fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法で学んではいけない分野?





今回は「英文法」のお話になります。

「英文法なんて、学校で習うチマチマした知識で、
 実用英語には必要ない!」

ここまで言ってしまうと間違いで、実用英語でも英文法は必要です。

しかし、英文法の中には、「実用英語には不要」とはっきりと言える分野も
あり、中には「学ぶと逆に悪影響が出る可能性がある分野」もあります。


■実用英語でも英文法は必要!


英文法というと、日本人が英語が苦手である犯人のように扱われることが
あり、中には、

「実用英語には英文法は不要!」

とまで言ってしまう人がいますが、そこまで言ってしまうと間違いです。


英文法なしでは、長い文・複雑な文は読めなくなってしまいますし、
英会話でも間違いを連発してしまいます。

例えば、英文法が苦手な人は、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

を、「男は非難した…」と間違って解釈してしまう人が非常に多いのですが、
これは間違い。

正しくは、

「ウソをついたと非難された男はずっと真実を語っていた」

です。

accusedのように、edがついていると、「〜した」と短絡的に考えてしまう人が
多いのですが、英文法がわかっている人なら、上記のケースでは、

「このaccusedは非難されたという意味」

だとわかっています。


また、英会話で、「このバッグはこの本を入れるには小さ過ぎる」という意味で

This bag is too small to put this book.

と言ってしまう人が多いですが、これは間違い。

正しくは、

This bag is too small to put this book in.

と、最後にinが必要ですし、英文法がわかっている人は、なぜinが必要なのか
もわかっていますから、ミスをする可能性が低いです。

反対に、英文法がわかっていない人だと、なぜinが必要なのかわからないの
で、同じような間違いを連発してしまいます。



■必要と言えば必要だけど、気にすべきでない分野


上記のように、実用英語でも、英文法は必要です。

しかし、英文法のすべてが必要なわけではありません。

中には、

1、必要と言えば必要なのだが、超上級者を除いては気にすべきではない分野
2、不要であり、どのレベルの人でも気にすべきではない分野

もあります。


前者の「必要だけど、気にしない方が」というのは、

・冠詞
・名詞の可算不可算

などです。


例えば、

He is the leader of this team.
「彼はこのチームのリーダーだ」

のtheをつけるべきなのか、それとも、

He is a leader of this team.

とaにすべきなのか?


これも、将来的には必要になる知識です。

しかし、ご存知の方も多いかと思いますが、
冠詞というのは、非常にむずかしい分野。

そもそも、基本ルールが

「特定のものを指しており、聞き手にどれを指しているか明確ならtheを
 つける」

というように、基本ルールがあいまい。
(「明確」とはどう判断するのか?)


それに加えて、膨大な量の例外があります。

例えば、たとえ、相手にどの病院かが明確でなくても、

I'm going to the hospital.
「病院に行きます」

と、hospitalにはtheがつきます。


上記のように、そもそもの基本ルールがあいまいな上に、
例外が大量にあるため、冠詞をマスターしようとしたら、膨大な時間がかかり
ます。

超上級者であれば、冠詞以外のことはほとんどわかっている状態なので、
冠詞に取り組んで良いと思います。

しかし、超上級者以外は、ほかに学ぶべきことがあります。

それだったら、あまりに膨大な時間がかかる冠詞は置いといて、
時間がかからない別の分野を学んだ方がはるかに効率的です。



■そもそも必要ですらない分野


上記の冠詞や名詞の可算不可算などは、一応、必要と言えば必要です。

しかし、中には、必要ですらない分野もあります。

例えば、

無生物主語
名詞構文

などは、必要ですらなく、「学ぶと有害である」とすら言えます。


無生物主語というのは、

His beard makes him look older.

のように、

「日本語では、生物ではないもの(無生物)を主語にして表すことはない
 けど、英語では無生物を主語にして表す文」

のことです。


His beard makes him look older.

を直訳すると、

「彼のヒゲが彼を年上に見せる」

となります。


しかし、日本語ではあまり、「彼のヒゲが彼を年上に見せる」という言い方は
しません。

そのため、自然な日本語に訳すために、

「彼のヒゲのせいで、彼は年上に見える」

というように、「主語を副詞のように訳す技術」があります。

これが無生物主語です。


通訳・翻訳者を目指していたり、大学入試のように、和訳問題が出る試験を
受ける予定がある人なら、こういった技術も必要かもしれません。

なぜなら、通訳・翻訳者、和訳問題では、

「英語がわかっている」ことにプラスして、
「自然な日本語に訳すこと」が求められるからです。


しかし、通訳・翻訳者を目指しているわけでもなく、
和訳問題が出る試験を受けるわけでもない人には、不要どころか、有害な技術
と言えます。


学校では、英語は日本語に訳して読むように習いますが、
英語ができる人は、わざわざ英語を日本語に訳していません。

英語は英語のまま理解しています。

逆に、日本語にこだわっている人だと、なかなか英語が向上しません。

これは、12年以上にわたって、19,700名以上の方に英語指導させていただいた
経験上、自信を持って言えます。


と言うことは、

His beard makes him look older.

