解けた
ら良いなと強く思います。


私からすると、そもそも

「英文法を覚える」

という言い方は間違っています。

調べているご本人は真剣に問題を解決したいと思って検索されているかと思い
ますが、私からすると

「机を食べる」
「辞書の組み立て方」

と言っているのと同じように、「英文法を覚える」というのは、

「間違った日本語」

と感じ、大きな違和感を感じます。



■英文法は覚えるものではない!!!


単純に言って、英文法というのは覚えるものではありません。
.        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
英文法というのは理解するものです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ところが、「覚えるもの」と勘違いしてしまっているために、
苦労してしまっている方はとても多い。

実は、昔は私もその1人でした。

昔は私は英語が苦手で、中学時代の通信簿はずっと2(5段階)で、
高校時代には30という偏差値も取りました。


その時代、私は英文法は覚えるものだと思っていたので、
ひたすら、いろいろと暗記していました。

例えば、

1. I met John ------ the vacation.

(A) during
(B) while
(C) when
(D) then


だったら、答えはAです。

Bでも、「休暇の間」と意味が通るため、間違えてしまう人が多い問題です。

Cでも、「休暇の時」
Dでも、「そのときの休暇」

と、意味が通ってしまいそうですよね?

でも、英語としてはAのduringのみが正解で、ほかは間違いです。


当時の私は英文法は覚えるものだと勘違いしていたので、

「"休暇の間"はduring the vacationだと覚えておこう」

「whileとかwhenも使えそうだけど、vacationはduringだけが使えると覚えて
 おこう」

と、ただの暗記で済ませていました。


でもこれは間違った姿勢。
後で悪影響が出ることは必至です。

現に、私は後に悪影響を味わうことになります。


例えば、以下の問題。

2. This is the hospital ------ I was born in.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


最初は私はやはり暗記で、

「場所が先行詞(関係詞の直前にある語)だから、whereだ!」

と選んでしまいます。

しかし、間違いで、答えはAのwhich。

解説には、

「後ろには前置詞inがあるが、後ろに名詞がない。
 なので、不完全な文であり、whichを選ぶ必要がある」

と書いてあります。


しかし、私には「前置詞」の意味もわかりませんし、
「前置詞の後ろに名詞がない」の何が問題なのかもわかりません。



■英文法は理解するもの!!


しかし、

「前置詞は名詞とセットで使うもの」

というのは、先ほどの

1. I met John ------ the vacation.

(A) during
(B) while
(C) when
(D) then

で、問われていた知識なんですよね。


私は「覚えるもの」としか思っていませんでしたから、
理解しようとはしていませんでした。

しかし、上記の問題は、

「前置詞というのは、名詞とセットで使うものですよ。
 従属接続詞とか、副詞というのは名詞とセットで使うものではないですよ。
 それを理解していますか?」

ということを問うている問題なのです。


the vacationというのは名詞です。

一方、選択肢を見ると、

(A) during 前置詞
(B) while  従属接続詞
(C) when  従属接続詞
(D) then  副詞

となっています。


名詞とセットで使うのは前置詞ですから、
前置詞であるduringを選ぶ必要がある。

という問題でした。

決して、「"休暇の間"はduring the vacation」と覚えればいい問題ではない
んですね。


「前置詞と名詞はセットで使うもの」と理解していれば、

2. This is the hospital ------ I was born in.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

と、前置詞inがあるのに、セットの名詞がないのはおかしいと言うことが理解
できます。

そうすると、空欄には名詞を入れてあげる必要がある。

選択肢の中で名詞なのはAのwhichだけ。
だから、Aが答えになる、という仕組みなわけです。


上記のように、英文法というのは仕組みがあって、理解すべきもの。

昔の私の、「"休暇の間"はduring the vacationと覚えておこう」のように、
付け焼き刃の暗記で解くものではないのです。

それでも、

1. I met John ------ the vacation.

(A) during
(B) while
(C) when
(D) then

の問題は解けるかもしれません。

そして、この問題が解けることで、

「よし、力がついたぞ!」

と満足するかもしれません。


でも、それでは理解していない。
理解していないので、後々、そのことが確実に悪影響を及ぼします。

先ほどの

2. This is the hospital ------ I was born in.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

の問題のように。



■英文法を理解しよう!


英文法は覚えようとすると、その場しのぎになり、
その場はよくても、後で悪影響が出ます。

しかし、1つ1つ、きちんと理解して行けば、着実に力がつくものです。

現に私も、英文法を理解するスタイルに変えてからは、どんどん力がつき、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。


英文法を理解する形で学習したい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日28日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。