fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の構文の覚え方? その発想が危険です





今回は、

「英語の構文の覚え方? その発想が危険です」

というお話をさせていただきます。







■わからないところは放置しては読めるようになりません

先日、メルマガで、

「感覚で読んで間違えていませんか?

感覚で読めないのなら、理解していない証拠です。

それなら、そのまま放置しないで、付け焼き刃の暗記で済まさないで、ちゃんと理解して解決しましょう。

そうじゃないと、いつまでも正しく読めませんよ」

というお話をさせていただきました。

(以下のお話は、「理解する大切さ」をお話ししているものでして、「以下の解説だけで理解してください」というものではございません)

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

という英文だったら、

what     何を、
my students 私の生徒たち
thought 思った
was でしょうか?

というように適当に感覚で読む人が多い。

上記の文は、むずかしい単語・熟語は使われてませんが、正しく読めない人が多いのです。

正しくは、

「私の生徒たちが簡単な問題だと思っていたものは、実はけっこうむずかしい問題だった」

という意味なのですが、正しく読めない人が多い。


特に多くの人がひっかかるのが、thought wasです。

「え? わからない。動詞が2つ並んでるって?」

とわからない人も多いし、中には、

「受動態は"be動詞+一般動詞"なのに。was thoughtの誤植だな」

と、勝手に誤植だと思い込む人もいます。


そうじゃなくて、これは以下のような仕組みなのです。

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

の主語は、What my students thought was an easy questionであり、

これはもともとは、

My students thought that what was an easy question.

という形で、whatは、that節の中身の文、

What was an easy question

の主語だったんです。


でも、whatは疑問詞だから前に出さないといけない。そして、that節の中身を前に出したら、thatは消去しないといけない。

だから、

What my students thought was an easy question

という形になる。

thought wasという動詞2つがくっついてるのは、もともとはwhatというwasの主語が入っていたからなんです。


こうやって仕組みを理解すれば、

What my students said was an easy question was actually a quite difficult one.

What my students thought would be an easy question was actually a quite difficult one.

みたいな、似たような形にも対処できます。

これは、なんとなくの感覚や付け焼き刃の暗記ではできないこと。


こう書くと、「えー? そんな考えるのめんどくさい」という人もいますが、考えなければ読めないのですよね?

だったら、選択肢は以下の2つだけ。

1、大変だけど、考えて読めるようになる
2、大変だから考えないで貫き通して、結局読めない

これだったら1の選択肢の方がはるかにいいですよね?

それに、車の運転で最初は「ウインカー出して‥」とか考えなければいけなかったのが、慣れてくると無意識にできるようになるのと同じで、英語も、最初は考えなければいけなくても、慣れてくれば、無意識にできるようになってきますよ。


ですから、わからないことがあるのなら放置しないで、仕組みを理解すること!

そうすれば、読めないことが減ってきて、最終的には、感覚的に読めるようになってきます。







■「構文」は先生が手を抜くための言葉?

上記で、

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

では、「むずかしい単語・熟語は使われていない」とお話しいたしました。

そして、これは「暗記では対処できないこと」ともお話しさせていただきました。


これについて、中には、

「それってthought was構文じゃないの? thought was構文を覚えればいいんじゃないの?」

「むずかしい単語・熟語が使われていないって言ったけど、そういうむずかしい構文が使われているじゃないか」

という人もいます。

また、上記についてはそうは思わなくても、

「構文」という言葉をよく使う人もいます。


しかし、今までに年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいた経験上、この「構文」という言葉は、取り扱いに注意が必要な言葉です。


というのも、便利であり、安易な逃げ道に使われかねないからです。

確かに、thought was構文っていう人もいるでしょう。指導者でも、そういう人もいるかもしれません。


しかし、先ほどお話しさせていただいたように、

「What my students thought was an easy questionは、もともとは、

My students thought that what was an easy question.であり、

そこから、whatが前に出た形である」

という仕組みがあるのです。

この仕組みを理解した上で、「構文」というのなら、まだいいです。

しかし、指導者側の話をすると、仕組みを説明しないで、

「これはthought was構文です。覚えてくださいね」

というのは、はっきり言って、私から言わせれば、指導者の「怠慢」です。

構文って、「覚えておいてくださいね」と言うだけだから、指導者としてはすごい楽なんですよ。


でも、それじゃなんの解決にもならないことが多いんです。

例えば、「thought was構文」って覚えたって、ほかにも同じ仕組みの形だけど、「thought was」の形をしていないものっていっぱいあるんですよ。

What my students said was an easy question was actually a quite difficult one.

What my students thought would be an easy question was actually a quite difficult one.

