fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEICリーディングセクション攻略

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

25日の日曜日には、TOEICがありましたね。

読者の方でも、受験されて来た方もいらっしゃると思います。

受験された皆様、お疲れさまでした!
いい結果が出ると良いですね!


今回は、そのTOEICのお話をしたいと思います。


■リーディングセクションが時間内に終わらない…


TOEICはリスニングセクション、リーディングセクションと2つのセクションが
ありますが、今回お話しするのはリーディングセクションのお話です。


私は今までに、8,400名以上の方に英語指導をさせていただいて来ておりますが
その経験上、

リーディングセクションというと、一番の悩みはなんと言っても、

「時間内に終わらないこと」

です。


「考えたいのに放送が次の問題に進んでしまう」リスニングセクションと違い、
リーディングセクションは急かされることがありません。

しかし、逆に言えば、自分でしっかりとペース配分をしていかないと、時間内に
終わらないのです。

現に、時間内に終わらない人の方が多く、私がTOEIC 900を取ったときでさえ、
5問ほど残ってしまいました。(今ではTOEIC 990(満点))

5問ならまだいいですが、20問、30問も残ってしまう方もおり、
TOEICを受けたことがある方なら、1度は

「もう少し時間があれば!」

と苦い思いをしているはずです。



■いつもパート7で時間切れ…


時間内に終わらない方の多くは、

「時間内に終らないのは、読むスピードが遅いからだ」

と考え勝ちです。


どこで時間がなくなるかと言うと、パート7の方がほとんど。

パート5、6は終えて、パート7をやっていた。
そしたら、パート7の途中で時間切れになってしまった!

というパターンが多いのです。


パート7と言えば、リーディングの問題。

「文章を読んで、その内容についての問題に答える」

というものです。


パート7で時間切れになってしまっているので、

「リーディングで読むのが遅い!」

と胆略的に考えてしまう方が多いのですが、
実は、原因はそうとは限らないのです。



■時間内に終わらせるカギはパート5、6


実はいろいろお話を伺っていると、

「実はパート5、6に原因がありますね」

という方を多く見受けます。


当たり前かもしれませんが、リーディングセクションの制限時間75分は、
パート5、6、7で共通です。

つまり、パート5、6で時間を食っていると、その分、パート7にしわ寄せが行
き、パート7の時間がなくなってしまうのです。


よーく考えてみてください。

パート5、6とパート7で使う時間が半々という方。

それはパート5、6に時間をかけ過ぎです。


もちろん、パート7で読むスピードが遅いこともあるかもしれませんが、
それ以前に、パート5、6が原因になっています。

パート5、6はどんなに遅くても、1問30秒。
パート5、6は全部で52問ですから、一番遅くても、26分以内に解かなければな
りません。

本音を言ってしまうと、26分でも遅いぐらいです。
できれば、20分を目指したい所です。


それなのに、パート5、6とパート7が半々になっている、
つまり、37分30秒もかかっていては、あまりに遅すぎなのです。



■パート5、6は解けるなら解ける、解けないなら解けない


パート5、6は基本的に知識の問題です。

大きく分けて、

語彙と英文法の

2つの知識が問われます。


知識ということは、知っていれば解けますし、知っていなければ解けません。

知っていればあっさり解ける反面、
知らなければ、いくらがんばっても解けないという非常な一面もあります。


ここで問題となるのが、多くの人が

「知識不足で解けない問題に多くの時間を割いてムダにしてしまっていること」

なのです。


中学・高校の中間・期末試験、大学入試、英検などは、一部を除けば、
解くための時間がタップリあります。

そのため、すぐに解けない問題でも、じっくりと考えるのが普通です。


しかし、TOEICでは考えていたら、あっという間に時間切れになってしまいま
す。

高得点を取れて、ほぼすべての問題が解ける人ならともかく、
そうでないのなら、絶対に「わからないから捨てる問題」があるのです。


「問題を捨てる」というと抵抗があるかもしれませんが、
問題を捨てないと、結局後で、もっと痛い目にあいます。

解けない問題を捨てられないでいると、時間切れになり、
「時間があれば解けたであろう問題」を捨てることになってしまうのです。


つまり、高得点を取れるような人でなければ、結局は何かを捨てなければならな
いわけです。

どうせ捨てるんだったら、
「解ける問題」より「解けない問題」を捨てた方が賢いですよね。



■特に英文法が狙い目!


パート5、6の中でも、狙い目は英文法の問題です。

同じ知識の問題でも、語彙の問題の方が解くのに時間がかかります。

例えば、↓の問題は語彙の問題ですが、
どの単語が最も適切かを判断するためには、文全体、全体とは言わないまでも、
多くの部分を見ないとわかりません。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) controversial
(B) comprehensive
(C) consistent
(D) conceivable

答え B


一方、↓は英文法の問題です。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答え B


語彙の問題と違い、この場合、見るのは、a ------ solutionだけで十分です。

わかる人なら、「ここは形容詞だ」とすぐにBを選べます。
たとえ、単語を知らなくても、単語の形からBが形容詞だとわかり、解けるので
す。


このように、同じパート5、6の問題でも、英文法の問題の方が速く解けます。

従って、英文法の問題が解けるようになれば、その分、パート7に回せる時間が
増えて、スコアが伸びるというわけです。

もちろん、英文法の知識は、リーディングには必須ですから、
リーディング力アップにも貢献し、パート7にも直接効果があります。


英文法の力をつけるには、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がオススメになります。

品詞という基礎から学んでいただけます。

締切が明日の29日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください
ませ。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。