という英文があったら、それはそのまま理解すべきなのです。

いきなり「英語のまま理解」はむずかしいかもしれません。
英語のままではわからない場合は、日本語に訳すこともやむをえません。

しかし、それなら、

「彼のヒゲが彼を年上に見せる」

と、直訳に留めるべきです。


確かに、「彼のヒゲが彼を年上に見せる」という日本語は不自然かもしれ
ません。

しかし、目的はあくまで、「英語の意味を理解すること」であり、
「日本語として綺麗か、自然か」ではないのです。


英語の意味が理解できていれば、日本語が綺麗か、自然かはどうでも良いので
す。

「彼のヒゲのせいで、彼は年上に見える」

と無生物主語を使って訳せば、さらにわかりやすいかもしれません。

綺麗で自然な日本語かもしれません。


でも、英語では、

His beard makes him look older.

という言い方をするのです。だったら、それはそのまま受け入れなければ、
いつまでも「英語をそのまま理解する」ということはできません。

従って、日本語に訳すにしても、せいぜい、

「彼のヒゲが彼を年上に見せる」

に留めておくべきなのです。



■英文法は「本当に必要な分野」を


以上が今回のお話になります。

英文法教材と言うと、一般的には分厚いものが多いです。

そこで、「えー、こんなに一杯細かいものを勉強できないよ」と
思ってしまうかもしれません。

しかし、上記のように、「気にすべきでない分野」も含まれているのです。
中には、無生物主語のように、「まったく不要」と言える分野まであります。


そう考えると、必要な分野は、そこまで膨大な量ではありません。

冒頭でお話しさせていただいたように、
英文法は必要な分野であれば、実用英語でも必要です。

実用英語目的でも、必要な分野はしっかりと理解することが大切です。


英文法の「必要な分野」を理解する形で学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日27日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。












英語が読めることは立派なことではないのか?
http://www.new-toeic.net/cat35/post_459.html
今回は、英会話とリーディング関連のお話になります。「日本では、リーディング、そし...

英文法はすべてやる必要はない
http://www.new-toeic.net/cat35/post_460.html
今回は英文法についてのお話です。「英会話に英文法は必要ない」「実用英語に英文法は...

英語を感覚だけで学ぶと壁にぶつかる
http://www.new-toeic.net/cat35/post_461.html
今回は主に初心者向けに、「英語を感覚だけで学ぶと壁にぶつかる」というお話になりま...

「英文法を覚える」は間違いです
http://www.new-toeic.net/cat35/post_462.html
今回は「英文法を覚える」という表現についてのお話。「英文法を覚える」「英文法が覚...

英語リーディングに変なテクニックは不要
http://www.new-toeic.net/cat35/post_463.html
今回はリーディングについてのお話。TOEICのリーディングセクションにも関係ある...

英語「中級者の壁」に当たらないために
http://www.new-toeic.net/cat35/post_464.html
今回は初心者向けに、「中級者の壁に当たらないために」というお話をさせていただきま...

英語学習で壁に当たる理由の1つ
http://www.new-toeic.net/cat35/post_465.html
今回お話しするのは、「英語学習で壁に当たる理由」についてです。そのうちの1つが、...

2013最終号 英語には「読み方」ってものがあるんだ
http://www.new-toeic.net/cat35/2013.html
英語学習法をお話させていただく、本メルマガも、本年のお届けは、今号が最終号になり...

2014年の英語学習 まずは英文法の徹底を!
http://www.new-toeic.net/cat35/2014.html
2014年になりましたね。別のメルマガでもお話させていただきましたが、「1月は1...

英文法が理解できない理由
http://www.new-toeic.net/cat35/post_466.html
前号でもお話させていただいたように、1月は1年で一番英語学習熱が熱い時期!今は、...

英語を日本語に訳した時の最悪の弊害?
http://www.new-toeic.net/cat35/post_467.html
ここ最近お話しさせていただいているように、1月は1年で一番英語学習熱が熱い時期!...

英語学習 自称中級者になっていないか注意
http://www.new-toeic.net/cat35/post_468.html
ここ数回お話させていただいているように、1月は1年を通じて英語熱が最も熱い時期。...

英語中級、TOEIC 500〜750で壁にぶつかる?
http://www.new-toeic.net/cat35/toeic_500750.html
今回は、中級者向けのお話になります。あくまで主観ではありますが、TOEICで言う...

英語リーディングに細かい英文法は不要
http://www.new-toeic.net/cat35/post_469.html
「英文法は英文法で、リーディングはリーディング。 英文法とリーディングは関連性が...

英文法の「有名分野」より地味な基礎が大切
http://www.new-toeic.net/cat35/post_470.html
今回は英文法のお話になります。英文法には、さまざまな分野があります。関係詞(関係...

英文法で学んではいけない分野?
http://www.new-toeic.net/cat35/post_471.html
今回は「英文法」のお話になります。「英文法なんて、学校で習うチマチマした知識で、...

英語中級 TOEIC 500〜750で壁に当たる その2
http://www.new-toeic.net/cat35/_toeic_500750.html
以前、本メルマガで「中級者の壁」のお話をさせていただきました。「初心者レベルから...

英語学習をはじめるのなら、英文法がオススメ
http://www.new-toeic.net/cat35/post_472.html
今回は英語学習をはじめる、あるいは、「今までもやってはいるんだけど、そろそろなん...

英文法ができる人はリスニング力も高い
http://www.new-toeic.net/cat35/post_473.html
今回は英文法とリスニングに関するお話です。英文法とリスニング。まったく関係ないよ...

英文法は問題集では力はつかない?
http://www.new-toeic.net/cat35/post_474.html
今回は英文法の学習法についてのお話です。英文法というと、「問題を解くことが英文法...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る