fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語を感覚的に正しく話す方法





今回は、

「英語を感覚的に正しく話す方法」

というお話をさせていただきます。



■TOEICと英会話を両立するなら英会話

最近、メルマガで、

「TOEICと英会話を両立するなら英会話」

というお話をさせていただきました。


TOEICと英会話はまったくの別物。

TOEICなどの試験では、野球に例えれば、「評論家」の立場なのです。

I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

という英文があります。

Aさんはwhichを入れて言いました。
Bさんはwhereを入れて言いました。
Cさんはwhoseを入れて言いました。
Dさんはwhyを入れて言いました。

さぁ、誰の英語が正しいでしょう?

というように、

「他人の英語を客観的に評価する」

という能力が求められる。


一方、英会話は「選手」の立場。

自分自身で、実際に、

I went to the restaurant which we had lunch at yesterday.

という英文を作れる必要があるのです。


まったくの別物なので、英会話には英会話用の、TOEICなどの試験には、それ用の学習が必要になります。


しかし、両方ともできるようになりたい人も多いです。

その場合、別物なので、両方をやる必要がある。

いわば、「二刀流」が必要になるのですが、どちらをメインにするかとなれば、英会話の方をメインにしておいた方が万能性が高いです。


なぜなら、英会話の方が本物の力が要求されるから。

I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

のような穴埋め問題だと、選択問題であることもあり、

「なーんとなく」といういい加減な感覚だったり、

「この手の問題は、これが答えだ」みたいな、付け焼き刃の暗記でも正解できることがあります。


しかし、英会話となると、暗記や感覚ではなく、正しく理解していないと、

I went to the restaurant which we had lunch at yesterday.

という正しい英文はできません。


このように、英会話の方が本物の力が要求されるのです。

そして、本物の力があれば、TOEICなどの試験でも力を発揮できる。

だから、英会話をメインにしておけば、TOEICにも対応しやすくなり、両立しやすいのです。


ただし、1点だけご注意。

英会話では、

「通じりゃいいでしょ」

というように、正しいかどうかを気にせず、適当に済ませてしまう人も多いです。

この方法だと、正しい英語が要求される、TOEICなどの試験では役に立ちません。

I went to the restaurant where we had lunch at yesterday.

