fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語は単語を知っていても読めない!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

冒頭でお話しさせていただきましたが、現在、5月病撃退応援キャンペーンを
しています。

ゴールデンウィーク中でご覧いただいていなかった方もいらっしゃるとかと思
いますので、まだご覧いただいていない方は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/201705_re35.htm


ゴールデンウィーク明けの今号は、

「英語は単語・熟語さえ知っていれば読めると思っていませんか?
 読めないんですよ」

というお話をさせていただきます。


■世の中のリーディングのイメージ


皆さんご存知のように、
日本の学校英語教育では、リーディングに力を入れてやります。

そして、学校では基本的に、日本語に訳して読むように教わります。

I think that this textbook is great.

だったら、

「私はこの教材は素晴らしいと思います」

と訳して読むように教わります。

さらに一歩進んだ指導をする先生だと、それだと読み返しをしてしまうので、
英語の語順で読むように教えます。

上記の文だったら、

I          私は
think        思います
that this textbook この教材は
is         だ
great        素晴らしい

というように、日本語としては変でも、英語の語順で、先頭から真っすぐに
読み返さずに読むように教えます。


「先頭から真っすぐに読み返さずに読ませる」

これはいい点ですね。


この方法を知ると、このように読んで行けば、単語や熟語をすべて知っていれ
ば、長い文でも、読み返すことなく読めるように感じます。

例えば、

Because the police confiscated the suspect's property, the German
American couldn't show any evidence against the allegation.

では、それなりにむずかしい単語が使われています、単語さえ知っていれば、

because         〜なので
the police        警察は
confiscated       没収した
the suspect's property 容疑者の財産
the German American   ドイツ系アメリカ人は
couldn't show      示せなかった
any evidence      何も証拠を
against the allegation 嫌疑に反対する

のように、読み返すことなく、意味が取れるようになったりします。


リーディングはこのようなイメージが定着しているためか、

「単語・熟語さえ知っていれば英語は読める」

と思っている方が多いのです。



■あれ? 読めないぞ


しかし、この方法は1つ大切な点を見落としているのです。

それは、「それぞれの単語が文中でどんな役割を果たしているのか?」、
言い替えると「構造」を意識していないことです。

つまり、

Because the police confiscated the suspect's property, the German
American couldn't show any evidence against the allegation.

で言えば、

Because the police confiscated the suspect's propertyは副詞、

the German Americanは主語(S)
couldn't showが動詞(V)
any evidence against the allegationが目的語(O)

というような、文の構造をまったく無視しているのです。


「そんなこと意識しなくても読めるよ」

と思うかもしれませんが、これがむずかしい文になると読めなくなってくる
のです。

例えば、

Rachel is going to go to the office to meet the president and ask him
to let her talk to the customer his employees has been having
difficulty telling that it was not the company's responsibility.

という英文。

それほどむずかしい単語・熟語は使われていません。

あえて言うと、

・let          許す
・employee        従業員
・have difficulty -ing 〜するのに苦労する
・responsibility    責任

ぐらいでしょうか。


しかし、正しく意味をスラスラと取れる人は少ないです。

単に意味をつなげる、

Rachel       レイチェルは
is going to go to 行く予定だ
the office     オフィスに




という方法では正しく意味が取れないのです。


それは構造への意識がないから。

RachelがS、
is going to go toがV

であるとか、

to meet以下は、不定詞であり、副詞であるとか、

andはmeet the presidentとask以下を合体させている、とか、

ask him to let…は第5文型で、to letの主語はhimに当たる、とか、

こういった諸々の点を考慮していないからです。


そのため、どの単語がどのような役割を果たしているのか把握することができ
ず、意味が取れないのです。



■構造を意識する! 英文法だ!


このようなむずかしい文を読むには、構造を意識することが必要不可欠。

そして、先ほどのお話でお気づきになられたかと思いますが、
「これが主語で、これは不定詞で副詞で」のように、構造と言うのは英文法
です。

英文法が分かっている人であれば、構造が取れる。

構造が取れれば、

「レイチェルは社長と会い、彼女にそれは会社の責任ではないと伝えるのに彼の
 従業員たちが苦労し続けている顧客と話すことを許すよう彼に頼むために、
 オフィスに行く予定だ」

と意味が取れるようになります。


上記の話を見て、

「えー、英文法!? そんなのイチイチ意識するのはめんどうだ!
 そんなことしてたら余計遅くなるのでは?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、「意識しないと読めない」という現状を考えてみてください。

意識しなくてもスラスラと意味が取れるのならいいでしょう。

でも、意識せずに感覚でやっていたら意味が取れないのでしたらどうしょう?

A: 大変かもしれないけど、意識して読む
B: 楽だから感覚で読もうとするが、意味が取れない

この2つの選択肢だったら、Aの方が良い選択肢ですよね?

楽に意味が取れればそれがベストなのでしょうが、
それができないのなら、Aがベストの選択肢です。


それに、知識をつけ、練習を繰り返して行けば、
徐々に大変さは薄らいでいきます。

最初は、いちいちいろいろと意識しないと読めないでしょう。

しかし、その練習を繰り返して行くと、
徐々に、意識しないで読めるようになります。

ピアノを習い始めたときは、
「これがドだ」とか意識したり、鍵盤を見ながらやらないと弾けませんが、

慣れてくると、「これがド」とか意識せずとも、
鍵盤を見ずともすらすら弾けるようになるのと同じです。


英語も、最初は「これが主語で…」とか意識しないとできませんが、
練習を繰り返すと、意識しないでもできるようになってきます。

最終的には、むずかしい文でも、日本語のようスーッと読めるようになって
きます。


そのためには、

1、英文法を学ぶこと
2、英文法の知識を活かした読み方を知ること
3、2の読み方を使って、実際に読む練習をすること

これが必要不可欠になります。


冒頭でお話しさせていただいた、

5月病撃退応援キャンペーン中の、
http://51.thebelltree.com/201705_re35.htm

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

では、上記の1〜3をすべてやっていただけます。


今回のお話は以上になります。

リーディングのための英文法を身につけ、さらに英文法を活用した「読み方」
を身につけたい方は、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日5月11日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。

冒頭でお話しさせていただいたように、
期間限定で、5月病撃退応援特典「正しいTOEICの取り組み方」おつけします。
http://51.thebelltree.com/201705_re35.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。