fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


あなたの学習法カリキュラム作りのお手伝いをします!

3,200名以上の方が受講いただいている大好評講座、

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習法講座」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

にサポート制度が導入されたことを受けて、

最もよくいただく質問

「自分は何をしたらいいですか?」

に対する回答のお話を、前号からさせていただいております。


自分に最適なカリキュラムを組むには、まずは↓の点を把握する必要があります

1、自分の実力、長所、弱点
2、自分は何を目指すのか
3、それに対して何をすれば有効なのか
4、どう学習するのが効果的なのか

前号はポイント3「それに対して何をすれば有効なのか」についてお話しいたし
ました。


今回は4の「どう学習するのが効果的なのか」のお話をいたします。

「自分の弱点」「自分の目標」「それに対してどの分野をやればいいのか」がわ
かったところで、実際にその分野の学習法を検討することになります。


語彙、リスニング、英文法の基礎3本柱をやることになる方が多いのですが、
「とにかくやればいい」というわけではありません。

実は、私は英語が苦手で、通信簿2、偏差値30〜45と英語が苦手だったのですが
そのころも勉強していなかったわけではないのです。

1日に8時間も勉強していた時期もあります。

しかし、やり方を間違っていたために、英語の成績はまったく伸びませんでした


また、実際に私は、

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習法講座」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

の両講座を通じて、5,500名以上の方を指導させていただいて来ましたが、
その経験からしても、学習法を間違うと、努力が水の泡になってしまうのです。


語彙

・単語をとにかく書きまくって、身体で覚えようとする
・1日5語や10語でいいから、確実に覚えようとする
・昨日覚えた単語もチェックし、忘れていたらまた覚えようとする
・単語帳を買ってきて、すべての単語を単語カードにして覚えようとする


リスニング

・AFNやCNNを流しておいて、大量に聞きまくり
・聞き取れなかったところを確認することなく、とにかく聞きまくり
・国際情勢をわかるようになろうと、国際情勢のニュースを英語で聞く


英文法

・解法パターンを暗記する
・英文をとにかく暗唱する
・構造ではなく、意味で考えて勉強する
・何となく英語のままで意味がわかるのに、綺麗な日本語に訳したくなる


これらの傾向に1つでも当てはまる方は要注意ですよ!

このままでは努力が水の泡になってしまう可能性があります。


語彙、リスニング、英文法の学習法をすべて書いてしまうと、
とても今号だけでは足りず、100号分ぐらいになってしまうので、
今号では本当の根本だけをお話しさせていただきます。


日本の英語教育では、

「とにかくがんばればできるようになる」
「努力が大切」
「根性だ」

のように言われることが多く、実際私の中学校もそうでした。


確かに、がんばることは大切なのですが、
それは正しい学習法を理解した上で、やって初めて効果があるのです。


効果がある学習法には、効果がある理由があります。

効果がない勉強法には、効果がない理由があります。


効果がある学習法も、その効果を意識することで、
さらに効果を増すことができます。


例えば、学校で習う代表的な勉強法とも言える「単語の書きまくり」

目で見ているだけではなく、手も動かし、一杯書いているうちに身体で覚えてし
まおう。

ということなのですが、目的は「意味を覚えること」さらに言えば、

「英文を読んだり聞いたりしている中で、その単語が出てきたときに意味がわか
 るようになること」

です。

また、人間の脳はコンピューターのメモリーとは違います。
物理的に突っ込めば記憶されるわけではありません。

私は大学時代に心理学系の専攻だったのですが、人間がモノを覚えるには刺激が
必要です。

その刺激のカギとなるのが、「イメージ」と「反復」です。


強烈な印象があったもの、例えば、今まで一番感動した映画は、それを見たのが
遠い過去であったとしても、しっかりと覚えているはずです。

一方、昨日の晩ご飯に何を食べたか覚えていないということもよくあるはずです


これは印象の強烈さが違うために、そのイメージの鮮明さが違うわけです。

つまり、英単語を覚えるには、その単語のイメージが湧かないとダメなのです。


でも、電話番号のように、イメージがないものでも覚えることはできますよね?

それは、繰り返し使っているからなのです。

イメージがないものでも、何回も触れることで、脳が「この情報は大事なんだ
な」と認識し、覚えてくれるわけです。


なので、単語を覚えるには、

・イメージをしっかりと持つこと
・何回も繰り返すこと

の2つがカギになるのです。


それなのに、単語をひたすら書きまくるというのは手は一杯動いているものの、
頭はほとんど動いていません。

というより、書く作業に精一杯でイメージを作る余裕がないのです。


また、書きまくりは相当に時間がかかります。

すると、どうしても1日にこなせる単語の数が少なくなってしまいます。
そうすると、正しいやり方でやれば1日50語こなせるところを、1日10語という
ように極端に数が減ってしまうのです。

そうすると、300語をこなすのに、本来は6日でいいところを、
30日もかかってしまいます。


普通のやり方では30日間に最低でも5周はできます。
(実際には2周目以降は覚えてる単語が増えてくるので、もっと早く回せます)

そのため、反復度が落ちてしまい、覚えづらくなってしまうのです。


このように、役立つ学習法、役に立たない勉強法には根拠があります。

その根拠を理解し、その学習法の特質を理解した上で、
その特質を最大限に高めることを意識した上でやる学習。

これが最も効果的な学習法です。

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習法講座」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

では、その効果的な学習法とその根拠をしっかりと学んでいただけます。

あなたに最適な学習カリキュラムを作るのにしっかりとお役に立たせて
いただきます。

そのカリキュラムを組む過程でわからないことがありましたら、
講座の受講生さんは私に直接メールでご相談いただけます。


英文法は↓で、「品詞」という一番の基礎から学べます。

分からない部分があっても、制作者である私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


英語学習法についてさらに詳しくは↓から! こちらも直接メールで質問できます
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。