だってそうだし、

I bought a book my teacher said would help me.

The player I think will be the best player is Shohei Ohtani.

だってそう。

全部同じ仕組みの文なんです。

仕組みを理解すれば、上記の文も含めて「同じ仕組みで作られている文」は全部対応できるんです。


ところが、「thought was構文です」で逃げていたら、いつまで経っても、こういう応用ができない。

酷い場合、

「said was構文です」「thought would be構文です」

とか、どんどん、「構文」を増やしてしまう。

こんなことをしていたら、指導者は楽かもしれませんが、教わる方は、

「どれだけ覚えなければいけないことがあるんだ!? 英語って大変すぎる!」

と嫌になってしまいます。

現に、私が英語を嫌いになったのも、この

「理由もわからず、どんどん覚えることが増えていく」

というのが原因の1つです。


中には、「it is to」とか「挟むso that」とか、どうしたって「構文」と呼ばざるをえないものもあります。

しかし、それはせいぜい10個ぐらい。


「構文」の乱用は、教える方は楽ですし、学ぶ方も、楽だと錯覚してしまいそうですが、

実は、逆効果なのです。







■理解しなければ、何も応用できない

上記のように、暗記で逃げていたのでは、問題は解決しません。

これには「構文暗記」も含まれます。

暗記では上記のように、同じ仕組みの英文にも対応できないし、英文法問題などにも応用できません。

先ほどの

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

で、「thought was構文だ」で、いっときしのぎできるかもしれませんが、

理解していないから、

The equipment the professor ------ efficient is working perfectly.

(A) was believed
(B) would be believed
(C) believed it would
(D) believed would be

のような、「同じ仕組みの英文法問題」が解けない。


理解していれば、リーディングにも応用できるし、英文法問題にも応用できます。

TOEICで言えば、パート5にも使えるし、パート6にも使えるし、パート7にも使える。


やはり、

「わからないことがあったら、放置せずに、仕組みを理解する」

これが英語学習においては非常に大切なのです。


こういったわからない部分を理解するために必要な英文法の知識を身につけて、こういったむずかしい英文の読み方を身につけたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がお役に立てれば幸いです。

こちらの講座ですが、受講された3人に2人が「ぜひほかの講座も」と、かの講座もご利用されているほど人気の講座になります。

(誤解のないように申し上げておくと、「英語真っすぐリーディング講座」は単独講座であり、ほかの講座とセットになっているわけではありません。現に、3人に1人の方は「英語真っすぐリーディング講座」のみのご受講です)


※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)の方には、↓がオススメ。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。













本当は英語初心者なのに自称中級者はTOEIC 400点台に多い
https://www.new-toeic.net/archives/2018/05/toeic_400_2.html
今号は 「本当は英語初心者なのに自称中級者はTOEIC 400点台に多い」 というお話をさせていただきます。 ■初心者の方が中級者より早く上級者になる 先日、無料メルマガで、 「英語の苦手意識があるの...

英会話とTOEICの両立と違い、どっちを優先する?
https://www.new-toeic.net/archives/2018/06/toeic.html
今号は 「英会話とTOEICの両立と違い、どっちを優先する?」 というお話をさせていただきます。 ■英会話優先の場合の注意点 先日、無料メルマガで、同じお話をさせていただき、その中で、 「英会話を優先...

英語学習の役に立たない情報・勉強法 無生物主語の訳し方
https://www.new-toeic.net/archives/2018/06/post.html
今号は 「英語学習の役に立たない情報・勉強法 無生物主語の訳し方」 というお話をさせていただきます。 ■スラッシュリーディングも役立たない 先日、無料メルマガで、 「スラッシュリーディングは有名だが、...

TOEICで200点アップする、上げる人の特徴
https://www.new-toeic.net/archives/2018/06/toeic200.html
今回は 「TOEICで200点アップする、上げる人の特徴」 というお話をさせていただきます。 一昨日、英検の1次試験の合格発表がありました。 受講生様から、合格のご報告をいただき、中には準1級合格の方...

英語を話せるの基準により英文法が必要か不要かが変わる
https://www.new-toeic.net/archives/2018/06/post_1.html
今回は 「英語を話せるの基準により英文法が必要か不要かが変わる」 というお話をさせていただきます。 ■人によって「英語を話せる」の基準が違う 先日、 「英会話に英文法は必要か? という議論は、人によっ...

英語中級者から上級者。中級と上級の違い。伸び悩みの中級者
https://www.new-toeic.net/archives/2018/07/post_2.html
今回は 「英語中級者から上級者。中級と上級の違い。伸び悩みの中級者」 というお話をさせていただきます。 ■上級者は「感覚」と「論理的理解」の両方を兼ね備えている 先日、メルマガで、 「英語の上級者は"...

