fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


発音は日本人が思っている以上に違う!

今回は、本メルマガとしては珍しく、「発音」についてお話しいたします。


■発音を気にするあまり…


「発音を良くしたいのですが、どうしたらいいですか?」

という方は多いですが、
私の印象からすると、多くの日本人はあまりに発音を気にし過ぎています。


確かに発音は大切です。

「仕事上、英語でコミュニケーションを取らなければならないのだが、
 私の発音が悪いのか、相手に伝わらないことがある」

という経験があるのであれば、
それは発音が支障になっているのですから、
しっかりと対策をとる必要があります。


しかし、そうでもないのに、

「発音が悪いので恥ずかしくて、英語を話せない」
「発音を気にするあまり、英語がスムーズに出てこない」

という方をお見かけします。



■発音トレーニングの目的は「相手に伝えること」


これは非常にもったいない話です。

もちろん、発音が良いにこしたことはありません。


しかし、発音の本来の目的は、

「相手に自分の英語を伝えること」

です。


かっこいいと思われるためでもありません。
恥ずかしい思いをしないためでもありません。
ネイティヴと間違えることが目的ではありません。

それなのに、過度に発音を気にしすぎて、

「語彙、英文法、英会話表現を鍛える等、ほかにやるべきことがあるのに、
 発音を気にしている」

「発音を気にするせいで、発言が消極的になったり、
 しゃべるスピードが遅くなっている」

というのであれば問題です。



■そもそも「正解」の発音なんてない?


そもそも、英語には、「どれを持って正しい発音とするか」
というのもむずかしいのです。

というのも、ほとんど日本でしか使われない日本語と違い、
英語は、

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド…

などなど、いろいろな国で母国語として使われます。


国、さらには地域によって、発音は異なります。

例えば、アメリカ人とイギリス人は違う発音をします。

同じ英語なのに、訛りがキツいと、
ネイティヴ同士でも

「この人、何言ってるのかよくわからない」

ということがあります。


さらに同じ国でも違います。

例えば、同じアメリカでも、ニューヨークとテキサスでは発音が違います。
イギリスでも、イングランドとスコットランドでは違います。

そして、同じ国の中でも、
理解に支障が出ることがあります。


イングランド出身のイギリス人の友人が、

「スコットランドの映画を見たが、25%ぐらいしか理解できなかった」

と言っていたことがあります。


また、英語は国際的な言語なので、
アメリカ人、イギリス人等のネイティヴスピーカーのほかに、
「外国語」として使う人も多くいます。


例えば、カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツネッガーさんは、
出身はオーストリア(オーストラリアではありません)で、
英語が母国語ではありませんが、英語をメインの言語として使います。

国連事務総長の、潘基文さんは、
韓国人ですが、記者会見は英語で行います。


彼らはネイティヴとは違う発音をしますが、
ネイティヴには理解されています。

つまり、発音には、「こうでなければならない」という1つの形はないわけです


なので、英語教材や、英会話スクールのネイティヴの発音と違うからと言って、
そこまで気にする必要はないのです。



■ただし、伝わらないのであれば問題です


このように、発音というのは、
そこまで神経質になる必要があるものではないのです。

ただ、唯一心配しなければならないのは、

「相手に伝わらない場合」

です。


言語の目的は、相手に意図を伝えること。

かっこ悪いと思おうが、
他人と違おうが、伝わればいいわけです。

しかし、伝わらないのなら、それは問題です。


それなら、発音トレーニングが必要になります。

ここですべて書くと、何十号分にもなってしまうので、
非常に手短になりますが、

具体的には、

1、本などでまずは発音の知識を得る
  (後述しますが、想像以上に英語と日本語の発音は違います)

2、音声がある教材で、音声の真似をして音読したり、
  同時に音読する

3、実際にネイティヴにチェックしてもらう

というプロセスです。


3は環境によってはむずかしいですが、
1と2は自宅でできますし、
2までで、かなりの力がつきますので、
発音でお困りの方は、ぜひやってみてください。



■発音は大変です


ほとんどの日本人にとって、
英語と言うのは、ある程度成長してから学ぶ外国語です。

そういった外国語を学ぶにあたり、
大人の脳は1つ大きなハンデを抱えています。


それこそが、「発音」なのです。

発音以外は、
後から学んだ人でも、ネイティヴ同様の力を持った人を多く見かけますが、

発音だけは、なかなかごまかせません。


先述した、シュワルツネッガーさんも、潘基文さんも、
ほかの方々も、発音を聞けば、「あー、ネイティヴではないな」とわかります。
(もちろん、伝わるから問題はないのですが)


それに、日本語と英語の音って、多くの人が思っている以上に違うのです。

read、leadは違う。
think、sinkは違う。

などは、有名ですが、

「日本人にとってわかりづらい発音」

はそれこそ、何十、もしかしたら何百もあります。


例えば、

rose(バラ)、roads(道路の複数形)
toll(料金)、tall(背が高い)
perk(元気付ける)、park(公園)
she(彼女)、sea(海)

が違う音だって知ってました?


このように、

・脳科学面での、大人になってから英語を学ぶハンデ
・大量に存在する「実は違う音」

という点のせいで、発音を極めようと思ったら、
それは本当に大変なことです。



■だから、発音は優先順位が低い


以上のことから、

・語彙、英文法、リスニング、リーディング、英会話表現など、
 ほかに優先すべきことがある

・伝わるのであれば、現時点では気にする必要はない

・鍛える場合は、「伝わる」レベルまでを目指し、過度には気にしない
 (極めるのは非常に困難)

ということが言えます。


早い話、発音をメインで鍛えるのは、

・語彙、英文法などがすでに力がついている上級者
・仕事等で、「伝わらない」という悩みを抱えている人

に限られます。
(もちろん、それ以外の方でも、メインではなく、
 時間があるときなどは、やった方がいいです)


ただ、子ども、特に小学生以下の子どもにとっては、
逆かもしれません。

子ども時代は、発音に対する能力が高いので、
子どものうちに、やっておいた方が良いと思います。


私も、ネイティヴと間違えることはなくても、
「発音のせいで意図が通じない」という経験がないのは、
保育園時代に英会話教室に行っていた経験が役立っているのかもしれません。

(その他のスキルがなかったので、中学時代は通信簿2でしたし、
 発音面でも、トレーニングは必要でしたが)


しかし、大人の場合は、
それよりも、語彙、英文法、英会話表現を鍛えた方が、
「相手に自分の意図を伝える」という英語の本来の目的は達成されます。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。