と言っても、確かに通じると言えば通じますが、TOEICではそれは通用しません。

I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

で、Bを選んだら間違い。点数はもらえないのです。


それに、英会話だって、ネイティヴは「ん? 変な英語だな。意味はわかるけど‥」と違和感を持ちます。


いくら

「英会話をメインにすれば、TOEICなどでも力を発揮しやすい」

とは言え、

「正しいかどうかは知らん。通じりゃいいでしょ」

という姿勢では、それは不可能です。

二刀流じゃなく、それでは、一刀流ですね。

いや、英会話だってまともにはこなせていませんから、「0.5刀流」です。



■正確性の鍛え方

上記のように、

「TOEICなどの試験と英会話の両立」にはもちろんのこと、英会話のことだけを考えても、

「通じりゃいいでしょ」

はダメなのです。


ただ、こうすると、

「そりゃ、正しい英語の方がいいだろうけど、正確性を気にしていたら、英会話本番では考え込んでしまって話せない。

それよりも、間違っていようが話す方が良いのではないか?」

とおっしゃる方もいらっしゃいます。

それはその通りです。

「英会話本番」では。


英会話本番は、目の前に話し相手がいるのですから、いつまでも考え込んでいるわけにはいきません。

「えーと、こう言えばいいのかな? 正しいのか? わからないけど、えーい、いいや! こう言ってしまえ!」

というように、正しいかわからなくても、感覚的に、見切り発車しなければならないことがよくあります。

それは仕方がないことです。


「英会話本番」では、これで仕方がないのです。

しかし、「普段の英語学習」となると、話はまったく違います。

自分自身の時間の普段の英語学習で、英文を作る練習をしているときは、話し相手はいません。

そのため、誰も待たせていないのですから、見切り発車する必要はまったくないのです。

正しいかどうかをじっくり検討することができますし、場合によっては、その英文を実際に書いて検討することもできます。

必要によっては、辞書や教材で調べることもできます。


「本番じゃ考えているヒマはない」

確かにそれはその通りです。

本番では、正確性を気にすることはできません。本番では正確性を鍛えることはできません。

でも、普段の英語学習は別です。

正確性を気にすることもできますし、鍛えることもできます。


むしろ、普段の英語学習では、正確性を気にすべきですし、正確性を鍛えるべきです。

だって、先ほどお話ししたように、本番では、正確性を鍛えられないんですよ。

普段の英語学習でも正確性を鍛えなかったら、正確性を鍛える場面はゼロになってしまいます。


それでは、いつまでも見切り発車のその場しのぎを続けているだけで、英会話は上達しません。

ましてや、正確性が要求されるTOEICなどの試験で力も発揮できません。



■そのうち感覚になる

それでもまだ、

「確かに、普段の英語学習でしか正確性が鍛えられないのはわかったけど、結局、本番では感覚でやらなきゃいけない。

普段の英語学習で、いろいろ考えてやっていても、結局本番ではできるようにならないのでは?」

と思う方もいらっしゃると思います。


しかし、これができるようになるのです。

例えば、最初のうちは、

I bought the book which you were talking about.

を、

「えーと、the bookでものが先行詞だからwhichで、whichは主語じゃないから、あとの文は穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)がくる。

youが主語(S)で、were talking aboutが動詞(V)で、目的語(O)がないけど、これがwhichだったんだ」

みたいに考えないとできません。


最初のうちは、英会話本番ではこれはできないでしょう。

しかし、普段の英語学習でこうやって考えて正しい英文を作ることを続けていれば、徐々に無意識にできるようになり、最終的には、意識せずとも感覚でできるようになるのです。


これは、車の運転やピアノの演奏と同じ。

最初は「えーと、右折の時は、これでウインカーをつけて‥」といろいろ考えないとできませんし、

ピアノも、

「えーと、これはドだから、ドの鍵盤は‥」

と考えないとできません。


しかし、慣れてくれば、まったく意識することなく、感覚で車の運転も、ピアノの演奏もできるようになります。

英語もそれと同じ。

最初のうちは考えないと正しい英文ができませんが、慣れてくれば、無意識にできるようになってくるのです。

それも、普段の英語学習で正しい英文を作る練習を繰り返してこそ。


英会話のためにも、TOEICなどの試験でも力をはっきできるようになるためにも、

普段の英語学習で、

・正しい英語の知識を身につける(英文法)
・英文法の知識をどう使えば英文を作れるかを学ぶ
・実際に英文を作る練習をする

これをしっかりとやっていきましょう。


これを目指すために、英会話に必要な英文法を学び、そして、「どう使えば良いか」まで知り、実際に英文を作る練習をしたい方は、

「英会話のための英文法 G4C」

がお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習の役に立てれば幸いです。













本当は英語初心者なのに自称中級者はTOEIC 400点台に多い
https://www.new-toeic.net/archives/2018/05/toeic_400_2.html
今号は 「本当は英語初心者なのに自称中級者はTOEIC 400点台に多い」 というお話をさせていただきます。 ■初心者の方が中級者より早く上級者になる 先日、無料メルマガで、 「英語の苦手意識があるの...

英会話とTOEICの両立と違い、どっちを優先する?
https://www.new-toeic.net/archives/2018/06/toeic.html
今号は 「英会話とTOEICの両立と違い、どっちを優先する?」 というお話をさせていただきます。 ■英会話優先の場合の注意点 先日、無料メルマガで、同じお話をさせていただき、その中で、 「英会話を優先...

英語学習の役に立たない情報・勉強法 無生物主語の訳し方
https://www.new-toeic.net/archives/2018/06/post.html
今号は 「英語学習の役に立たない情報・勉強法 無生物主語の訳し方」 というお話をさせていただきます。 ■スラッシュリーディングも役立たない 先日、無料メルマガで、 「スラッシュリーディングは有名だが、...

TOEICで200点アップする、上げる人の特徴
https://www.new-toeic.net/archives/2018/06/toeic200.html
今回は 「TOEICで200点アップする、上げる人の特徴」 というお話をさせていただきます。 一昨日、英検の1次試験の合格発表がありました。 受講生様から、合格のご報告をいただき、中には準1級合格の方...

英語を話せるの基準により英文法が必要か不要かが変わる
https://www.new-toeic.net/archives/2018/06/post_1.html
今回は 「英語を話せるの基準により英文法が必要か不要かが変わる」 というお話をさせていただきます。 ■人によって「英語を話せる」の基準が違う 先日、 「英会話に英文法は必要か? という議論は、人によっ...

