fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語が理解できない原因は…

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は、英語学習をするに当たって、非常に大切なポイント。

「英語は知識の積み重ね」

というお話です。


■よくある「わからない」パターン


私は今までに14年以上、23,400名以上の方に英語指導させていただいてきて
おりますが、よく、以下のようなご質問をいただきます。

「Yesterday, I went to the cafe where I really like.
 と言ったら、whereは間違いだと言われました。

 いろいろ説明してもらってもわからないので、
 手持ちの教材の関係詞の章を読んだのですが、結局理解できませんでした。
 なんでダメなんですか?」

というようなものです。


あくまで上記は一例。

ただ、こういったご質問に共通しているのは、

1、関係詞(関係代名詞と関係副詞の総称)など、レベルの高い英文法事項
2、説明を受けたり、調べたりしても結局理解できない

という2点です。


関係詞以外にも、不定詞であるケースもありますし、
分詞であるケースもあります。

でも、

「レベルの高い英文法事項が理解できない。
 説明を受けたり、調べても理解できない」

というご質問は本当に多いんです。


「いくら説明を聞いてもわからない。
 いくら調べても理解できない」

と聞くと、とても不思議に思われる方が多い。


しかし、ここには1つ、多くの方が見逃している落とし穴があるんです。



■英語は知識の積み重ね


それは、

「英語は知識の積み重ねである」

という点です。


例えば、先ほどの

Yesterday, I went to the cafe where I really like.

で言えば、whereが間違いで、whichが正しいです。


その理由は、

「likeという第3文型の動詞なのに目的語がない。

 目的語はちゃんと埋めなければならない。
 第3文型なのに目的語が「空っぽ」ということはあってはならないこと。

 目的語になれるのは名詞だけ。

 whereは副詞であり、名詞ではない。
 だから、目的語になれない。

 whichなら名詞だから目的語になれる」

というものです。


しかし、上記の話を聞いても、

「なんだかよくわからない」

「第3文型で目的語がないと何か問題なの?」

「目的語が空っぽなのははあってはいけないってどういうこと?」

「なんで、副詞だとダメなわけ?」

などなど、わからない方もいらっしゃると思います。


その原因は、ズバリ、

「関係詞より前に学ぶべき前提知識を理解していないから」

なのです。


上記の話は、品詞、文型、副詞などの分野の話です。

関係詞の話ではありません。

関係詞の話ではありませんから、
教材の関係詞の章をいくら読んでも、その話は出てきません。

なので、いくら読んでも意味を理解できないのです。


英語には、「学ぶべき順番」というものがあります。

仮にA〜Zまで学ぶべき事項があるとしたら、
A→B→C→D→E→…と順番に学ぶ必要があります。

Bを知らずにCを学ぶことはできませんし、
Aを知らずにBを学ぶことはできません。


関係詞と言うのは、かなり後の方で学ぶべき物。

品詞
文型
副詞
前置詞
従属接続詞
等位接続詞
受動態
不定詞
分詞
第5文型
動名詞
形容詞
疑問文




などなどを学んだ後に学ぶべき物なのです。


つまり、上記の知識がすべてなければ関係詞は理解できません。

教材の関係詞の章は、これらの分野の知識をすべて理解していることを前提に
書かれています。

従って、

「前提知識はすべてあるんだけど、関係詞が理解できない」

という人なら、関係詞の章を読めば問題は解決します。


ところが、

「前提知識がないから関係詞が理解できない」

という人なら、関係詞の章をいくら読んでも理解できません。



■基礎から積み重ねて理解


上記のように、英語は基礎から理解を積み重ねて行かないと理解できません。

ですので、とにかく

「基礎から体系的に積み重ねて、とりあえず一通りの学習を終えること」

が大切になります。


まだ体系的学習を終えていない人が、途中から学ぼうとする、
例えば、

「わからないところを調べる」

「ランダムに出題されるTOEIC問題集をやる」

とかやっても、理解できないことが出て来て、効果が薄いのです。


英語は、とにかく

「基礎から体系的に積み重ねて、とりあえず一通りの学習を終えること」

これがとても大切になります。


以上が今回のお話になります。

英文法を、「品詞」という基礎からしっかりと積み重ねて、
論理的に理解する形で学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日21日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。