fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEIC問題集の使い方の注意点

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回はTOEIC問題集の使い方の注意点というお話になります。

特に初心者の方は注意が必要です。

※:主観ではありますが、初心者はTOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言うと、「前置詞、従属接続詞を何となくのレベルでも
  わかっていない」というレベルかと思います。


■TOEIC問題集は不可欠ですが…


TOEICを受けるのであれば、TOEICの問題集は不可欠と言えます。

1度TOEICを受けたことがある方ならわかると思いますが、
TOEICは特殊な試験。

とにかくスピードが速いのです。


リスニングは1つの問題を考えていると、
すぐ次の問題の放送が始まってしまう。

なので、さっさと問題を解いてしまわないと、
次の問題の放送を聞き逃すことになってしまいます。


リーディングは放送がないので自分のペースで出来ますが、
制限時間が短く、ほとんどの受験者は全問を解く前に制限時間が終わってしまい
ます。


とにかく問題数が多い。
そのわりに、制限時間が長くない。

こういった特殊な性質があり、中間試験、期末試験、大学入試、英検といった、
伝統的な日本型の試験とは大きく違うので、必ず問題集で練習をする必要が
あります。
(あえて言うと、センター試験はTOEICと似た性質があります)



■全員がまったく同じ問題を解く


しかし、問題集をやる際に1点注意すべき点があります。

それは、

「問題集はあくまで試験慣れするためであって、
 新しい知識を入れるための勉強として使うべきではない」

という点です。


上級者は例外でして、新しい知識を入れるためにも有効ですが、
初心者の方は、まず「新しい知識を得るため」には使わないことをオススメ
します。

その理由はTOEICという試験が持つ、

「英検のように級別にわかれているわけではなく、
 全受験者が、同じ問題を解く」

という性質です。


英検には「級」というシステムがあります。

超上級者であれば1級を受けますし、
まだ初心者であれば、4級なり、3級なりを受けることができます。


1級の問題はむずかしい問題ばかりですし、
4級の問題であれば、簡単な問題ばかりです。

自分のレベルに合った問題が出るため、

「極端に自分のレベルより低い問題」
「極端に自分のレベルより高い問題」

は出ないのです。


ところが、TOEICは全受験者共通です。

TOEIC 100点の人でも、TOEIC 980点の人でも同じ問題を受け、
問題がごちゃまぜになっています。

TOEIC 100点の人でも解ける、とても簡単な問題もあれば、
TOEIC 980点の人でも解けない、非常に難解な問題もあります。


当たり前ですが、「100点の人でも解ける問題」は、980点の人には非常に簡単
です。

逆に、「980点の人でも解けない問題」は、100点の人にはあまりにむずかしすぎ
ます。



■初心者の方には不向き


このように、「自分のレベルとかけ離れた問題が出る」のがTOEICなのです。

と言うことは、初心者の方がTOEICの問題集をやり、
真剣に答え合わせをして、

「なぜこれが正しく、なぜこれが間違っているのか」

を真剣に理解しようとすると、


「あまりにむずかしすぎて結局理解できない」
「理解できたとしても、あまりに膨大な時間がかかりすぎる」

という欠点があります。


「非常に難解な問題を1つ理解する」よりも、
「自分のレベルよりちょっと上の問題を5つ理解する」方がずっと効果的です。

具体的に、TOEIC 400点の人を例にすれば、

「980点の問題を1つ理解する」よりも、
「450点の問題を5つ理解する」方がずっと効果的。


それにそもそも、980点の問題は多くの場合、理解できないです。

仮に理解できたとしても、「450点の問題5つ理解する時間」よりもっと時間が
かかるかもしれません。

もしかしたら、「450点の問題15個理解する時間」と同じかも知れません。


繰り返しになりますが、TOEICは特殊な試験ですので、
「試験慣れ」のために、問題集を解くことは必要です。


しかし、レベルがごちゃまぜになっているために、
「新しい知識を得るためにやる」のは不向きなのです。

特に初心者の場合、自分のレベルより極端にむずかしい問題が多く含まれて
いますから、なおさらです。


それよりも、初心者の方は自分のレベルにあわせて基礎をしっかりと固める
ことが大切。

特に英文法では、基礎に専念し、基礎を固めることをオススメします。


なぜかと言うと、英文法は積み重ねだから。

本メルマガではよくお話させていただきますが、
英文法で、A〜Zまで学ぶことがあるとしたら、

A→B→C→D→E…と順番に学ぶ必要があります。

Bを知らずして、Cは学べませんし、
Aを知らずして、Bは学べません。


そのため、初心者の方は、TOEICの問題集は「試験慣れのため」に留めておい
て、英文法の基礎をしっかりと固めることをオススメします。

(別のメルマガで最近お話しさせていただきましたが、
 初心者の方は、英文法ができていないことが原因で、英語学習がスムーズに
 進まないケースが多いです)


以上が今回のお話になります。

英文法の基礎を固めたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日8日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。