fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話で不要な英文法知識を学ぶ理由

今回は英会話と英文法の関係についてお話いたします。

英文法を学んでいて、

「こんなの英会話に使わないでしょ? なんで学ばないといけないの?」

と思うかもしれませんが、それにはちゃんとした理由があるのです。


■確かに、英会話では使われないものも多いです


ネイティヴの英会話講師、帰国子女が日本の英文法教材を見ると、

「会話でこんな言い方はしないよ。
 なんで、これをテキストに載せるの?」

と言うことがあるというのは、よく言われている話です。


確かにそれはその通りでして、
英文法教材には

「英会話では使わない英文法知識」

が含まれています。



■でも、新聞や古典などでは使われる


しかし、よく考えてみてください。

「英会話では使わない英文法知識」
「英会話ではこんな言い方しないよ」

よく見ると、

「英会話では」

という「注釈」がついていますよね。


確かに、「英会話」という視点だけで考えたら、不要な知識も含まれている
と言えるでしょう。

しかし、「英会話」は「英語」の一部に過ぎません。


英字新聞
英語の書籍(洋書)
英語の文書(英語で書かれた報告書とか、Eメールとか)
英語の古典




これらも、「英語」であることには変わりありません。

「英会話」ではないかもしれませんが、
「英語」です。


よく考えてみれば、これは日本語だって同じです。

日本人が日本語の新聞記事や本を読んでいても、

「むずかしい言い方でよくわからないなぁ」

というケースはありますよね。


理解できるにしても、新聞や本のようにしゃべる人は少ないでしょう。

仮に、新聞や本のようにしゃべったら、

「なんか、むずかしい言い方をする人だなぁ。よくわからないよ」
「変な言い方をする人だなぁ」

と違和感を持たれるでしょう。
(たまにですが、実際にそういう人はいますよね)


でも、日本語の会話でそういう言い方をしないからと言って、

そういった

「新聞や本でしか使われないむずかしい言い方」が日本語ではないか?

と言うと、そうではない。ちゃんとした日本語ですよね?

あくまで、「会話で使わない」というだけであって、
日本語であることに変わりはありません。


英語に限らず、
「会話」と「新聞や本」で使われる言い方は違うものなのです。


ですから、英文法教材では、

「英会話では使われないだろうが、ほかの場面で使われる用法」

もちゃんと記載するわけです。


これはTOEICなどの試験も同様。

例えば、TOEICで言えば、パート5、6で英文法問題が出題されますが、
その中には、

「会話では使われないような用法」

も含まれていますし、パート7のリーディング問題には、
会話では使われないような用法が含まれていたりします。


これは冒頭でお話しさせていただいた、私の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

も同様です。


私の講座の場合、「さすがに古典は必要ないだろう」と思うので、
一般の英文法教材よりは「会話に不要な知識」は削っています。

しかし、それでも、やはり、

「会話に不要な英文法知識」

は含まれています。



■「英会話や実用英語に英文法は不要」は誤解


上記のように、英文法教材に、英会話に不要な英文法知識が含まれている
のは事実です。

しかし、それは、

「英会話では使われなくても、新聞や本で使われるから」

というのが理由。


「英会話に不要な英文法知識が含まれている」という理由から、

「英会話や実用英語には、英文法は不要」

と勘違いしてしまう人がいますが、それは誤解なのです。


確かに、英会話に不要な英文法知識もありますが、
英会話に必要な英文法知識も一杯あります。

例えば、

I like the restaurant ------ I went to yesterday.

で、関係詞をwhichを使うのか、whereを使うのか、なんかは絶対に必要。

関係詞は英会話でもしょっちゅう使いますからね。


それに、英会話に不要な部分だって、古典はともかく、
新聞や本なら、「一般的な英語で、必要なもの」と言えるでしょう。


以上が今回のお話になります。

英文法を暗記や感覚などではなく、理解する形で学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日15日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。