fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語学習法の保守、リベラル

世の中には、「英語ができる人」がいます。
しかし、英語学習に関する考え方は人によって違います。

今号は、その考え方の違いについてお話しいたします。


■伝統的な学習法を好むタイプ


1つ目にお話しするタイプは、

「伝統的な学習法を好むタイプ」

です。

学習法の考え方を政治的な考え方に例えるのは正しくないかもしれませんが、
保守派と言えるタイプかも知れません。


このタイプの方は、学校で習う英語学習と同じ、あるいは似たようなやり方で、
学習する人です。


・単語を地道に覚える

・覚えられないのなら、書きまくったりして努力する

・「覚えておくように」と書かれていることはしっかりと暗記する

・英語をきっちりと綺麗な日本語に訳して考えて行く

・とにかく苦労することが大切だと考えている

・TOEICでは、テクニックに頼りすぎるのは邪道だと考える

・NHKの英語講座など、大衆的な教材を愛用する


保守派の方は、こういった傾向があります。

このタイプの方は、中学・高校時代から英語が得意な方が多いです。



■学校英語とは対局な方法を好むタイプ


この対局にあるタイプと言えるのが、

「学校英語とは対局な方法を好むタイプ」

です。

繰り返しになりますが、政治に例えるのは正しくないのかもしれませんが、
リベラル派と言えるかもしれません。


このタイプの方は、学校英語とはかなり違う方法で学習する人です。


・テクニックを駆使してTOEICでいいスコアを目指す

・英語力そのものの向上より、TOEICのスコアや英検等に価値を見いだす

・加工された特殊な英語などを聞いて、飛躍的な実力アップを目指す

・英文法などは不要だと考え、別の方法で英語力をつけることを目指す

・○○メソッドなど、一般的ではないメソッドを用いるのが好き

・努力にあまり価値を見いださず、徹底的に最短距離で最も効率の良い方法を
 求める

・大衆的な教材は使用しない


リベラル派はこう言った傾向があります。

このタイプの方は、中学・高校時代は英語が苦手で、
その後、方法を変えて成果を出している方が多いです。



■成果が挙がればなんでも良し


2つの対極を挙げさせていただきましたが、

「保守でなければならない」
「リベラルでなければならない」

というつもりはありません。


早い話、成果が挙がるのならなんでも良いと思います。

これは後でお話させていただきますが、
私個人は自分は「中道」と考えています。


ただ、中道でなければならないとは思っておらず、
私の知っている同じ「英語ができる人」でも、

「けっこう保守的な学習法ですね」

という人もいれば、逆に

「リベラルな方法ですね」

と感じる人もいます。


要は、人それぞれ、巡り会う方法が違っただけ、という話です。



■保守派の長所と欠点


ただ、私の経験上、あまりに極端に保守だったり、
逆に、あまりに極端にリベラルだと、あまり成果が出ていない気がします。


というのも、それぞれに長所と欠点があるからです。

大切なのは、それぞれの長所と欠点を把握し、
自分にあった方法や教材を見つけることです。


なので、それぞれの長所と欠点をお話ししておきます。
まずは保守派の特徴です。

長所

・大きな失敗はない
・着実に力がつく
・お金がかからない


欠点

・効率が良いとは言えない
・日本語訳依存症になってしまう
・暗記しても、理解していない、ということになりがち


まとめると、

「学校教育に欠点があるとは言われていても、それが正道である。
 英語はそう簡単なものじゃない。苦労するのは覚悟の上」

というタイプです。



■リベラル派の長所と欠点


今度は逆にリベラル派の長所と欠点です。

長所

・うまくはまれば、TOEICスコアが一気にアップする
・ピッタリの方法に巡り会えば、以前とは見違えるように力がつく可能性がある


欠点

・失敗すると、何も力がつかずに終わる可能性も
・たとえ「TOEICでスコアが取れる」など成果が出ても、
 実力は伴っていないことが多い
・お金がかかることが多い


まとめると、

「学校教育は欠点だらけで役に立たない。英語は正しい方法でやれば苦労せずに
 力がつくものだ。奇抜に見える方法でも、新しい道を模索すべきだ」

というタイプです。



■私は中道


以上が、保守とリベラルの長所と欠点です。

先ほども申し上げたように、どちらが良い悪いの話ではありません。
ただ、私としては「中道」がベストだと思います。


私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったので、
伝統的な学校英語の方法が良いとは思えません。

特に

「日本語訳依存症になってしまう」
「力技で暗記しても、理解はしていない」

という欠点は深刻だと思います。


ただ、逆にリベラルな方法にも欠点があるのを感じます。

「聞いているだけでOK」的な教材を多く見かけますが、
それで力がつくとも思えませんし、
それで力がついたという人にもお会いしたことがありません。


また、

「TOEICのスコアが一気にレベルアップしたけど、
 全然実力を伴っていない」

という方を見ると、寂しくなります。


私自身、1年でTOEIC 900を取り、今ではTOEIC 990(満点)を持ってますが、

「海外ドラマを字幕なしで見れるようになりたいし、
 ネイティヴと会話できるようになりたい」

と純粋に英語力をつけたいことが目標だっただけに、なおさらです。


そう考えると、やはりどちらかに偏りすぎるのはやめ、
どちらかに傾いていることはあったとしても、
真ん中の道を模索する方がいいかと思います。



■保守もリベラルも見逃していること


そして、保守もリベラルにも一番共感できない点は、

「論理的に理解できていない」

という点です。


保守の場合、努力して暗記する。
リベラルの場合、こなしているうちに感覚で。

という違いはありますが、どちらにせよ、

「英文はこういう仕組みになっている」
「この問題で、この選択肢で間違っているのは、こういう理由だから」

というのを軽視している傾向にあるのを感じます。


「なぜこの問題が間違っているのか」を考えないと、
なかなか成長できません。

理由も考えず、

「答えはこっち。ちゃんと覚えておこう」

では、ほとんど同じ問題が出たときにしか対処できず、
真の意味で力がついたとは言えません。


どの学習法があうかは、人それぞれ違いますが、
保守、リベラルそれぞれの欠点、
そして、論理をしっかりと使うこと。

この点はしっかりと押さえておいてください。


もちろん、冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

は、中道で、論理を使った学習法になります。

学習法でお悩みの方にお役に立てれば幸いです。


★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。