fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語は6月病に注意

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は「6月の英語学習」というお話をさせていただきます。


■一番注意が必要な月


私はもう13年以上(6月26年で14年になります)、22,200名以上の方に英語指導
させていただいております。

その経験から、

「この時期は英語学習者のやる気が出る」
「この時期は英語学習者のやる気が出ない」

というのがわかっています。


中には、明確な時期、「そりゃ、この時期はそうだよね」という時期もありま
す。

例えば、12月。
特に後半は、英語学習に力を入れる方はとても少ない。

12月と言うと、年末で仕事がとても忙しい時期。

忘年会もありますし、
クリスマスや年末の大掃除や年賀状の準備もあります。

それに1年の終わりということもあり、

「よし、今、英語やるぞ!」

という時期ではないのだと思います。


その反面、1月はとてもやる気がある方が多い。

年末年始休暇でリフレッシュ。
そして、新しい1年が始まって、「今年はやるぞ!」と燃えている方が多い
んですね。

それに、最も寒い時期であり、観光シーズンでもないので、
あまり遊びに行く方もおらず、時間がある方が多いんです。


ただ、中には、

「あれ? なんでこの時期に?」

と不思議なものもあります。


そして、

「最も気をつけなければならない時期はいつですか?」

と聞かれれば、

「6月です」

と言うことになります。


6月というのは、はっきり言って「何もない月」です。

年末年始や夏休みのような休暇もないどころか、
祝日は1日もない。

前の休暇はゴールデンウィークで、ゴールデンウィークが終わってから1カ月
が経過しています。

次の休暇である夏休みまでもまだかなり時間があります。

しかし、12月や3月のように、お仕事や行事で忙しい時間でもない。

季節としては梅雨の時期であり、観光シーズンでもなく、
それほど遊びに行くわけでもありません。


いわば、何もない月であり、
どうしても、「そのまま流されて生活してしまう月」と言えます。

そのため、知らず知らずのうちに、英語学習も熱意が薄れてしまう方が多い
んです。



■英語学習は継続が大切


英語学習にだってお休みがあってもかまいません。
むしろ逆に、お休みがあった方がはかどる方が多いです。

例えば、年末年始やゴールデンウィーク、夏休み。

年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みにも英語学習をする方というのはあま
り多くありません。

もちろん、そういう方もいらっしゃりますが、少数派です。


ただ、こういった休暇があった後は、皆さん、充電されているのか、
やる気がみなぎっています。

特に、1月は新年の始まりも重なるためか、1年で一番やる気がみなぎっている
時期と言えます。


このように、「はい、ここは休むよ!」「休み終わり! 今日からがんばる!」
というように、

「メリハリのついた休み」

なら、むしろ良いんです。


休暇と言えど、せいぜい1、2週間。

その期間を休んで、その後にしっかりとやれるのなら、
むしろ良い休みと言えます。


ところが、6月だと、「ダラダラ休み」という傾向が見られます。

先ほどもお話ししたように、6月には休暇どころか、祝日もありません。

なので、きちっと休むわけではありません。
しかし、どうも単調になってきて、知らず知らずのうちにダラダラーとなって
しまう。

そして、気づいたら、1カ月も休んでいた…。

というケースになりかねないんです。
(それに、「休暇の休み」ではないため、「休暇明けでやる気がでている」
 というプラスの効果もない)


英語学習では、これは危険な兆候と言えます。

なぜかと言うと、英語学習は積み重ねだからです。

メルマガではよくお話させていただいておりますが、
A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、

A→B→C→D→E…

と、順番通りに学ぶ必要があります。

Bを知らずしてCは学べませんし、
Aを知らずしてBは学べません。


よく、

「関係代名詞がわからないから、手持ちの教材の関係代名詞の章を読んだが、
 結局、理解できなかった」

という方がいらっしゃいますが、それは当然。

問題は、「関係代名詞の前に学ぶべき知識を積み重ねてないこと」だから
です。

関係代名詞は最後の方に学ぶべき事項。
その前に、学ぶべき事項は一杯あります。

それを学ばないで、いきなり関係代名詞を学ぼうとしても理解できないのです。


また、TOEICの直前など、特定の時期だけにまとめて勉強をする。

特に、「問題集を解いて、解説を読み、わからないことは調べる」という、

「つまみ食い型勉強」

をする方も危険です。


先ほどお話したように、英語は順番通りに学んで積み重ねないといけません。

しかし、一般的に問題集というのは、すべての分野からごちゃまぜに出題され
ます。

極端な話、先ほどのアルファベットの例で言えば、

「1問目がZの問題で、2問目がAの問題」

ということもあり得るんです。


一度、じっくりと腰を据えて体系的に学んだ人なら、
こういったごちゃまぜ問題は役に立ちます。

「あー、そうだった!」と確認すればいいだけですから。


しかし、ちゃんと腰を据えて体系的に学んでない人には意味がありません。

先ほどのように、「前提知識がないから結局理解できなかった」ということの
繰り返しになります。


このように、英語は、腰を据えて体系的に取り組むと言う、まとまった時期が
必要なのです。

年末年始のように、1、2週間で、

「この時期は休み! 終わったらやるぞ!」

という、きっちりとした休みならいいのですが、

ダラダラと休んでしまうのは、この取り組みを阻害する可能性が高く、危険
なのです。



■6月は継続英語学習を


上記のように、英語学習は腰を据えて、ある程度のまとまった期間を継続して
行うべき物です。
(しっかりと決まった休暇なら、むしろリフレッシュ効果があるので良いです)

そういった観点からすると、「ダラダラ休み」になってしまう危険性がある
点から、

「6月は最も注意が必要な時期」

と言えます。


「6月だってちゃんとやってるよ!」という方も多いですし、
実際に6月もちゃんと継続されている方も多いのですが、

全体の傾向としては、「6月は気づかないうちにスローダウン」という傾向が
あるので、ご注意ください。


英文法を腰を据えて体系的に、順番通り学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日18日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。