fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話用にもう一歩踏み込んで!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今は4月。4月と言えば、新年度、新学年、新学期で多くの人が英語学習をやる
気になっている月です。

そんな4月だからこそ、英語学習の核となる大切なメッセージをお送りしており
ます。

今回のお話は、

「英会話に英文法が必要ですよね。
 でも、英会話用には、もう一歩踏み込んだ英文法が必要ですよ」

というお話になります。


■ネイティヴ講師も英文法の必要性を感じている


先日、別の無料メルマガで、

「ネイティヴ講師にどんな人が英会話の上達が早いか聞いたら、
 口を揃えて、"英文法ができている人"と答えた」

というお話をさせていただきました。


世間ではよく

「日本人は英文法ばっかりやって英会話ができない!」

「英会話に英文法は不要」

などと誤解されていますが、英会話に英文法は必要なんです。


だって、英会話で間違った英文を連発していてはダメですよね?

例えば、「疲れたから寝た」を、

Because tired, I went to bed.

とか

Because was tired, I went to bed.

なんて言ってるのではダメ。


英文法を正しく理解して、

Because I was tired, I went to bed.

としないと。

ほかにも英文法ができていないからしてしまう間違いは一杯あります。

「このバッグは小さすぎて、この本を入れられない」

×This bag is too small to put this book.
○This bag is too small to put this book in.


「私はソニーで働いています」

×I'm working for Sony.
○I work for Sony.


「疲れたぁ」

×I was tired.
○I am tired.


そりゃ、黙っているよりは、間違った英文を連発した方がマシです。

でも、そのままでいいはずがない。
ちゃんと、英文法を学んで修正しないといけません。

英文法というのは、「正しい英文を作る力」なのです。

英会話に必要な力ですよね?


そして、ほとんどの日本人が日本語の文法の知識がないのと同様、
ほとんどのネイティヴ講師には英文法の知識がありません。

そのため、ネイティヴ講師たちは、英文法の重要性を理解しつつも、
自分では教えられないジレンマを抱えている人が少なくないのです。


だからこそ、「英文法ができる人が英会話の上達が早い」と言っているのです。

ネイティヴ講師が教えられない英文法ができている生徒なら、
あとは「自然な表現」とか、ネイティヴ講師が得意な分野に専念できるから、

ネイティヴ講師としても助かるんです。



■でも、ただの英文法では不十分


このように、英会話において、英文法は必要。

ネイティヴ講師だって、「英会話において英文法は重要」と考えているんです。


ただ、残念ながら、「ただ英文法を学んだだけ」では不十分なんです。

英文法を学べば、「どういう英文が正しいか」はわかるようになります。

例えば、英文法が分かっている人なら、

I met a friend who went to high school together.

が正しい英文であり、

「一緒に高校に行った友達に会った」

という意味になることはわかります。


who went to high school togetherが形容詞として、a friendを修飾している
ことだってわかるでしょう。


でも、実際に英会話本番で、

「一緒に高校に行った友達に会った」と言いたい時に、

すーっと、

I met a friend who went to high school together.

と言えるかと言うと、必ずしもそうではない。


「英文法の知識があること」は、英会話上達に絶対必要なことですが、
英文法の知識があれば、自動的に英会話ができるようになるわけではない
のです。

英会話上達には、

1、英文法の知識がある

これにプラスして、

2、その英文法の知識をどう使えば良いのか知っている

これも必要なのです。


上記の例で言えば、

「えーと、まずは、"私は友達に会った"というコアの部分だけ言ってしまおう。

 I met a friend

 そして、このa friendの説明をしなきゃ。

 関係詞を使って修飾。whoは主語だから、普通の文、

 She went to high school together.

 を言うのと同じ感覚で、

 who went to high school together

 を付け加えればいいね」


というように、

・まずは本体の文(I met a friend)を言ってしまえば良い

・続いて、まるで普通の文(She went to high school together.)を言う
 のと同じ感覚で、who went to high school togetherを付け加えれば良い

という、

「英文法の知識を、どう英会話に使えば良いかを知っている」

という点が重要なのです。



■さらに練習も


そして、さらに言えば、

1、英文法の知識がある
2、その英文法の知識をどう使えば良いのか知っている

これにプラスして、

3、1と2の知識を使って、実際に英文を作る練習をする

これまでやる必要があります。


先ほど、「できる人はこう考えてできる」という例を示した時に、

「えーと、まずは、"私は友達に会った"というコアの部分だけ言ってしまおう。

 I met a friend

 そして、このa friendの説明をしなきゃ。

 関係詞を使って修飾。whoは主語だから、普通の文、

 She went to high school together.

 を言うのと同じ感覚で、

 who went to high school together

 を付け加えればいいね」

と考えているとお話ししました。


1と2の知識があれば、これはできます。

でも、これじゃちょっと時間がかかりますよね?

英会話は瞬時に反応しないといけないことがありますから、
できるだけはやく、ポンとしゃべれるようになりたいところです。

それには、練習が必要不可欠。

実際に、

I met a friend who went to high school together.

I know a guy who works for this company.

She is the lady who gave me that advice.

などなど、実際に英文を作る練習を積み重ねる必要があるのです。
(上記の例なら、関係詞whoの使い方の練習)


こうすることにより、最初は

「えーと、まずは本体を作って、次はwhoで…」

とかいろいろ考えなければいけなかったのが、
慣れてくると、無意識にできるようになり、

すーっと、

I met a friend who went to high school together.

と、ポンっと英会話で出て来るようになります。


ピアノで、最初は「これがド」と意識したり、鍵盤を見ながらしないといけ
なかったのが、慣れてくると、「これがド」とか意識せず、鍵盤も見ないで、
感覚で弾けるようになるのと同じです。

英会話も、最初は「えーと、こうやって…」と意識しないとできませんが、
練習を積み重ねれば、感覚でできるようになってきます。


英会話には、英文法が必要。

そうなのですが、さらに言えば、もっと踏み込んだ英文法が必要で、

1、英文法の知識がある
2、その英文法の知識をどう使えば良いのか知っている
3、1と2の知識を使って、実際に英文を作る練習をする

のすべてが必要になります。


この1「英文法を身に付ける」、2「知識をどう使えばいいかを知る」
3「実際に練習をする」をしたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日20日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。