fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語初心者の基準は?

今号は、英語力のレベルのお話をしたいと思います。


■そもそも、なかなか明確な基準がない


何ごともそうですが、何かの技能というと、

・まだ知識や技術が不足して、力が乏しい「初心者」
・初心者というにはレベルが高すぎるが、まだ不足が多い「中級者」
・不足している部分もあるが、かなりの高い力を持つ「上級者」

が存在します。


英語でもそうです。

もうちょっと細かくわけることができますし、
「超上級者」のように、設けるべきと思われる別のカテゴリーもありますが、
英語でも、

初心者 中級者 上級者

の3通りが存在します。


しかし、そもそも何を持って、基準とするのかがむずかしいのです。



■努力や時間だけでは測れない


では、努力した量や学習時間や、学習した年数ではかれるかと言うと、
そうではないのです。

最近、英語を始めた人でも、すでに中級者レベルのスキルを持った人もいれば、

残念ながら、もう何年も英語をやっているのに、
いまだに、初心者レベルという方もいらっしゃいます。


もちろん、努力の量や学習時間などに比例して、

上級者に行けば行くほど、がんばった人の割合が多い

という傾向はありますが、それは絶対ではありません。


やり方なども関係して来ますので、
必ずしも、ベテランだからと言って、実力があるとは限りません。



■一応の目安となるTOEIC


では、まったく目安となるものがないかと言うと、
そんなことはありません。

一応、数字として目安となるものが存在します。

それは、TOEICです。


具体的に言うと、初心者と中級者の分かれ目は私としては、
「500点」ぐらいにあると考えています。


もちろん、この点数で劇的に何かが変わるわけではありません。

505点の人の方が、495点よりはるかに優れているかと言うそうではなく、
実際はほとんど差はありません。

ただ、目安にはなる点数かと思います。


ちなみに、中級者と上級者の分かれ目は「750点」あたりかと思います。

さらに言ってしまうと、「900点」が上級者と超上級者の分かれ目かと思います



■TOEICも万能ではない


しかし、TOEICのスコアですべてがわかるかというと、そうではないのです。
というのも、TOEICは必ずしも英語力が100%反映される試験ではないからです。


TOEICで求められる力は2つあります。

当然のことながら、1つ目は「英語力」
そして、もう1つは「テクニック」です。


TOEICというのは、非常に特殊な試験で、
中学・高校の定期試験や、高校・大学入試のつもりでやると、痛い目にあいます

なぜなら、問題数が異常なほど多く、
1問1問丁寧に考えていると、あっという間になくなってしまうからです。


受けたことがある方は実感されていますが、
たとえ「英語力」があって、わかったとしても、
ハイペースでついて行かなければならないため、

問題をただ解くだけじゃなく、素早く解くテクニックが必要なのです。


つまり、英語力が高い人でも、テクニックがなければ、
実力より低いスコアを出してしまうというのは珍しい話ではないのです。

「本当は700点取れるのに、600点止まりだった」

なんてのは、珍しくありません。


さらに、上記のような

「持っている英語力をスコアに反映させる正統派のテクニック」

のほかに、

「傾向分析などから生まれた、英語がよくわかっていなくても解けてしまうこと
 がある、邪道なテクニック」

もあります。


これは私はオススメいたしませんが、
(正統派のテクニックは身に付けることを強くオススメしますが)

これでスコアを伸ばしてしまう人がいるのも事実です。


「TOEIC 900持ってるけど、実は英語ニュースとか全然聞き取れません」
「TOEIC 900持ってるけど、実は英字新聞がサッパリ読めません」

なんて人がいることを聞いたことがある方もいらっしゃると思います。


そう考えると、正統派、邪道の両方を含めると、
必ずしも、TOEICのスコアだけで判断できない部分もあるのです。

例えば、テクニックバリバリの600点より、
初回で何もわからず受けた500点の方が実力があるなんてことは十分にあり得ま
す。



■私独自の基準


万能ではないとは言いましたが、TOEICはある程度の目安になります。

しかし、世の中の英語学習者全員がTOEICを受けているとは限りません。


TOEICを将来受ける予定でもまだ受けていない人だっていますし、
そもそも、TOEICに興味がない人だっています。


そう言った人は、どうやって判断したら良いのか?

というと、残念ながら明確な基準はありません。


ただ、私なりの基準を言うと、

「前置詞と従属接続詞を理解しているかどうか」

ここら辺が大きな分かれ目になると思います。


関係代名詞、比較、不定詞、分詞、動名詞などは、
けっこう理解するのがむずかしいものです。

これを理解していないからと言って、
初心者であるとは思いません。


逆に、I-my-meやgive-gave-givenなどは、
それほどむずかしいものではありません。

これをわかっているからと言って、
中級者であるとは言えません。


しかし、前置詞と従属接続詞は、

初心者にとって「簡単にわかります」と言えるレベルでもなければ、
中級者にとって「んー、むずかしいですね」と言えるレベルでもなく、

ちょうどいい難易度なのです。


・前置詞は、「前置詞+名詞」と名詞と合体して、形容詞か副詞を作る

形容詞の例:The man in a blue suit is Jack.
「青いスーツを着た男がジャックだ」

副詞の例:This gadget is very popular among children.
「この機器は子どもの間でとても人気がある」


・従属接続詞は、「従属接続詞+文」と文と合体して、名詞か副詞を作る

名詞の例:The president announced that he would appoint Hillary Clinton
     as Secretary of State.
「大統領はヒラリー・クリントンを国務長官に任命すると発表した」

副詞の例:I haven't met Jason since we went to the Yankee Stadium
     together two years ago.
「ジェイソンとは2年前ヤンキースタジアムに一緒に行って以来会っていない」


こういった、前置詞と従属接続詞の基本的な仕組みを理解していれば、
中級者以上と言えると思います。

(英語には、語彙やリスニング等、別の力も必要なので、あまりに単語を知らな
 すぎたり、リスニング力が極端に低ければ、↑のことがわかっていても、
 残念ながら、初心者となってしまうこともありますが)


この基準も(  )内の理由により、絶対的なものではないのですが、
1つの大切なポイントとして、基準になると思います。


また、冒頭でご紹介させていただいた講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では、前置詞の号を無料サンプルとして公開させていただいております。

その号が「あー、もうすでに知ってる内容で、簡単だ」と思うかどうかも、
1つの基準となるかと思います。


仮に、↑の基準を満たしていないのであれば、
初心者レベルである可能性が高いですし、

仮に(語彙やリスニング力が優れいてるなどの理由で)初心者でないとしても、
↑の点がわからないのは中級者以上であれば、ちょっと問題ですので、
しっかりと押さえておいてください。


前置詞、従属接続詞は非常に大切で、
関係詞、不定詞、分詞、動名詞、比較等、ほかのむずかしい分野を理解する
には必要不可欠ですから。


無料サンプルは↓からご覧いただけます。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >



★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。