fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英文法用語は重要ではない

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今号は「英文法の学習法」についてのお話です。

英文法と言うと、

「用語が多くて、覚えるのが大変」

という人がいますが、それはまったくの誤解です。

はっきり言って、「覚える必要がない用語」が多いのです。


■確かに用語は一杯出て来ます。


世間の英文法教材を見ると、確かに用語が一杯出て来ます。

叙述用法
限定用法
制限用法
非制限用法




用語が一杯出て来て、しかも上記のようになじみのない言葉ばかりだと、

「英文法って用語ばっかりで、覚えることが多過ぎる!」

とイヤになってしまう人もいます。


そして、

「こんな用語覚えても、実用英語じゃ使わないよね?
 ってことは、英文法は実用英語には不要なんだ」

と思ってしまう人までいます。


確かに、

「用語が一杯出て来すぎる」
「用語は実用英語には不要」

これは確かにその通りです。


しかし、それを、

「英文法は暗記もの」
「英文法は実用英語には不要」

とまで思ってしまうのは、それは間違いです。


英文法は実際には暗記ではなく、「理解する」ものですし、
実用英語でも必要です。



■一部を除き、必要なのは本質理解のみ


確かに、英文法用語と言えど、覚えなければならないものだってあります。

例えば、「名詞」。

名詞は英文法用語かもしれませんが、
これはどうしても必要です。

車の運転で言えば、「ハンドル」に相当します。


車の運転を習おうというのに、ハンドルすら知らないようでは問題ですよね?

確かに、ロータリーエンジンとか、ドラムブレーキとか、
そういった用語は必要ないでしょう。

そんな言葉を知らなくても、車は運転できます。

しかし、さすがに「ハンドル」とか「ブレーキ」とかは必要です。


それと同様に、英語でも、覚えなければならない用語は確かに存在します。

名詞、形容詞、動詞、副詞、文型、前置詞…などなど。


ところが、世間の英文法教材には、
「知らなくてもいいのでは?」という用語がよく登場します。

例えば、限定用法、叙述用法。

聞いたことがある人もいるでしょうし、
聞いたことがない人もいるでしょう。

そして、聞いたことがあっても、意味は知らない、忘れた人もいるでしょう。


説明させていただくと、形容詞には2つの使い方があります。

1つ目は、名詞にくっつける用法。

I bought a good book.
「私は良い本を買った」

のgoodがそうですね。名詞のbookを修飾しています。


2つ目は、C(補語)として使う用法。

This book is good.
「この本は良い」

のgoodがそうですね。Cとして使われています。
(Sはthis book、Vはisで、第2文型)


そして、前者の名詞にくっつける用法を「限定用法」
後者のCとして使う用法を「叙述用法」と言います。


しかし、はっきり言って、この用語は覚える必要はありません。

知っていてマイナスはないですが、
知っていることだけでプラスになることはあまりないです。
(覚えようとして、時間や労力を使ったのならマイナスになり得ます)


逆に、用語を覚えても、本質的内容である、

「形容詞には2つの使い方がある。
 1つ目は、名詞にくっつける用法で、
 2つ目は、Cとして使う用法だ」

という点を理解していなければなんの意味もありません。


「制限用法」なんて覚えなくても、

「名詞にくっついている形容詞」で十分です。


「叙述用法」なんて覚えなくても、

「Cになっている形容詞」で十分です。


このほかにも、

「覚えなくていいし、
 覚えていても、本質を理解していなければ意味がない用語」

は一杯あります。



■用語なんか気にせずに英文法学習!


「ハンドル」を知らなければ、車の運転は習えないように、
英文法にも、確かに最低限は押さえなければならない用語は存在します。

しかし、それはそこまで多くないんです。

それに、多くの用語は正確に覚える必要なんかないですし、
そもそも、教材によって言い方が違うケースもよくあります。

例えば、不定詞には「名詞用法」というのがありますが、
「名詞的用法」と「的」を入れる教材も多いです。

そんなのはまったく重要ではなく、

「不定詞を名詞として使われている用法」
「不定詞が名詞になってる用法」
「不定詞の名詞バージョン」

これでも十分です。


それより重要なのは、不定詞が名詞として使えるということを理解している
ことです。


用語のせいで英文法学習を躊躇しているのなら、それはもったいない話。

英文法を理解すれば、一気に英語力が上がるケースがよくあります。

現に私はそうでして、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした
が、英文法を基礎から、用語は気にせず、理解するように学習したところ、

今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。


重要なのは用語ではなく、本質の理解。
暗記ではなく、英文法は理解するように学習して行きましょう。


以上が今回のお話になります。

英文法を暗記や感覚などではなく、理解する形で学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日7日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。