対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話もTOEICも両方上達

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は、英会話とTOEICのお話です。

この2つは別物ではあるものの、全くの別物ではありません。

正しい英語学習をすれば、両方を上達させることが可能です。


■一応、別物ではあります


先日、別の無料メルマガで、TOEICと英会話の関連性をお話させていただきま
した。

TOEICと英会話は、関連性はありますが、完全に一致するような深い関連性では
ありません。

例えば、TOEICで高スコアを取れる人は、

1. I went to the restaurant ------ we had a lunch meeting at yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

みたいな問題をすぐに解けます。(答えはA)

これは、関係詞の正しい知識を持っているからです。

こういうときはwhichを使う。
こういうときはwhereを使う。




というのがわかっているのです。


ただ、このように、知識は持っているものの、
英会話において、自分で英文を一瞬で作れるか? というとこれはまた別物。

知識は持っていても、その知識を素早く活用する練習をしていなければ、
英会話では力を発揮できません。


このように、高スコアを持っている人は、
「知識がある」という点では良いのですが、
そこから、知識の活用を練習しなければならないのです。


でも、「知識がある」のは大きな力となります。

知識があるのですから、練習をしながら、自分自身で、
「あ、これは間違いだ」「こうすれば正しい」というのがわかりますから、
練習をすればするほど力がついてきます。

知識がない人だと、こうはいきません。

何が正しくて、何が間違っているのかわかりませんから、良い練習ができ
ません。


英会話スクールなどで、ネイティヴ講師にチェックしてもらう方法もあります
が、かなりのお金がかかります。

その上、ほとんどの日本人に日本語の文法の知識がないように、
ほとんどのネイティヴ講師は英文法の知識がありません。

そのため、「なぜ間違っていて、なぜこうすると正しいのか」を説明できない
のです。


そのため、やはり正しく使えるようになる練習をするためには、
自分自身で正しい英文法の知識を持っていないといけないのです。



■どちらかに絞ったり、どちらかを捨てる必要はない


このように、TOEICと英会話は、まったく同じとは言えません。

しかし、その一方で、

「正しい知識が必要」

という部分はまったく同じなのです。

違いは、TOEICは、知識があればそれでOKなのに対して、
英会話は知識にプラスして、練習が必要であると言うこと。


多くの人は、英会話とTOEICがまったくの別物だと考えてしまい、

「どちらかに絞らないといけない」
「どちらかを捨てないといけない」

と勘違いしてしまいます。


例えば、

「TOEICで高スコアも取りたいし、英会話もできるようになりたい。

 でも、両方をやるほどの時間はないから、
 まずはTOEICをやろう。

 その間は、英会話はまったく上達しないけど、仕方がない!

 TOEICに絞って、英会話は捨てよう。

 英会話はTOEICで高スコアを取った後に!」

あるいは、逆に、

「まずは英会話に絞って、TOEICは捨てよう。
 TOEICは英会話が上達した後に!」

というように考える方は少なくありません。


でも、そんな必要はないんです。

先ほどお話したように、TOEICであれ、英会話であれ、

「正しい知識を身につける」

という部分は同じなんです。

TOEICはそれがすべてですし、
英会話でしたら、まずは正しい知識を身に付けるところから入らないといけ
ません。
(そして、その後に練習をします。
 その逆、つまり「練習→知識」という順番ではできません)


