fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語レベルにキャリアは関係ない

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は初心者、中級者向けのお話になります。

「自分は今まで、○年(あるいは○カ月)英語を勉強して来た」
「自分は今までに、これだけの教材をやってきた」

これを理由にして、

「自分は初心者じゃない」

と思い込んでいたりしませんか?


「英語学習歴」「どのぐらいの教材をこなしたか」と言った、「英語キャリア」
と、「英語レベル」は関係ありませんよ。


■英語レベルは、純粋に「力」のみで決まる


冷静になって考えてみると当たり前の話なのですが、

その人の「英語レベル」

というのは、

「どれだけ多くの単語・熟語を知っているか」
「どれだけ正しい英文法の知識を多く持っているか」
「どれだけ英語の音を正確に聞き取ることができるか」
「どれだけ英語を正確に素早く読むことができるか」
「どれだけ正しく、瞬時に自分の意図を英語でしゃべれるか」
「どれだけ正しく自分の意図を英語として書くことができるか」
「ちゃんとネイティヴに通じる発音・イントネーションでしゃべれるか」

こういった、純粋な「力」で決まります。


ですので、高校卒業以来まったく英語を勉強していなくて、10年のブランクが
あったとしても、

「それなりに単語・熟語は知っている」
「そこそこ英文法の知識をちゃんと持っている」
「そこそこ英語は聞き取れる」
「まずまず英語を読むことができる」




こういう状態なら、その人の英語のレベルは「中級レベル」と言えるでしょう。

仮にTOEICを受けたとしたら、
550点とか、650点のような中級レベルのスコアが出るはずです。
(TOEICは万能ではないので例外もあり得ますが)


逆に、ここ3年間、英語学習を継続していて、
教材も10個以上こなしている人であったとしても、

「単語・熟語の意味をあまり知らない」
「英文法の知識がなかったり、いい加減である」
「英語があまり聞き取れない」
「英語を読んでも意味が取れなかったり、意味を取り違えることが多い」





こういう状態なら、その人の英語レベルは「初心者レベル」なのです。

仮にTOEICを受けたなら、
350とか450と言ったスコアが出るはずです。



■キャリアは関係ない


このように、「英語レベル」というのは、純粋に力で決まります。

「何年英語学習をしたか?」
「何個教材をやったか?」

は関係ないわけです。


理由は簡単でして、たとえ、勉強しても理解していなかったり、覚えていな
ければ、力がついたとは言えないからです。

例えば、2,000語収録している単語帳を3カ月かけて終えたとしましょう。
でも、冷静に分析すると、そのうち100語覚えていない。


本人としては、2,000語分やった気になっているかもしれませんが、
実は「力」になっているのは100語分だけ。

それだったら、残念ながら、同じ単語帳をやって、最初の100語を1週間かけて
覚えた人と同じなのです。


「学習歴の長さ」「やった教材の数」だけを根拠に自分のレベルを判断して
しまう人がいますが、それは間違い。

大切なのは、「力」です。



■英語と言うのは積み重ねであり、レベル判断が大切


なぜ、「レベルがどうか?」という話をしているのかと言うと、
英語学習においては、レベルを勘違いすると危険だからです。

なぜなら、英語は「積み重ね」だから。


メルマガではよくお話しさせていただきますが、
A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、

A→B→C→D→E…

と順番に学ぶ必要があります。


Bを知らずしてCは学べませんし、
Aを知らずしてBは学べません。

私は中学時代にずーっと通信簿が2(5段階)だったり、
高校時代に偏差値30を取ったりと、昔は英語が苦手でした。

その理由は簡単で、上記の例で言えば、AやBと言った基礎がわかっていない
状態で、もっと上のレベルを学ぼうとしていたからです。

逆に、AやBと言った基礎からやり直したところ、
一気に英語レベルがアップし、

TOEIC 990(満点)、英検1級を取ることができました。


私自身、失敗をしているので痛いほどわかりますが、
初心者は基礎がわかっていないからこそ初心者なわけです。

勉強していないのならともかく、
勉強しているのに伸びないのなら、基礎がわかっていないことが原因である可能
性が高いのです。

ですから、初心者レベルの人は、基礎をしっかりやることが必要不可欠であり、
そうしなければ、いくら努力しても、その努力は

「ザルに水」

になってしまうのです。


初心者の方が、自分で「あ、自分は初心者だな」と正しく判断できれば問題
ありません。

しかし、12年以上にわたって、20,200名以上の方に英語指導させていただいた
経験上、

実際は初心者レベルなのに、
「自分はこれだけ英語学習をして来たから、初心者じゃないよね」と、


「実際の力ではなく、キャリアだけでレベルを判断して、
 自分のレベルを見誤っている」

という方を多くお見受けしています。


先ほどもお話したように、レベルはあくまで「力」だけで決まります。
「キャリア」は関係ありません。

そして、仮に「本当は初心者なのに、中級者だと思い込んでいる」という状態、
この「自称中級者」と言える状態だと、

「初心者なのに、中級レベルの勉強をしてしまう。
 でも、基礎がわかっていないために理解できていない」

という、非効率な状態に陥ってしまいます。


「自分は初心者レベル」と自覚されている方も、
「初心者レベルだけど、キャリアがあるから中級レベルだと思っている」という
方も、ぜひ、基礎を徹底するようにしてください。


英文法の基礎を固めたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日29日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。