fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語が苦手な人はこの2つに専念!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は、英語が苦手な方、英語初心者の方向けのお話。

「いろいろ手を出すと失敗します。この2つに専念してください!」

というお話になります。

※:あくまで主観ですが、初心者は、TOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言えば、「前置詞、従属接続詞を何となくでもわかって
  いないレベル」かと思います。


■初心者の方に1番人気


最近、別のメルマガでお話させていただいた話なので、
簡潔にお話させていただきますが、数ある私の講座の中でも、現在、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

が一番人気となっています。


こちらは、初心者用に特化した講座でして、
多くの英語初心者、英語が苦手な方にご受講いただいています。

実は、こういった初心者に特化した講座は珍しいのです。

私自身、英語指導者としては珍しく、
昔は、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だった経歴があります。
(今は、TOEIC 990(満点)、英検1級)

英語指導者のほとんどの人は、英語が苦手だったことがないので、
なかなか、

「どうして英語初心者が苦労するのか?」

がわかりません。

しかし、私は自分が英語が苦手だった経験があり、
もがき苦しんだ経験があるので、どこがポイントかわかっています。

ほかの英語指導者からすると、

「そんな基礎中の基礎のことから教えるの?

 そんな"当たり前"のことがわからないと言われても、
 どう教えていいかわからない」

というものでも、

「英語初心者はそこがわからないから理解できていないんだ」

ということがわかっていますから、そういった基礎からお教えしています。


こういった経緯もあり、多くの英語初心者の受講生様からご好評いただいて
おり、英語初心者の指導には自信を持っております。



■「いろいろやったのに力がつかない…」


このように、私は多くの英語初心者の方に指導させていただいており、
ご好評いただいています。

その中で、下記のようなご感想をいただくことがございます。

「今まで、いろいろな教材をやってきたのに力がつかなかったんです。
 でも、この講座で英語の苦手が克服できました!」


もちろん、これはいただいて嬉しいご感想です。

しかし、それと同時に、

「やっぱり、英語初心者の方は、いろいろと手を出してしまうものだよね」

ということを実感します。


「いろいろとやったのにできるようにならない」

という方は多いですし、私自身も昔は同じ悩みを抱えていたので、
お気持ちはよくわかります。


しかし、自分自身が経験したからこそよくわかるのですが、

「いろいろとやった"のに"できない」

のではなく、

「いろいろとやった"から"できない」

のです。


「いろいろな教材をこなす」

こう聞くと、がんばっている、努力している。

だから、当然力がつくように感じるかもしれません。


そして、中級以上の場合、特に上級者の場合は確かにその通りです。


しかし、初心者の場合は逆なんです。
いろいろなものに手を出す方が逆効果なのです。

なぜかと言うと、英語初心者は、基礎ができていないからです。

基礎ができていないために、しょっちゅうどこかで壁にぶつかります。

例えば、リスニング練習をしていた。

聞き取れない部分があったので、
スクリプト(音声を文字にしたもの)を確認したら、

「知らない単語や熟語があって、読んでも意味がわからなかった」

というような状況。

これは、語彙力があまりに不足していて、
リスニング以前の問題になってしまっています。

リスニング練習は、基本的には「読めばわかるのに、聞き取れないもの」で
練習して、それを聞き取れるようになると言うものです。

読んでもわからないものを聞き取れるはずがありません。

読んでもわからないものをいくら練習しても聞き取れるようにはなりません。

なので、やるべきなのは、そのままリスニングを続けるのではなく、
語彙力を強化するなどして、「読めばわかる」力をつけることです。


もう1つ例を挙げます。

リーディング練習をしていました。

しかし、どうしても意味が取れない文がある。

単語や熟語の意味は調べたからわかる(or最初から知っていた)。

でも、文全体の意味がどうしても取れない。


これは、英文法の力が不足していて、
長い文、複雑な文が読めていないのです。

単語や熟語を知っていても、長い文、複雑な文になると、
英文法の力がなければ、文全体の意味が取れなくなってきます。


この場合、やるべきなのはそのままリーディング練習を続けることではなく、
英文法の力をつけることなのです。


このように、英語初心者は基礎力が決定的に不足しています。

そのため、リスニングでも、リーディングでも、TOEIC対策でも、
英会話の練習でも、何か英語学習をしようとすると、

「わからないこと」が出て来て、そこで停滞してしまう。

なので、結局、リスニングもリーディングも身に付かず、
TOEIC対策や英会話練習も進まなくなってしまうのです。



■やるべきことはこの2つ


ですので、初心者は、下手にいろいろと手を出すのではなく、基礎に専念する。

そして、その基礎とは、

・語彙の基礎
・英文法の基礎

この2つにつきます。


まずは、基本的な語彙を身につけ、簡単な文なら知らない単語・熟語がない
レベルまで持って行く。

英文法の基礎を身につけ、それほど複雑な文でないのなら、意味が取れるよう
なレベルに持って行く。

この2つが非常に大切になります。


一見すると、遠回りなように見えますが、
先ほどお話したように、基礎力が不足した状況では、ほかのことをやっても身
に付かないケースが多い。

ですので、しばらくはこの2つに専念するつもりで、
基礎を徹底することをオススメいたします。

これは、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

等で、多くの英語初心者を指導させていただき、
自分自身も、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だった私が自信を
持って言えることです。


初心者の方で、英文法の基礎をしっかりと学び、適切な語彙対策法を身につけ
たい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

語彙力診断もできますし、
その診断結果に応じて、適切な語彙強化法も知ることができます。


締切が明日16日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。