ですので、TOEIC用の勉強をしても、英会話用の勉強をしても、
どちらにも、ある程度は役に立つのです。

例えば、冒頭でお話しさせていただいた、英会話の講座、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

ですが、こちらは、

1、英会話に必要な英文法の知識を身に付ける
2、その知識をどう英会話に使うかを知る+実際に英文を作る練習

の2つをやっていただきます。


2の部分に関しては、確かに英会話用の勉強であり、TOEICにはそれほど役に
立たないかもしれません。

しかし、1はTOEICにも必要な知識です。

例えば、「英会話のための英文法 G4C」では、

「関係詞のwhichとwhereをどう使い分けたらいいか?」

を学んでいただきます。これは英会話に必要不可欠ですからね。

でも、TOEICにおいても、whichとwhereの使い分けの知識を問う問題は出題
されます。

なので、これを学んでおけば、先ほど例題として挙げた、

1. I went to the restaurant ------ we had a lunch meeting at yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

も解けるようになります。


多くの人は、

「英会話用の勉強は、

 英会話に10の効果があり、TOIECには0の効果」

と思っていますが、実際には、

「英会話には10の効果があり、TOEICには5の効果がある」

という感じです。


英会話をやるからと言って、決して「TOEICを捨てる」必要などないのです。


これは、逆も同じです。私の別の講座、

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、こちらは、

1、英文法の知識を身に付ける
2、TOEICパート5のような穴埋め問題を解く

この2つをやっていただきます。


2の部分に関しては、英会話にはそれほど役に立たないかもしれません。

しかし、1は英会話にも必要な知識です。

多くの人は、

「TOEIC用の勉強は、

 TOEICには10の効果があり、英会話には5の効果がある」

と思っていますが、実際には、

「TOEICには10の効果、英会話には5の効果」

という感じなのです。


TOEICをやるからと言って、決して「英会話を捨てる」必要などないのです。



■ただし、「理解する」という正しい学習法が必要


しかし、このように、TOEICと英会話の両方で効果を得るためには、
正しい学習法が必要です。

具体的に言うと、「理解して、正しい知識を身に付ける」という姿勢が必要
なのです。

例えば、先ほどの問題

1. I went to the restaurant ------ we had a lunch meeting at yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

において、

「場所が先行詞(上記の例だとthe restaurant)であっても、
 後ろの文にatがあれば、whichと覚えておく」

みたいに、理解しようとしないで、付け焼き刃の暗記や、いい加減な感覚で
済ませようとする人がいます。


これでは、仮にTOEICで問題を解けるようになったとしても、
英会話においては、まったく役に立ちません。

そうではなく、仕組みを理解しないと意味がないんです。

(以下は、「こう学ばないといけませんよ」という例であり、
 「これだけで理解して下さいね」という意味の解説ではありません。
 実際には、理解するには、英文法を正しく学んで理解を積み重ねる必要が
 あります)

「whichというのは、名詞。

 名詞は、S(主語)、O(目的語)、C(補語)、前置詞の後ろの4パターンで
 しか使えない。

 一方、whereというのは副詞。
 副詞はどこでも好きに入れられる。

 今回の場合、we had a lunch meeting at yesterdayという文は、
 前置詞atがあるのに、後ろに名詞がない。

 yesterdayがあるけど、これは副詞。
 副詞は前置詞とセットの名詞にはなれない。

 ということは、このままだと、これは間違った文になってしまう。

 なので、名詞を入れてあげる必要がある。
 選択肢の中で、名詞なのは(先ほど出てきたように)which。
 
 だから、whichを入れる必要がある。

 仮に今回の場合atがなかったとしたら、
 we had a lunch meeting yesterdayとなり、
 名詞が入れられる場所はない。

 その場合は、どこにでも入れられる副詞であるwhereが答えとなる」

このように、仕組みを理解していないと意味がない。

仕組みを理解していれば、試験ではどんな問題が出ても正しく答えられますし、
英会話においても、正しい英文を作ることができます。


理解していないで、無理矢理暗記や感覚で済まそうとすると、

「TOEICでは問題は解けても、英会話では役立たず」

あるいは

「英会話ではある程度言えても、TOEICでは役立たず」

ということになってしまいます。


今回の話は以上になります。

TOEICと英会話は、まったく同じではないものの、

「正しい知識を身につけなければならない」

という点は同じ。

ですので、TOEICの勉強をしても、ある程度は英会話に役立ちますし、
英会話の勉強をしても、ある程度はTOEICに役立ちます。


しかし、それは、暗記や感覚などではなく、
正しく仕組みを理解する形で学んだ場合の話です。

ぜひ、TOEICのスコアアップ、そして、英会話上達のためにも。

そして、何より、1つの勉強で両方に役立つ形になるように、
正しく仕組みを理解する形で学んで行きましょう。


TOEICにも役立ちつつ、英会話に必要な英文法の知識を学び、
その知識を英会話でどう使えばいいかを学び、英文を作る練習をしたい方は、

冒頭でお話しした、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日9日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。