fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


新年度の英語学習は英文法がオススメ!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

4月になり、新年度、2014年度に突入いたしました。

新年度になり、「今年度こそ(今年度も)英語学習!」と意欲を高める方が
多い時期です。

そんな方向けに「新年度の英語学習」についてお話いたします。


■2つの理由で英文法がオススメ


「英語学習を始める」「英語学習のてこ入れ」

これには、英文法がオススメです。


理由は以下の2つ。

1、英文法ができるようになると、英語学習全体にはずみがつく
2、英文法には「そうだったのか!」という謎解きのような面白さがある


私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。
理由は、英文法がわかっていなかったこと。

しかし、その後、きっかけをつかんでからは、
TOEIC 990(満点)、英検1級まで到達できました。

その「きっかけ」も同じく英文法。

英文法を基礎から、暗記や感覚ではなく、理解する形でやり直したことが
きっかけでした。



■英文法が英語学習全体に好影響を


ではまず1つ目の、

「英文法ができるようになると、英語学習全体にはずみがつく」

からお話いたします。


英語学習には、いろいろな分野があります。

英文法もそのうちの1つですが、
ほかにも、語彙、リスニングなどなど、英語に必要なのは英文法だけではなく、
いろいろあります。


なので、極端な話をしてしまうと、英文法だけやっていても英語ができるように
なるわけではなく、語彙やリスニング等も必要になるわけですが、

英文法をやると、語彙やリスニング等ほかの分野にも好影響を及ぼすのです。


特にリスニング、リーディングへの影響は顕著です。

リスニングをしていると、「聞き取れないな」と感じることがよくあります。

そこで、スクリプト(音声を文字にしたもの)で、
「何と言っていたか」を確認します。

すると、

「え? 知っている単語・熟語ばかりだし、
 読めば簡単にわかるじゃないか」

というケースもよくあります。

しかし、一方で、

「知らない単語、熟語が多いな」

「使われている単語、熟語は知っているけど、
 文全体の意味が取れないな」

「知らない単語、熟語があったので辞書で調べたけど、
 それでも文全体の意味が取れないな」

というケースもよくあります。

そうであれば、いくらリスニング力を鍛えても、聞き取れるようにはなれま
せん。

なぜなら、

「知らない単語、熟語多い」というのは語彙の問題であり、
語彙を鍛えなければ問題は解決しないから。

そして、

「使われている単語、熟語は知っている(or辞書で調べた)けど、
 文全体の意味が取れない」というのは英文法の問題であり、
英文法を鍛えなければ問題は解決しないからです。


リスニングでも、リーディングでも、

「使われている単語、熟語は知っている(or辞書で調べた)けど、
 文全体の意味が取れない」

あるいは、

「長い文、複雑な文になると意味が取れなくなってしまう」

というのは、典型的な英文法の力不足の症状です。


逆に言えば、英文法を鍛えてしまえば、そういったことはグッと減り、

リーディングにおいては、
「知っている単語、熟語の文なら読める」

リスニングにおいては、
「知っている単語、熟語の文なら、リスニング練習を重ねれば聞き取れるように
 なる」

ということが言えます。


語彙学習に関しても、英文法は好影響を及ぼします。

語彙は普通、単語帳を使って単語、熟語の意味を覚えます。

例えば、「ambitious 野心のある」というように。

これだけだったら丸暗記すれば良いので、
英文法の力は必要ありません。

しかし、単語帳には多くの場合、例文がついています。

This guy is so ambitious that he wants to take this difficult test.

のように。


上記の文はそこまでむずかしい例文ではないので、
意味が取れる方が多いかと思います。

それに、例文には

「この男はとても野心的で、このむずかしい試験を受けたがる」

のように、日本語訳がついているので、意味はわかります。


でも、英文法の力がないと、

「なぜこの文はこういう意味になるんだろう?」
「ambitiousの意味はわかるけど、どう使えばいいんだろう?
 例文のようにとは言っても、この例文、自分にはわからないし…」

となってしまうことがあります。


意味を覚えるだけなら丸暗記でいいのですが、
例文もスムーズに理解できた方が、語彙学習もスムーズに進みます。



■英文法には「そうだったのか!」という面白さがある


続いて、もう1つの理由

「英文法には"そうだったのか!"という謎解きのような面白さがある」

についてお話します。


英文法は暗記や感覚でやるものと誤解している方も多いですが、
それは違います。

私が昔、英文法ができなかったのは、
まさに、こう誤解していたからです。

暗記、感覚でやってしまい、理解しようとしなかったので、
力がつかなかったのです。


英文法には「理屈」があります。

例えば、多くの人が間違えてしまう問題に、
下記のような関係詞の問題があります。

I went to that big station ------ was built by a famous architect in
1935。

(A) which
(B) where
(C) why
(D) whose


「場所が先行詞(関係詞の前にある名詞)だとwhere」と暗記している人が
多いために、Bのwhereを選んでしまう人が多いのですが、それは間違い。

正しくはAのwhichが答えです。


関係詞は後ろに文を続けて使うものです。

そして、文というのは、

SV
SVC
SVO
SVOO
SVOC

というように、主語(S)、動詞(V)があって初めて成り立つものです。

日本語では「本を買った」のように、主語が省略されることが多いですが、
英語ではそれはあり得ず、

Bought a book.

は間違いで、

I bought a book.

とSを入れなければいけません。


関係詞の後ろの文も同様で、ちゃんとSが必要なのです。

しかし、上記の問題では、

was built by a famous architect in 1935

となっており、Sがありません。
V(was built)から始まってしまっています。


と言うことは、空欄にはSを入れてあげる必要があるのです。

Sになれるのは名詞だけ。
選択肢

(A) which
(B) where
(C) why
(D) whose

の中で名詞なのはAのwhich。
なので、Aが答えになります。

Bのwhereは副詞です。

副詞はSになれません。

例えば、

Very bought a book.
「とてもが本を買った」

のveryのように、副詞がSになることなんかないですよね。


上記のように、英文法は理屈があり、理解すべきもの。
そして、理解できたときには「なるほど! そうだったのか!」とわかる
面白さがあります。

語彙も、英文法と同様、英語力の根幹なのですが、
語彙はどうしても、暗記になり勝ちです。

上記のように、英文法にはちゃんと理由がありますが、
語彙には、

「なぜappleはリンゴと言う意味か」

というような理由はありません。


従って、重要ではあっても、語彙はどうしても単純な作業になり勝ちなのです。

そう言った点からすると、
「面白い!」と思える可能性がある、英文法の方がオススメというわけです。



■新年度、英語学習するなら、英文法を!


以上が今回のお話になります。

英文法ができれば、英語学習の他の分野に好影響を及ぼしますし、
「面白い」と思える要素があります。

冒頭でもお話いたしましたが、私自身、英文法で、苦手だった英語が得意に
なった経験があるので、これは自信を持って言えます。


英文法を理解する形で学習したい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日3日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。