fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語リーディングに細かい英文法は不要

「英文法は英文法で、リーディングはリーディング。
 英文法とリーディングは関連性がない」

これは間違いです。リーディングには必ず英文法が必要です。

しかし、だからと言って、

「リーディングのために、英文法を事細かく全部やる必要があるか?」

というと、そうではないのです。


■リーディングに英文法は絶対に必要


冒頭でもお話させていただいたように、

「英文法は英文法。リーディングはリーディング。
 英文法とリーディングは関係ないさ」

と勘違いしている方が多いのですが、これは間違い。


私も昔は英語が苦手(通信簿2(5段階)、偏差値30)で、
その時代は、

「英文法は英文法。リーディングはリーディング。

 リーディングができるようになるには、リーディングだけを勉強すれば良い。

 英文法は、英文法問題(TOEICのパート5、6のような)を解くためにやる
 ものだ」

と勘違いしていました。


そこで、

「リーディングができるようになりたい!」

との思いから、ひたすら英文を読む勉強をしました。


しかし、英文法ができていない状態で、リーディングをいくらやっても効果が
なく、私の点数は上がらない。

むしろ、厳密に言えば、ちょっと下がりました。


メルマガではよくお話させていただいておりますが、
英語の基礎は

語彙、英文法、リスニング

の3本柱。


その中でも、語彙と英文法。
この2つは本当の基礎。

この2つができていない状態で、リーディングや英会話等の応用をがんばっても
「ザルに水」になってしまい、意味がないのです。


例えば、リーディング。

知らない単語が一杯出てくる状態で、
いくら英文を読みまくった所で、意味が取れません。

それに、たとえ語彙力があって、出てくる単語・熟語を知っていたとしても、
英文法が出来ていなければ、文全体としての意味がわからなくなってしまい
ます。


「この文、使われている単語・熟語は全部知っているのに、
 (あるいは、知らない単語・熟語は辞書で調べたのに)
 文全体の意味が取れない」

「長い文、複雑な文になると、意味が取れなくなってしまう」

これは典型的な、英文法の力不足の症状です。


英文法が出来ていない状態で、リーディングをやりまくっても、

「単語・熟語は知っているのに意味が取れない」

「長い文、複雑な文の理解に苦労する」

となってしまい、やはり意味がないのです。


逆に、英文法をしっかりと固めれば、リーディング力もついてきます。

現に私も、

「リーディングに(と言うより、英語全体に)英文法が必要だ」

と気づいて、英文法を基礎からやりなおしてからは、
どんどん英語ができるようになり、TOEIC 990(満点)、英検1級まで到達
することができました。



■しかし、事細かにやる必要はない


上記のように、確かに英文法は必要です。

しかし、英文法をすべて細かくやる必要はないのです。


英文法と言うと、先ほどお話したように、

「TOEICのパート5、6のような、"英文法問題"を解くためにやるもの」

と思っている人が多いです。

そして、英文法問題では、細かい知識も問われたりします。


例えば、英文法問題では以下のような点が問われたりします。

1. Mr. Zellner ------ for 30 minutes. You should come down here right
  away.

(A) waited
(B) has waited
(C) has been waiting
(D) had waited


答えはC。

この手の問題は、日本人は非常に苦労します。


Aのwaitedは過去形
Bのhas waitedは現在完了形
Cのhas been waitingは現在完了進行形
Dのhad waitedは過去完了形

これらの時制は、すべて日本人からすると同じ「過去」に見えてしまい、
「どう違うの?」となかなか区別がつきません。

しかし、ネイティヴからすると、これらの4つは別物です。


ちょっと話が脱線しますが、ここでたとえ話を。

日本語では、「カモ」と「アヒル」は別物ですよね。

しかし、英語ではどちらも同じ「duck」です。


アメリカ人からすると、カモだろうが、アヒルだろうが、
同じ「duck」でかまいません。

これが、日本人からすると、

「過去形、現在完了形、現在完了進行形、過去完了形といろいろあるけど、
 同じ"過去"だよね」

と同じ感覚です。


ところが、アメリカ人が日本語で言う時、カモを指して、「アヒルだ!」と
言ったらどうでしょう?

日本人からすると、「いや、あれはカモだよ。アヒルじゃない」となります。

これが、アメリカ人からすると、

「過去形、現在完了形、現在完了進行形、過去完了形。
 全部別物だよ」

と同じ感覚です。


日本人からすれば、同じ「過去」かもしれませんが、
ネイティヴからすると別物なので、ちゃんと使い分けないといけないのです。

ですから、先ほどのような問題が「英文法問題」では出題されるのです。


しかし、先ほどもお話ししたように、日本人からすると、
どれも同じ「過去」でして、多くの人が苦労します。

そのため、

「あー、英文法って細かくて大変だ!」

とイヤになってしまったりする人もいます。


そんな状況ですから、

「リーディングに英文法が必要だ」

と言うと、

「えー!? あの細かいことを全部やるわけ!?
 自分は、英文法問題じゃなくて、リーディングができるようになりたいだけ
 なのに…」

とガッカリしてしまう人もいます。


しかし、リーディングに関しては、英文法はそこまで細かい知識は必要ない
のです。

確かに、リーディングに英文法は必要です。

例えば、英文法がわかっていないと、

The person talked about in the news recently is the new prime minister.

を「人が話した…」と意味を取り違えてしまったりします。
(正しくは、

 「最近、ニュースで話されている(話題となっている)人は、
  新しい首相だ」)


意味を取り違えてしまう、あるいは意味が取れないのであれば問題です。

しかし、意味がちゃんと取れるのであれば、
それ以上の細かい点は不要になります。


先ほどお話したように、過去形、現在完了形、現在完了進行形、過去完了形は
ネイティヴからすると別物ですから、先ほどのような問題は正しく解けないと
いけません。

しかし、リーディングの場合、その英語を読むのは自分自身です。

自分自身が正しく理解できればいいのです。

例えば、

It has rained heavily.

は現在完了形です。


仮にこれが問題であれば、

「なぜここは現在完了形が正しいのか?
 ほかの時制だと間違いなのか?」

などをイチイチ考えなければなりません。


しかし、リーディングでは、

It has rained heavily.

の意味を自分で理解できればいいのです。

たとえ、現在完了形の細かい知識がなくても、
ほとんどの人が、

「雨が激しく降った」

と正しく意味が取れるはずです。


上記のように、リーディングで意味を取るだけなら、
英文法の細かい知識は不要なのです。


そのため、

「リーディングに英文法が必要」

と聞いて、何も身構える必要はありません。


確かにリーディングには英文法が必要ですが、
何も、事細かにすべてを学ぶ必要はないのです。



■リーディングに必要な英文法を学ぶには


冒頭でお話しさせていただいた、リーディング講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

では、もちろん、

「リーディングに必要な部分の英文法」

だけを解説させていただきます。


日本語に訳さずとも、左から右に真っすぐ読めるようになるために必要な、
英語リーディングの「読み方」。

そして、その読み方を理解するために必要な「英文法」。

この2つを学んでいただけます。

締切が明日2月13日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。