fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英文法なしでは英会話は直せない

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は、英会話についてのお話です。

「英会話は英文法がわかっていないと直せないんですよ」

という点をお話しさせていただきます。


■承ったご相談


先日、英語学習で悩まれている方から、ご相談を受けました。

お仕事で英語を使うのですが、なかなか正しい英語ができないとの
ことでした。

実際に、英語を拝見させていただきましたが、
悪くはないのですが、けっこう間違いが多い。


そこで、「ここはこうしないとダメですよ」といろいろ直していったので
すが、改めて実感したのは、

「間違いを直す時にはどうしても英文法の知識が必要」

ということです。


例えば、

「われわれの信頼できるスタッフがご説明差し上げます」という場合、

Our staff who can trust explain.

としていたのですが、これでは間違いになります。

正しくは、

Our staff who we can trust explain.

とweが必要なのです。


ただ、直す際に、ただ単に「weが必要ですよ」と言っただけでは意味が
ありません。

それでは、直された方は、「なんでweが必要なのか?」が理解できない
からです。


「なぜweが必要なのか?」を理解していなければ、

「雇った新しい従業員は素晴らしい」

を、

A new employee who hired is great.

と同じような間違いをしてしまう。


あるいは、逆に、

「この件に慣れているわれわれのスタッフがこれに対処すべきだ」

を、

Our staff who we are familiar with this matter should handle this.

と、余計なweを入れてしまったりと、間違いを連発し、
根本的な解決にならないからです。



■英文法がわかっていないと上達しない


そして、このように、「なぜ間違っているのか」「なぜ〜が必要なのか」
という点に関しては、英文法の知識が必要不可欠なのです。

例えば、先ほどの例で言えば、

Our staff who can trust explain.

ですと、whoは関係詞です。

そして、who can trustが形容詞となり、
名詞のour staffを修飾しています。

関係詞を含む文(who can trust)というのは、
ちゃんとした文の構造になっていないといけません。

どういう文の構造になっているのかと考えると、

whoが主語
can trustが動詞

ということになります。

そして、whoは関係詞でして、意味上は、ここには修飾される名詞である、
our staffが入っていたことになります。

つまり、our staff can trust

「われわれのスタッフが(他の誰かを)信頼できる」

と言う意味になるのです。


つまり、

Our staff who can trust explain.

は「(他の誰かを)信頼できるわれわれのスタッフがご説明差し上げます」

という意味になってしまうのです。


でも、ここでこの方が言いたかったのは、

「われわれはスタッフを信頼しています。そのわれわれが信頼しているス
 タッフがご説明差し上げますよ」

ということですよね?


「われわれのスタッフは誰か他の人を信頼できるんです。
 そのスタッフがご説明さし上げますよ」

ということではないですよね? でも、

Our staff who can trust explain.

では、そういう意味になってしまうのです。


そうではなく、

「われわれはスタッフを信頼しています。そのわれわれが信頼しているス
 タッフがご説明差し上げますよ」

なら、

Our staff who we can trust explain.

としないと。

こうすれば、関係詞を含む文(who we can trust)は、

weが主語
can trustは動詞
whoが目的語

whoにはour staffが入っていたことになりますから、

we can trust our staff

「われわれはわれわれのスタッフを信頼できる」

という意味になります。


ですので、

Our staff who we can trust explain.

は、

「われわれはスタッフを信頼しています。そのわれわれが信頼しているス
 タッフがご説明差し上げますよ」

という意味になるのです。


このように、「なぜ間違いなのか」を理解するには、
「英文法を使って説明すること」、「英文法の知識」が欠かせないのです。



■英文法がわかっていれば、いろいろ応用できる


このように、なぜ間違いなのかを理解してしまえば、
ほかの文にも応用できます。

「雇った新しい従業員は素晴らしい」

だったら、

A new employee who hired is great.

だと、

「新しい従業員は(他の誰かを)雇いました。新しい授業員は素晴らしい」

という意味になってしまう。

そうじゃない。
会社が新しい従業員を雇ったんだ。

そうするためには、

A new employee who the company hired is great.

とすれば良い。


「この件に慣れているわれわれのスタッフがこれに対処すべきだ」

だったら、

「われわれのスタッフはこの件に慣れているんですよ。
 そのスタッフがこれに対処すべきです」

という意味にする、

Our staff who are familiar with this matter should handle this.

とするのが正しい。

weを入れたらおかしくなってしまう。


このように、ほかの文も間違えずにできるのです。


先日の別の無料メルマガでもお話いたしましたが、
英会話と言うと、なぜか、

「楽しく! 感覚で! 考えてはいけない!」

みたいなイメージがあり、

「英会話に英文法」と言うと、

「水に油」みたいでビックリされることがあるのですが、

このように、英会話も英文法がわかっていないと上達しないんです。

英文法がわかっていなければ、間違いを連発しますし、
なぜ間違いなのかも理解できないので、その後も同じ間違いを繰り返します。

そうではなく、英文法をしっかりと学んで、
英会話での間違いを減らすように修正していく必要があります。


英会話のための英文法を学び、さに英会話での使い方まで学ぶ。
そして、その英文法の知識を使って、英文を作る練習をしたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日6月1日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。