TOEIC 200点アップする人の特徴、勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2018/07/toeic_200.html
今回は、 「TOEIC 200点アップする人の特徴、勉強法」 というお話をさせていただきます。 ■英語が着実にできるようになる方法 先日、メルマガで、 「英検準1級の方を複数含む、英検1次試験合格の方...

英語上達した人は全員努力の成果
https://www.new-toeic.net/archives/2018/07/post_3.html
今回は、 「英語上達した人は全員努力の成果」 についてのお話しいたします。 ちょっと厳しいお話もありますが、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいてきて、 「非常に重要な心構え」 ですの...

忙しい人でもできる英語学習、勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2018/07/post_4.html
今回は 「忙しい人でもできる英語学習、勉強法」 というお話をさせていただきます。 ■1日に4時間、8時間もやらなくていい 先日、メルマガで、 「英語が上達する日は、1日に4時間でも、8時間でも英語学習...

TOEICパート5、6で問題集をやっても意味がない
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/toeic_1.html
今回は、 「TOEICパート5、6で問題集をやっても意味がない」 というお話しをさせていただきます。 ■文法問題を意味で考えてはいけません 先日、メルマガで、 「文法問題は意味で考えてはいけません。た...

英語学習のやる気が出たら英文法がおすすめ勉強法!
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/post_5.html
今回は 「英語学習のやる気が出たら英文法がおすすめ勉強法!」 というお話をさせていただきます。 ■英語学習やるなら英文法がオススメ 英語学習はやる気になったときが一番始め時。 そして、英語学習をするな...

英語勉強オススメは楽しい・面白い英文法!
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/post_6.html
今回は、シンプルに、 「英語勉強オススメは楽しい・面白い英文法!」 というお話をさせていただきます。 ■いつも英文法がおすすめ 先日メルマガで、 「いっつも英語学習には英文法がおすすめです。 英文法次...

TOEICパート7が終わらない、時間足りないなら
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/toeic_2.html
今回は、 「TOEICパート7が終わらない、時間足りないなら」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICが時間内に終わらないなら 先日、メルマガで、 「TOEICは時間内に終わらない人の方が圧倒...

使わない、使わない英語文法事項
https://www.new-toeic.net/archives/2018/08/post_7.html
今回は、英文法に関して、 「使わない、使わない英語文法事項」 というお話をさせていただきます。 ■それは英文法ではありません! 先日、メルマガで、 「英文法を誤解して、英文法ではないものまで英文法と勘...

TOEICと英会話を両方とも両立する方法
https://www.new-toeic.net/archives/2018/09/toeic_3.html
今回は、 「TOEICと英会話を両方とも両立する方法」 というお話をさせていただきます。 ■英会話は主動、TOEICは客観判断 先日、メルマガで、 「英会話とTOEICは別物。 英会話は"どういう英語...

リスニングとリーディングの差、相関。リスニングは量、リーディングは質
https://www.new-toeic.net/archives/2018/09/post_8.html
今回は、リスニングとリーディングに関するお話。具体的には、リスニングとリーディングの違いについて、 「リスニングとリーディングの差、相関。リスニングは量、リーディングは質」 というお話をさせていただき...

TOEIC Part5の語彙問題対策? 原因は英文法かもしれませんよ
https://www.new-toeic.net/archives/2018/09/toeic_part5.html
今回は、 「TOEIC Part5の語彙問題対策? 原因は英文法かもしれませんよ」 というお話をさせていただきます。 ■英文法問題の解き方を間違えていませんか? 先日、無料メルマガで、 「英文法問題の...

英語を感覚的に正しく話す方法
https://www.new-toeic.net/archives/2018/09/post_9.html
今回は、 「英語を感覚的に正しく話す方法」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICと英会話を両立するなら英会話 最近、メルマガで、 「TOEICと英会話を両立するなら英会話」 というお話をさせ...

英語の構文の覚え方? その発想が危険です
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_10.html
今回は、 「英語の構文の覚え方? その発想が危険です」 というお話をさせていただきます。 ■わからないところは放置しては読めるようになりません 先日、メルマガで、 「感覚で読んで間違えていませんか? ...

TOEICでリーディングセクションが苦手で伸びない方へ
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/toeic_4.html
今回は、 「TOEICでリーディングセクションが苦手で伸びない方へ」 というお話をさせていただきます。 ■TOEIC対策は英文法で一石三鳥、3倍の効果 先日メルマガで、 「TOEIC対策には英文法がお...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る