fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語で絶対に押さえるべき基礎事項

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は「英語で絶対に押さえるべき基礎事項」というお話です。

中級者の方にもご覧いただきたい内容ですが、
特に初心者の方はぜひご覧下さいませ。

※:あくまで主観ですが、初心者は、TOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言えば、「前置詞、従属接続詞を何となくでもわかって
  いないレベル」かと思います。


■「基礎のように見えて手を出すべきでない事項」


最近、別のメルマガで、

「基礎のように見えるけど、手を出すべきでない事項がある」

というお話をさせていただきました。

別のメルマガでお話させていただいた内容なので、
簡潔にお話させていただくと、

教材の最初の方で説明されている、
あるいは、中学の最初の方(1年1学期とか2学期とか)で習うからと言って、

必ずしも、それがすべて基礎でないときがあります。


例えば、the。

中学1年の1学期で習うものですが、
実はものすごくむずかしいものなのです。

「大体こういうものだ」という、大まかな理解は必要ですが、
「マスターしよう」「完全に理解しよう」などとは思ってはいけません。


theは、そもそものルールがあいまいな上に、
例外が「これでもか」というほど、大量にあります。

私はTOEIC 990(満点)を持っていますが、満点を持っている人でもわからない
ことがあるほどむずかしいのです。


上級者は、theのように、

「基礎のように見えるけど、手を出すべきでない事項」

が何なのか知っています。


しかし、初心者の方は知らないケースが多い。

そこで、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

などの私の講座では、補助テキストをご用意し、その中で、

「何が手を出すべき事項ではないのか?」

をお話させていただいております。



■逆に、絶対に押さえるべき事項


上記のtheのように、基礎のように見えるのに、手を出すとキリがなく、
初心者はもちろん、中級者でさえ手を出してはいけない事項があります。

しかし、その逆に、

「絶対に押さえないといけない事項」

というのもあります。


メルマガでは何度もお話しさせていただいておりますが、
英語と言うのは、積み重ね。

A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、
A→B→C→D→E…というように、順番に学ぶべきもの。

Bを知らずして、Cは理解できませんし、
Aを知らずして、Bは理解できません。


よく

「関係代名詞がわからないから、手持ちの教材の関係代名詞の章を読んだが、
 結局理解できなかった」

という方がいらっしゃいますが、それは当然。

関係代名詞はむずかしい分野で、それまでに押さえておくべきが大量にあるん
です。

いきなり関係代名詞を学ぼうとしても無理で、
もっと基礎から順番に積み重ねていかないと理解できないんです。


こういった

「英語は積み重ねであり、理解できないところがあると、後々悪影響がある」

ということを知っているからこそ、theなどを「完全に理解しないと!」と
手を出してしまうケースがあるわけです。


theの場合は、理解できていなくても後々に悪影響はまったくと言っていいほど
ないわけですが、理解できていないと、後々に悪影響が出る事項は一杯ありま
す。

例えば、「品詞」。

「"品詞"なんて分野が英語にあるとは知らなかった」

という人が多く、なぜか世の中のほとんどの教材では品詞が説明されません。

しかし、昔は英語が苦手だった(通信簿2(5段階)、偏差値30)私の経験上。
(今は、TOEIC 990(満点)、英検1級)

そして、13年以上にわたって、21,900名以上の方に英語指導させていただいた
経験上、「品詞」は決定的に重要だと断言できます。

特に、初心者の方のほとんどは、

「名詞というのはこういった使い方をする」
「形容詞というのはこういう使い方と、こういう使い方がある」
「副詞はこういう使い方があるので、無視することができる」
「形容詞が名詞にくっつくと、もはや名詞の一部になる」




こういった品詞の知識がありません。

そして、それが原因で、初心者に留まってしまっています。


「品詞」など、英語の根幹を成す基礎であり、

「これらがわかっていないと、英語がほとんど何もわからない!」

と言える、「超重要事項」があります。


これは絶対に押さえていただきたい。
特に初心者はなおさら、絶対に押さえていただきたい。

これらを本テキストに加えて、別の角度から、

「ここだけは絶対に押さえてくださいね!」

と解説させていただく補助テキストを、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

におつけしております。


こうすることにより、

・別の角度からの説明で、本当に理解できているか確認
・全部が押さえられないのなら、絶対にここだけは押さえるようにする

など、対策を取ることができ、「超重要事項」を逃さないようにする役割を
果たしています。



■「必要な基礎事項」は絶対に押さえる


以上が今回のお話になります。

「基礎が大切」

これは多くの方がわかっていると思います。


しかし、

「何が絶対に押さえるべき基礎なのか?」
「何が押さえるべき基礎ではないのか?
 (むしろ、逆に手を出してはいけないものなのか?)」

は、なかなかわかるものではありません。


上級者の方なら、過去に学習して来た経験から、

「あー、あれは大切だったよなぁ」
「あー、あれは必要じゃないよね。むしろ手を出すべきじゃない」

とわかるのですが、初心者の方はわかりません。


しかし、こういった情報を最も必要しているのは初心者の方です。


初心者の方で、英語の基礎をしっかりと学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

・絶対に押さえるべき「超重要事項」
・逆に手を出すべきではない事項

がわかる補助テキストもついております。


締切が明日23日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。