英語中級者から上級者。中級と上級の違い。伸び悩みの中級者
https://www.new-toeic.net/archives/2018/07/post_2.html
今回は 「英語中級者から上級者。中級と上級の違い。伸び悩みの中級者」 というお話をさせていただきます。 ■上級者は「感覚」と「論理的理解」の両方を兼ね備えている 先日、メルマガで、 「英語の上級者は"...

TOEIC 200点アップする人の特徴、勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2018/07/toeic_200.html
今回は、 「TOEIC 200点アップする人の特徴、勉強法」 というお話をさせていただきます。 ■英語が着実にできるようになる方法 先日、メルマガで、 「英検準1級の方を複数含む、英検1次試験合格の方...

英語上達した人は全員努力の成果
https://www.new-toeic.net/archives/2018/07/post_3.html
今回は、 「英語上達した人は全員努力の成果」 についてのお話しいたします。 ちょっと厳しいお話もありますが、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいてきて、 「非常に重要な心構え」 ですの...

忙しい人でもできる英語学習、勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2018/07/post_4.html
今回は 「忙しい人でもできる英語学習、勉強法」 というお話をさせていただきます。 ■1日に4時間、8時間もやらなくていい 先日、メルマガで、 「英語が上達する日は、1日に4時間でも、8時間でも英語学習...

TOEICパート5、6で問題集をやっても意味がない
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/toeic_1.html
今回は、 「TOEICパート5、6で問題集をやっても意味がない」 というお話しをさせていただきます。 ■文法問題を意味で考えてはいけません 先日、メルマガで、 「文法問題は意味で考えてはいけません。た...

英語学習のやる気が出たら英文法がおすすめ勉強法!
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/post_5.html
今回は 「英語学習のやる気が出たら英文法がおすすめ勉強法!」 というお話をさせていただきます。 ■英語学習やるなら英文法がオススメ 英語学習はやる気になったときが一番始め時。 そして、英語学習をするな...

英語勉強オススメは楽しい・面白い英文法!
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/post_6.html
今回は、シンプルに、 「英語勉強オススメは楽しい・面白い英文法!」 というお話をさせていただきます。 ■いつも英文法がおすすめ 先日メルマガで、 「いっつも英語学習には英文法がおすすめです。 英文法次...

TOEICパート7が終わらない、時間足りないなら
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/toeic_2.html
今回は、 「TOEICパート7が終わらない、時間足りないなら」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICが時間内に終わらないなら 先日、メルマガで、 「TOEICは時間内に終わらない人の方が圧倒...

使わない、使わない英語文法事項
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/post_7.html
今回は、英文法に関して、 「使わない、使わない英語文法事項」 というお話をさせていただきます。 ■それは英文法ではありません! 先日、メルマガで、 「英文法を誤解して、英文法ではないものまで英文法と勘...

TOEICと英会話を両方とも両立する方法
https://www.new-toeic.net/archives/2018/09/toeic_3.html
今回は、 「TOEICと英会話を両方とも両立する方法」 というお話をさせていただきます。 ■英会話は主動、TOEICは客観判断 先日、メルマガで、 「英会話とTOEICは別物。 英会話は"どういう英語...

リスニングとリーディングの差、相関。リスニングは量、リーディングは質
https://www.new-toeic.net/archives/2018/09/post_8.html
今回は、リスニングとリーディングに関するお話。具体的には、リスニングとリーディングの違いについて、 「リスニングとリーディングの差、相関。リスニングは量、リーディングは質」 というお話をさせていただき...

TOEIC Part5の語彙問題対策? 原因は英文法かもしれませんよ
https://www.new-toeic.net/archives/2018/09/toeic_part5.html
今回は、 「TOEIC Part5の語彙問題対策? 原因は英文法かもしれませんよ」 というお話をさせていただきます。 ■英文法問題の解き方を間違えていませんか? 先日、無料メルマガで、 「英文法問題の...

英語を感覚的に正しく話す方法
https://www.new-toeic.net/archives/2018/09/post_9.html
今回は、 「英語を感覚的に正しく話す方法」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICと英会話を両立するなら英会話 最近、メルマガで、 「TOEICと英会話を両立するなら英会話」 というお話をさせ...

英語の構文の覚え方? その発想が危険です
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_10.html
今回は、 「英語の構文の覚え方? その発想が危険です」 というお話をさせていただきます。 ■わからないところは放置しては読めるようになりません 先日、メルマガで、 「感覚で読んで間違えていませんか? ...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る