fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英文法がわかると語彙に良い影響が

今回は、特に初心者向けに、「英文法が語彙に良い影響を及ぼすことがある」
というお話をいたします。

※:主観ではありますが、初心者はTOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言うと、「前置詞、従属接続詞を何となくのレベルでも
  わかっていない」というレベルかと思います。



■英文法がわかれば、読める文が増えてくる


最近、別のメルマガでお話させていただいた内容なので、簡潔にお話させていた
だきますが、英語の基礎中の基礎は、語彙と英文法の2つです。

英文の意味が取れないのは、大きく分けて2パターン。

1つ目は、単純に、その文で使われている単語や熟語の意味を知らないことで
す。

2つ目は、

「単語や熟語の意味は知っている(or辞書で調べた)んだけど、
 英文法の力が不足しているから、長い文や複雑な文が、文全体として意味が
 取れない」

というケースです。

語彙力を上げれば、1つ目のパターンが解消され、
英文法の力をつければ、2つ目のパターンが解消されます。

語彙、英文法、どちらも重要でして、
どちらの力をつけても、英文の意味が取れるようになる確率が上がります。


そして、初心者の方に、

「両方は同時にできないのでどちらを優先すべきか?」

と聞かれれば、英文法の方をオススメいたします。


なぜかと言うと、

「語彙はどうしても単純な暗記作業でつまらない反面、
 英文法は仕組みを理解して行くものなので、"そうだったのか!"という面白
 さがあるから」

になります。

語彙ははっきり言って、努力の分野です。

努力して暗記出来ればOKですし、
がんばれないで、暗記できなければダメ、ということになります。

そして、どうしても、暗記は作業的でして、面白くはないです。


一方、英文法は英文の仕組みを理解するもの。

「これこれこういう理由で、この英文はこういう意味になる」
「これこれこういう理由で、あなたの英文は間違っているんだよ」

こういったことを学ぶのが英文法なのです。

そのため、謎解きのような面白さがありますし、
理解できればとても面白いので、あまり努力している感覚がないのにスイスイ
進んでしまうことがあります。

また、努力量ではなく、理解度によって成果が決まるため、
ちょっとの努力でも理解できれば、力がぐーーんとつくことがあります。

なので、どちらかを選ぶのであれば、
私は英文法の方をオススメいたします。



■英文法が出来れば、語彙学習の幅が広がる


上記のように、英文法は謎解きのような面白さがあり、
人によっては、努力している感覚がなくてもどんどん力がつくことがあります。

とは言え、英文法がわかるようになったからと言って、語彙力がつくわけでは
ありません。

そして、いくら英文法がわかっても、
知らない単語・熟語のオンパレードでは読めない英文は一杯あります。

なので、英文法がわかっても、それで語彙力がアップするわけではなく、
やはり、語彙は語彙でやらなければならない課題なのです。


ただ、間接的に、英文法がわかると、語彙力がアップすると言える面もある
のです。

先ほどから、「語彙は暗記作業なのでつまらない」とお話ししておりますが、
それは、「従来の学習法」の場合です。

普通、語彙は、単語帳を使って、
その単語帳に出てくる単語・熟語の意味を覚えます。

例えば、「criticize=批判する」とあれば、
それを覚えるわけです。


単語帳によっては

「内容のある英文(例えば英字新聞の記事)を記載し、
 その中で出て来た単語・熟語を覚える」

という形を取っていますが、基本的に、単語帳はあまり内容がなく、
単調な暗記作業になり勝ちです。

とは言え、単語帳は、

「使われる頻度をちゃんと分析し、
 頻度の高いものだけをまとめてくれている」

という点では、とても効率的なのです。


なので、つまらなくてもがんばれるのであれば、単語帳を使うのは良い方法
なのです。

ただ、どうしてもつまらなくて、単語帳で学習できないのであれば、
別の方法もなくはないのです。

それは、

「日々、英語に触れて、そこで出て来た単語・熟語を覚える」

というもの。

TOEICの問題集でもいいですし、
NHKのテキストでもいいです。

何らかの「内容のある英語」に触れる。

内容があるので、少なくとも、その英文の内容については楽しむことができま
す。


その中で出て来た単語・熟語なら、文脈、内容があるので、

「あー、なるほど、この単語はこういう意味で使うんだなぁ」

というのがつかみやすい。

これなら、単語帳での単調な暗記作業よりは楽しいです。


ただ、1つ問題があります。
それは、「最低限の英語に触れられる力がないとできない」ということ。

「英語に触れようとしたはいいけど、語彙も英文法も力がないから、
 全然意味がわかりません」

では出来ない方法なのです。


ここで英文法の出番。

英文法の力をつければ、少なくとも「英文法の力不足で読めない」というケース
は減ってきます。

なので、まずは英文法の力をつけてしまえば、ある程度、英文を読む力がつく
ので、ちゃんと、むずかしすぎない教材を選べば、内容のある英語に触れること
ができるのです。

そして、その中で出て来た単語・熟語を覚えて行けば、語彙力もつく。

このように、間接的に、ですが、英文法の力がつけば、
語彙の英語学習の進むようになるのです。



■意味を知らない単語への対応力も上がる


また、英文法は、別の面でも、語彙力を上げると言えます。

英語には、それこそ、何万、何十万もの単語があります。
そのため、どんなに上級者になっても、知らない単語は出てきます。

そのため、もちろん、語彙力をつけることも大切なのですが、
知らない単語への対応力をつけることも大切なのです。


例えば、

The experts don't believe the politicians should stop the sequestration.

その中で、sequestrationというむずかしい単語が出て来たとします。


英文法の力がなく、ただ単に何も考えずに読んでいる人の場合、

「専門家は信じない、政治家たちはやめるべきだ…。何だこの単語は?」

と、sequestrationは、ただの「1つの知らない単語」でしかありません。


しかし、英文法が分かっている人だと、このthe sequestraionが名詞であり、
stopの目的語として使われていることがわかります。

なので、

「専門家は信じない、政治家たちはやめるべきだ、the sequestraionを」

というように、まだ対処ができるのです。


英文に1つ知らない単語があるぐらいじゃ十分に対処できます。

そして、どんどん英文を読み進めて行くうちに、
何回もsequestrationが出てくれば、文脈で、

「んー、政府がお金使えないとかそういうことかなぁ」

というように何となく意味がわかって来たりするのです。
(sequestrationは「予算削減」という意味)


英文法がわからず、何も考えずに読んでいて、

「sequestrationが名詞で、目的語になっている」

とかわからない人だと、こういったことはできません。

たった1つ知らない単語があるだけで読めなくなってしまったりしますし、
ましてや、「英文を読み進めて行くうちに、大体の意味がわかる」ということ
は困難です。


今回のお話は以上になります。

上記のように、英文法は間接的にではありますが、
語彙力アップにつながる効果があるのです。

そのため、初心者の方には、まず英文法の基礎を徹底することをオススメして
おります。


英文法の基礎を固めたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日12日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。