fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEIC英文法でスコアアップ

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

前号で、英文法の重要性を解説いたしました。

英文法というのは、英文の構造の知識であり、
「英会話には必要ない」、「試験で問題を解くためのもの」というのは誤解です。


TOEICのパート5やパート6のような文法問題はもちろんですが、
パート7のような読解問題、リスニングセクションにも必要です。


「よし! 英文法が必要なのは分かったぞ! これから学校でやったように、
 英文法またやってみるか!」


ちょっと待ってください!


英文法をやるのはいいですが、
「学校でやったように」は問題です。

そうではない人もいると思いますが、
学校でやった英文法って、「問題を解くこと」を前提としていませんか?


そして、「理解」は二の次で、「問題が解けること」が目標であり、
「暗記」が先行してしまっていませんか?


例えば、

The building over there is the hospital ------ I visted last week.

(A) which
(B) who
(C) where
(D) whose

というような問題。

答えはAなのですが、
学校ではどう習いました?


「先行詞が場所なときはwhereが多いが、
 後ろにvisitがあるときは引っ掛けで、答えはwhichかthat。」


みたいなパターンを暗記させられませんでした?

確かに、それで問題は解けます。
でも、それって本当に理解してはいませんよね?

そもそも、英文の構造の知識が身についていません。


「なんだかよく分からないけど、問題解けるよ。」

という感じですよね?


でも、それじゃダメなんです。

「英文の構造の知識」がまったく身についていないから、

先週紹介した、

In the early morning, on my way to work, I had a long conversation with
Steve, who recently had a baby, Justin, who has very cute eyes, which
look just like his mother's. Then I felt Steve became so calm, unlike
a couple of months ago, when he was heavily stressed. I guess the birth
of his son made him a bigger person in heart.

みたいな英文をいつまで経っても読めるようになりません。


そうじゃないんです。

外側の文は、


          S    V      C
│The building over there │is│the hospital <------ I visited...>│
└────────────┴┬┴─────────────────┘
              SP2

という構造、

そして、関係節の中身は


 S    V   O
│I │visited │   (last week)│
└─┴──┬─┴────────┘
     SP3

で、Oに穴がある構造。


Oになれるのは名詞だけ。
だから、答えは名詞である、whichかwhoに絞られて、
先行詞がhospitalという「もの」だから、正解はAのwhich。


というように「構造」から入って行かないと。


「でもさ、理解しなくても、さっきのパターン暗記で問題は解けるじゃん。」

さっきのパターン暗記っていうのは、
「先行詞が場所なときはwhereが多いが、
 後ろにvisitがあるときは引っ掛けで、答えはwhichかthat。」
ですね。


でも、パターン暗記は、あくまで「理解していなくてもそれなりの可能性で問題
が解ける」だけなんです。

理解していないのだから、ちょっとひねられたら、すぐにやられちゃいます。

例えば、↓の問題。

The building over there is the hospital ------ I visited John last week.

(A) which
(B) who
(C) where
(D) whose

さっきは答えはAでしたが、
今度はCです。

「John」が入っただけでがらっと答えが変わってしまうのです。

「先行詞が場所なときはwhereが多いが、
 後ろにvisitがあるときは引っ掛けで、答えはwhichかthat。」
のパターン暗記はもろくも崩壊です。


そうではなく、

さっきは、


 S    V   O
│I │visited │   (last week)│
└─┴──┬─┴────────┘
     SP3

という構造だったのが、

 S    V   O
│I │visited │John (last week)│
└─┴──┬─┴────────┘
     SP3

という穴のない構造になり、
今度は答えが副詞になる、だから答えはCのwhere。


というように構造から見て行けばすぐに分かることなんです。


このように、構造から英文法を学んで行けば、


          S    V      C
│The building │is│the hospital <------ I visited...>│
└─────────────┴┬┴─────────────────┘
               SP2

 S    V   O
│I │visited │   (last week)│
└─┴──┬─┴────────┘
     SP3

 S    V   O
│I │visited │John (last week)│
└─┴──┬─┴────────┘
     SP3


のように、何も考えなくても、自然と英文がブロックとして、
見えるようになってきます。


英会話で、自分がしゃべるときも、しっかりと頭の中で、
英文が組み立てられるようになっていきます。


問題が解けた、だけじゃなく、構造まで理解して、
初めて、「理解した」と言えるんです。


こういう問題の解き方をして行けば、確実に力がつきますし、
逆に、構造が理解できたのなら、問題を解く必要はありません。


私が英語嫌いを脱出できたのは、
予備校の講師に、この構造の知識を1から、本当の1から懇切丁寧に教えても
らったからです。


構造が見えるようになったことで、
英語が分かるようになり、偏差値は2ヶ月間で53→72に急上昇しました。

そして、この構造の知識は英会話でも非常に貴重な財産となりました。

通訳学校でも多いに活躍し、一番下のクラスから、たったの2年間で、
一気にプロクラスまで上がれました。
(通常は5年とかかかったりします。)

TOEICでも1年で900に、そして現在では満点(990)を達成しました。


私にとって、英語のきっかけのすべては、この「構造を見る能力」にあるのです


「おぉ、なるほど! 英語ができるようになるとこんな風に英文が見えるように
 なるのか! 私もそうなってみたいな。オススメの参考書は何ですか?」

実は、100%オススメの参考書ってないんです。

私は英文法がずーっと苦手でした。
そして、高校2年生の冬から予備校の講師のおかげで比較的短期間で分かるよう
になりました。


でも、その高校2年の冬まで、本当に数多くの英文法の参考書を試しましたが、
私が英文法の知識を身につけた過程を照らし合わせても、
「これだ!」と言えるものがないんです。

高校を卒業してからも、数多くの英文法書を見てきましたが、
市販の英文法書は、

・構造が分かるようになっていない
・暗記一辺倒
・最初の基礎の説明を省いている
・マニアックな知識が多すぎる

などの欠点があります。


2001年の5月から、今までもう6年近くも、英語学習サイトを運営しておりますが、
(現在では個人としては最大級規模を誇ります)
「オススメの英文法書を教えてください。」

という質問は何十回もいただいております。


でも、ある程度オススメっていうのはあっても、
100%っていうのはないんです。

そこで、「ないのなら作ってしまえ」ということで、
構想から2年間かけて、完成したのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

です。


自分が作ったものですから、もちろん100%オススメです。

・構造がしっかり分かるようになる
・問題が解けるようになる
・リスニング、リーディングが上達
・英会話も上達

ただ、「問題が解ければいい」というものではありません。


2ヶ月間に渡って、メールと音声にてしっかりと英文法の1からお教えいたし
ます。

分からなくなっても、制作者である、私に直接メールで質問することができます
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


英文の構造が見えるようになるために、頑張ってみたい方は↓からお申し込みを
受け付けております!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


英語学習法についてさらに詳しくは↓から!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。