fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英文法が誤解される2つの理由

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は英文法に関する誤解についてお話させていただきます。

「英文法はTOEICなどの、英文法問題を解くためのもの」
「英文法は中学・高校で習う細かいルールである」
「英文法は暗記するもの」
「英文法は何となく感覚で感じるもの」

これはすべて誤解です。


■英文法は大切!


私は今までに12年以上にわたって、20,100名以上の方に英語指導をさせていただ
いてきた経験があります。

また、私自身の英語学習経験としても、

「通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったが、
 TOEIC 990(満点)、英検1級を取ることができた
 (1級の2次試験はすべて英語での面接ですが、ほぼ満点で合格)」

という経験があります。


そう言った経験から、自信を持って言えるのは、

「英文法は大切!」

「もしかしたら、1番大切な分野かもしれません」

という点です。
(英文法より大切な分野があるとしたら、語彙以外はあり得ない)


今まで英語指導させていただいて来た過程で、

「英文法が苦手な故に、英語が苦手である」

「英文法ができるようになったから、英語ができるようになった」

という方を一杯見て来ましたし、私自身も、

英語が苦手だったのは、英文法ができなかったからですし、
英語が得意になったのも、英文法ができるようになったのがキッカケです。



■誤解1:英文法は実用英語では不要


しかし、残念ながら、英文法は世間では誤解されていると感じます。

その誤解は2点。

1点目は「英文法は実用英語では不要」という点です。


日本の学校教育では、中学・高校で英文法を習います。

そして、その際には英文法問題を一杯解かされます。

授業でも英文法問題を解きますし、
中間試験、期末試験でも英文法問題が一杯出題されます。

そのため、どうしても、

「英文法=問題が解けるかどうか」

という判断基準になってしまいます。


しかし、当然のことながら、実用英語では英文法問題は解きません。

例えば、英字新聞を読んでいたら突然、英文法問題が出題されるなんて
ことはあり得ませんし、

英会話をしていたら、話し相手が英文法問題を出題してくるなんてことも
あり得ません。


そう言った点から、

「英文法は英文法問題を解くためのもの。
 TOEICなど、英文法問題が出題される試験を受けるのならともかく、
 そうでないのなら、英文法は不要である」

と誤解してしまう方が多いのです。


でも、実用英語でも英文法は必要なのです。

問題は確かに出題されませんが、
実は、違った形で問題が出題されていますし、
問題を解けるだけの理解力が、実用英語では問われるのです。


例えば、英会話で話していて、

「これが私の友人が話していたレストランだ」

と言いたい。

This is the restaurant
「これがレストランだ」

までは出来て、このthe restaurantに、
「私の友人が話していた」という意味を加えたい。

関係詞を使って表現するわけだが、
その関係詞はwhichを使ったら良いの? whereを使ったら良いの?

つまり、

This is the restaurant which my friend was talking about.

と言えばいいの?

This is the restaurant where my friend was talking about.

と言えばいいの?

というように、悩む場面はしょっちゅう出て来ます。


これって、要するに、

This is the restaurant ------ my friend was talking about.

(A) which
(B) where

という問題を解くのと同じですよね?


試験のような「問題」という形では出なくても、
別の形で、実は上記のように問題として出題されているのです。



■誤解2:英文法は暗記や感覚で勉強するもの


先ほどお話したように、学校英語では、どうしても、

「英文法=問題が解けるかどうか」

という判断基準になります。


当たり前の話ですが、問題に正解すれば点数がもらえますし、
正解できなければ点数がもらえません。

「よくわからないけど、何となく答えたら正解した」という正解でも点数がもら
えます。

その反面、「90パーセントちゃんと理解しているのだが、ちょっとだけ理解でき
ていないところがあり、惜しくも不正解だった」という不正解でも点数はもらえ
ません。


そのため、どうしても、

「問題が解けるかどうか?」

がすべての判断基準になってしまい、

「問題が解ければOK(たとえ理解していなかろうと)。
 問題が解けなければダメ(99%理解していたとしても)」

という思考に陥ってしまい勝ちで、
「理解しているかどうか?」は置き去りにされていまいます。


でも、実用英語では、

「問題が解けるけど、理解していない」

ではダメなのです。


試験で出題される問題はパターンが決まっているかもしれません。

だから、ある程度問題を解く練習を繰り返せば、
試験ではいい点が取れるようになるかも知れません。


でも、実用英語はそんなパターン化されたものではありません。

先ほどのように、会話をしていたら、

「whichとwhereどっちを使うべきか?」

が問われたり、リーディングをしていたら、

The man talked about in the news recently is an amazing rookie.

の「talked about」のように、

「"話した"と過去形で読んでしまいそうだけど、
 "話されている(話題となっている)"と過去分詞として読まないと正しく
 意味が取れない文」

が登場したりとか。


あるいは、英会話で「この川は泳ぐには危険過ぎる」という意味で、

This river is too dangerous to swim.

と言ったら、

「それは間違いだ。
 This river is too dangerous to swim in.じゃないと」

と指摘されたりとか…。


実用英語でも、英文法の知識を応用できるようになるには、
付け焼き刃の暗記や「何となく」といういい加減な感覚では役に立ちません。


「ここは場所が先行詞でも、talking aboutのOがないから、
 This is the restaurant which my friend was talking about.

 と名詞の関係詞であるwhichじゃないと」

「talked aboutの後ろに名詞がないから、
 "話した"と過去の意味にはならない、"話されている"と過去分詞の意味に
 なる」

「too toでは、不定詞の中に、名詞があるはずだけどない場所が必要。
 そして、その場所に主文のSを入れたら意味が通る。

 This river is too dangerous to swim in.とすれば、
 前置詞inの後ろの名詞がなくて、to swim in this river"この川で泳ぐ"
 と意味が通るじゃないか」

というように、根拠をもって理解している必要があります。


暗記や感覚ではなく、「理解」していれば、
実用英語で、英文法の知識が必要な場面に出くわしても、応用力を発揮する
ことができます。



■実用英語のためにも英文法を理解しよう


以上が今回のお話になります。


「英文法は実用英語に不要」
「英文法は暗記や感覚でやるもの」

これはいずれも誤解になります。


実用英語でも必要ですし、
暗記や感覚ではなく、理解すべきものです。


英文法を理解する形で学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日24日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。