fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEICリスニングセクションではリーディング力も必要

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

「パート3とパート4は問題は紙に書かれている。素早く読める?」

についてお話しいたします。


TOEICのリスニングセクションは、名前が「リスニング」なので、
「リスニング力がすべて」と勘違いしやすいのですが、
実は、リーディング力も必要なのです。


「リスニングセクションで、なんでリーディング力が?」

と思うかもしれません。


確かにパート1とパート2に関してはリーディング力は関係ありません。

英文を聞き取り、答えるだけです。
目はほとんど使いません。

唯一目を使うのは、パート1の「写真」だけです。


しかし、パート3とパート4は違います。

リーディング力が必要です。


なぜなら、問題とその選択肢は問題用紙に印刷されているからです。

これらをサッと読んで、サッと答えなければなりません。


リスニング力があるのに、リーディング力が低いと、


聞き取れた!

  ↓

問題と選択肢を読むのに時間がかかる‥

  ↓

考える時間がほとんどない‥

  ↓

どうしても正答率が下がる

  ↓

さらに最悪の場合、次の問題を聞き逃す


という悪循環にはまってしまいます。


「じゃあ、どうすればいいのか?」

答えは簡単です。

「リーディング力をあげること」です。


ただ、リーディング力というのは世間ではどうも誤解されている気がします。


日本の学校のリーディングというと、

1、とにかく日本語に訳す
2、とにかく一杯読んで力をつける

ということになっていますが、
私の経験上、これはあまり効果的ではありません。

特に1の「とにかく日本語に訳す」は逆に悪影響を及ぼす可能性があります。


ご存知のように、日本語と英語では語順がまったく違います。

Jason told me to go to the hospital to see Monica, who had a car accident
last week.

ジェイソンは、先週交通事故にあったモニカのお見舞いに、病院に行くように僕
に言った。


それぞれの単語の位置に注目してみてください。
全然違いますよね?

toldは英語では2語目ですが、日本語では「言った」と最後に来ています。
一方、last weekは最後なのに、「先週」は最初の方です。


順番が同じなのは主語だけだと言っても過言ではありません。

こんなに語順が違うのに、いちいち日本語に訳していたら、
ものすごい時間がかかります。


本来、文書というものは、


─────────────────────────→

のように、まっすぐ右に読むべきものです。


それを、無理矢理、別の言語の語順で読むと、


────────┐
     ┌──┘
     └────────┐
  ┌───────────┘
  └──────────────────────→

こんな感じで、右に行ったり、左に行ったりでものすごい遠回りです。


では、どうすればいいのか? というと、英語の語順で読めばいいだけです。

普通に左から右にまっすぐ読めばいいのです。


しかし、そうは言っても、それができないから苦労するわけですよね?


では、なぜ英語をまっすぐに読めないのでしょうか?

それは、英語の文の構造に関する知識が足りないからです。


「英語はこういう語順で書かれる」というのが分かっていれば、
まっすぐに読めるんです。


その「英語の文の構造に関する知識」、
これこそが、「英文法」なのです。


「英文法」っていうと、TOEICのパート5やパート6を解くためだけに必要な知
識だと誤解されていますが、


英文法が真の威力を発揮するのは、文を理解するときに必要な構造の知識です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「知ってる単語ばっかりなんだけど、この文何言いたいのか分からない。」

ということありません?

これこそ、英文法の知識の欠如が原因なのです。


私の英文法のメール講座、「分かる! 解ける! 英文法!」では、
TOEICパート5や6の対策にはもちろん、

「問題が解ければいい」というものではなく、
「理解すること」、「文の構造に対する知識を身に付ける」ことを目指していま
す。


リーディングセクションはもちろん、リスニングセクションでもばっちり威力を
発揮してくれると思います。
→< http://www.grammar51.com/ >


英単語の覚え方、リスニング力の付け方など、
英語学習法についてさらに詳しくは↓から!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。