fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語は魔法のようにはできるようにならない!

前号で、

「英語が苦手な人にはいくつかの共通の傾向があり、
 "この点を注意すれば英語が上達する!"という明確なポイントがある」

というお話をいたしました。


その一例として、「構造」に注目して考えるというお話をいたしました。

日本語訳だけで考えるのではなく、構造にも着目し、

形容詞(delicious)+名詞(an apple)=名詞(an delicious apple)

副詞(incredibly)+形容詞(delicious)=形容詞(incredibly delicious)

副詞(incredibly)+形容詞(delicious)+名詞(an apple)
=名詞(an incredibly delicious an apple)

従属接続詞(that)+文(he would come here)
=名詞(that he would come here)

という合体、変形パターンを見極め、

「何と何が合体したら何になるのか?」
「どこからどこまでが1つのパーツなのか?」

この2つを見抜けるようになること。

これが英文法学習のカギであり、苦手な英語を克服する一番大切なカギなんです


今回も引き続き「この点を注意すれば英語は上達する!」というポイントをお話
いたします。

今回お話しするのは、

「英語は魔法のようにはできるようにならない!」

ということです。


こう言ってしまうと、身もふたもない話なのですが、
心のどこかで、こう思ってしまっている方が意外に多いのです。


英語がなかなか上達しない人の1つの傾向として、

「いろいろな学習法、いろいろな教材に手を出してしまい、
 結局、どれも使いこなすまでには至らず、結局上達しない」

という傾向があります。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

などで、5,500名以上の方に英語学習指導をさせていただいた中で、
何人かこういった方から、ご相談を受けたことがあります。


そして、こういった方のお話を聞いていて、感じるのは

「素晴らしい学習法、素晴らしい教材に巡り会えば、
 英語はできるようになるのではないか」

という願望です。

そのため、ちょっとでも、その学習法、教材の欠点が見えたり、
ほかにちょっとでも良さそうな学習法、教材が見つかると、そちらに切り替えて
しまう。

というパターンの繰り返しなのです。

そして、結局は英語が上達せず、

「なかなかよい学習法、教材が見つからない」

と嘆き、ますます英語が上達しなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうの
です。


私は偏差値30、通信簿2(5段階)という英語がとても苦手な状態から、
半年で偏差値45→72、1年でTOEIC 900を達成できました。

今ではTOEIC 990(満点)、英検1級も持っていますし、
海外ドラマは字幕なしで楽しめますし、日常英会話も問題ありません。

自分で言うのもなんですが、私の上達ペースはかなり速い方だと思います。

しかし、そんな私でも、魔法のように素晴らしい学習法や教材に巡り会って、
あっさり英語ができるようになったわけではありません。


丸暗記で無理矢理詰め込もうとしたり、日本語訳に頼って学習することを止め、

地道に「理解する」スタイルで英文法を「品詞」という一番基礎から築き上げ、
語彙も1冊の単語帳をやりきること。

これを徹底し、そこからリーディングや英会話と言った応用に広げて行った結果
なのです。


上達のペースは速くても、魔法のようなことがあって、簡単にできるようになっ
たわけではないのです。

世の中には、「簡単にできるようになるかも」という希望を持たせるタイトルや
キャッチフレーズの学習法や教材がありますが、実際にはそう簡単にできるよう
にはならないのです。


ただ、逆に言えば、

「正しい方針で」「継続」してやれば、たとえ英語が苦手な人でも、
英語はちゃんとできるようになります。


そして、必ずしも、よい学習法や教材が1つだけしかないわけではありません。

私と同じように英語を教える仕事をしていて、TOEIC 990(満点)を獲得してい
る友人が数人いますが、学習法や教材は皆それぞれ違います。

共通しているのは、「奇をてらっていない正攻法で、継続した」という点ぐらい
で、必ず違う点があります。

必ずしも、「良い学習法、教材」というのは1つではないのです。


それに、ベストの学習法や教材でなくても、そこそこのものであれば、使いこな
せば、ちゃんと英語は上達するんです。

現に、私が苦手を克服する際に使った単語帳は今考えればベストの教材とは言え
ませんでした。

そして、それがベストではなかったと言えるのは、英語ができるようになり、
教材の善し悪しの見分けがつくようになった、今だからわかることであって、
英語が苦手な人にはわからないものなのです。


まずは1つの学習法、教材。
(1冊の単語帳と1つの英文法教材から始まります)

これをやり通すこと、これから始めてみてください。


英語は「正しい方針で」「継続」すれば、ちゃんとできるようになります!

その過程で、著書『偏差値30からの英語やり直し学習法』
→< http://book.30eigo.com/ >

がお役に立てれば幸いです。

アマゾンでは↓からお買い求めいただけます。
→< http://51.thebelltree.com/30eigo_amazon.htm >

アマゾンでの注文の仕方は↓で解説しております。
→< http://book.30eigo.com/amazon.html >


英文法は↓で、「品詞」という一番の基礎から学べます。

分からない部分があっても、制作者である私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


英語学習法についてさらに詳しくは↓から! こちらも直接メールで質問できます
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。