fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEICと英検の比較 TOEICだと級を選ぶ必要がない

3、級を選ばなくて済む

TOEICは全員が同じ試験を受けます。

超初心者でも、超上級者でも同じ問題を、同じ部屋で、同じ制限時間で受けるの
です。

一方、英検は自分が受ける級を選ばなければなりません。

英検には1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級と7つの級があり、
級によって問題も違いますし、制限時間も違います。

自分のレベルにあった級を選ばないと、
受ける意味が薄れてしまいます。

Aさんという、2級レベルの実力がある人が英検を受けるとします。

2級を受ければ問題ないのですが、
準1級を受けた場合は、不合格になり、受験が無意味になってしまいます。

逆に準2級を受けた場合は楽勝してしまい、
「もっと難しい級でも受かったんじゃないの?」
という後悔が残ってしまいます。


英検では準1級と2級のように隣り合った級であれば、
同じ日に2つの級を受験することができます。

ただ、それでも級を選ばなければならないことに変わりありませんし、
2つ受けた場合は時間も受験料も2倍かかることになります。

どんなレベルだろうと同じ試験を受けるTOEICのほうが優れています。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。