fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語初心者には一般論は当てはまらない?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は初心者向けのお話になります。

よく世間では、「英語は○○をするとよい」「英語は〜をしてもムダ」
など、一般論がいろいろとあります。

もちろん、人にもよりますが、
けっこう的を射ているものも多いです。

しかし、初心者に限って言えば、あまり参考にならないことが多いんです。

※:あくまで主観ですが、初心者は、TOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言えば、「前置詞、従属接続詞を何となくでもわかって
  いないレベル」かと思います。


■最低でも中級以上を想定している


なぜ、一般論が初心者には参考にならないかと言うと、
多くの一般論は、少なくとも中級以上の人を想定したものが多いからです。

私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったので痛感しま
したが、初心者にとっては、

「できることが当たり前のように言ってるけど、
 自分にはそれができないんだ。
 できないから困っているんだけどな」

と思うことが多いんです。


例えば、

「英会話なんて、むずかしい英文法は使わないんだって。
 中学の文法で十分なんだよ。

 だから、英会話上達に英文法なんかやる必要ないんだって」

と、言う人は多いです。


確かにその通りかもしれません。

どの程度のレベルを目指しているかによりますが、

「簡単な英語で意志を伝える」
「多少変でも、スムーズに意志を伝える」

こういった目的であれば、英文法は中学で習う分だけで十分でしょう。

それ以上のむずかしい英文法は必要ないかもしれません。
(むずかしいことも言いたかったり、もっと正確に言いたいのなら、
 もちろん、むずかしい英文法も必要ですが)


しかし、この指摘は、

「中学で習う英文法をちゃんと理解している」

ということを前提に成り立っています。


「中学の文法で十分」

ということは、逆に言えば、

「中学の文法は必要」

ということになります。


しかし、私自身が英語が苦手だったり、
多くの英語初心者を指導させていただいたのでよくわかりますが、

「中学の英文法が分かっていない人」は多い。


そして、それが原因で英語初心者に留まっている人はとても多い。

これは、13年以上にわたって、22,000名以上の方を英語指導させていただいた
経験上、自信を持って言えることです。


「中学の英文法ができないから困っている」

そんなところに、

「英会話なんて、むずかしい英文法は使わないんだって。
 中学の文法で十分なんだよ。

 だから、英会話上達に英文法なんかやる必要ないんだって」

とアドバイスされても、参考にならないどころか、

「中学の英文法ができていることって当たり前なんだ。
 それができていない自分はダメなんだな」

と落ち込む原因になり、マイナスになってしまいます。


特に注意が必要だな、と感じるのが、

「英語指導者ではない、英語ができる人」

からのアドバイスや方法論です。


現在は、インターネットが普及しているので、
いろいろな人の意見を目にすることができます。

そして、人にもよりますが、英語ができる人は、

「中学時代から英語が得意だった人」

の方がずっと多い。

私のように、中学・高校時代は苦手だったけど出来るようになった人というのは
珍しいんです。
(今は、TOEIC 990(満点)、英検1級)


中学時代からずっと得意だった人でも、
英語指導者なら、多少違います。

自分自身は苦手だった経験がなくとも、
英語指導をしていると、多かれ少なかれ英語が苦手な人を指導することになりま
す。


それにより、

「あー、中にはここが"当たり前"ではない人がいるんだな」
「自分はここでは苦労しなかったけど、ここで苦労する人がいるんだな」

というのがわかります。


ところが、英語がずっと得意で、英語指導経験もないと、
「英語が苦手」というものがわからない。

みんな自分の中学時代のように、
普通に何の問題もなく理解できたものと思ってしまう。

そのため、無意識に、

「中級以上、場合によっては上級以上の人にしか役に立たないアドバイス」

ばかりになってしまうことが多いんです。


中には、

「こんぐらい知らないの?」
「TOEIC ○○点以下なんてあり得ない」
「英語なんて洋書とか英字新聞読みまくってりゃ簡単にできるようになる」
(そもそも、洋書や英字新聞を読めないから苦労しているのに)

初心者をバカにする発言をする人もおり、

「元英語初心者」として、とても残念に感じることがあります。



■英文法の基礎に専念


こういった「アドバイス」を、

「あー、これって中級以上の人が対象だよね。
 自分は初心者だから参考にならないや」

と冷静に受け止められれば良いのですが、

「え? これって当たり前なの?
 知らないなんて言ったら恥ずかしい」

というように、

「わかっているふり」
「知っているふり」

をしてしまい、本当にやるべきことができないケースも多々あります。


ただ、私の経験上、初心者にとっては、

「中級以上の人が知ってて当たり前だと思っていること」

こそ、やるべきことなんです。


英語初心者の方は、何をやっても「よくわからない」となってしまうケースが
多い。

それは、「中級以上の人とっての当たり前」がわかっていないからというケース
が多いんです。

世の中の教材は、どうしても中級者向けが多い。

真ん中である中級者が一番多いわけですし、
真ん中にあわせておけば、多少は前後(初心者、上級者)もカバーできますから
ね。


しかし、そういった中級者向け教材は、
「中級以上の人は知っていて当たり前」のことは説明しません。

知っていることを前提にして話が進んで行きます。


ところが、初心者にとってはその「当たり前」は知らないこと。

前提知識がない状態で、いくらがんばっても、
理解するのは困難なんです。


これは私自身、英語が苦手な時代に、

「英語が苦手なのに、中級のふりをして、背伸びした」

経験があるので、痛いほどよくわかります。


そうではなく、英語初心者がやるべきことは、
「中級以上の人が知ってて当たり前と思っていること」をやることから始める
べき。

具体的に言うと、英文法の基礎を徹底する必要があります。


英語初心者は、英文法の基礎がわかっていないことが原因で、
「何をやっても支障が出る」というケースがとても多いんです。

まずは英文法の基礎を固めてしまうこと。
これが初心者がやるべきことになります。


英文法の基礎を固めたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日4日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。