fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEICのパート5、6の英文法問題の傾向とは?





今号も引き続き、TOEICのお話です。

前号はスコアの仕組みについてお話しいたしましたが、
今号はリーディングセクションについてお話ししたいと思います。


TOEICを受けたことがある、あるいは興味がある方はご存知だと思いますが、
リーディングセクションの概要をお話ししておきます。


■パート5 短文穴埋め問題(40問)

The building over there is the hospital ------ I visted last week.

(A) which
(B) who
(C) where
(D) whose

のように、1つの文の中に、1つ穴があり、そこに入る適切なものを4つの中か
ら選びます。


■パート6 長文穴埋め問題(12問)

パート5は1つの文でしたが、それが長文になったバージョンです。

長文にはなっていますが、文脈で判断する問題は少なく、
実質はパート5と同じ問題と言えます。


■パート7 読解問題(48問)

長文を読んで、その内容に関する問題に答える、典型的な読解問題です。

こちらも4択問題です。

ただ、TOEICの場合、普通の文章というよりも、図や広告など、文字数が少ない
ものが多く出題されます。



このように3つに分かれているのですが、
実質は2つと言えます。

パート6は長文という形をとってはいますが、
文脈で判断する問題は少ないのです。

つまり、読まなければならないのは、選択肢の付近だけ。

実質はパート5と同じ問題と言えます。


今回は、パート5と6についてお話ししたいと思います。

パート5、6は穴埋め問題なのですが、
実は大きく2つに分けることができます。


1、語彙の問題
2、英文法の問題


「語彙の問題」というのは、「単語・熟語を知っているか?」という問題です。

例えば、

Bob Miller is working here only on a ------ basis.

(A) preliminary
(B) preeminent
(C) provisional
(D) probable

というような問題。

すべての選択肢が、文法的には正しいのですが、
意味が合うのは1つだけ、という問題。


文法的にはすべて合っているのですから、
あとは、その単語を知っているかどうか?

純粋に知識が問われる問題です。


ちなみに、答えはCのprovisionalで、

「ボブ・ミラーはあくまで臨時で、ここで働いている。」

という意味になります。


一方、「英文法の問題」というのは、「英文法を理解しているのか?」という問
題です。

例えば、

The building over there is the hospital ------ I visted last week.

(A) which
(B) who
(C) where
(D) whose

という問題。


語彙の問題とは逆に、すべての単語を知っていても、英文法を理解していないと
問題は解けません。

逆に、文法の問題の場合、知らない単語でも、文法の知識があれば解ける問題は
たくさんあります。


ちなみに、答えはAのwhichで、

「そこにある建物は私が先週訪れた病院だ。」

という意味になります。


外側の文は、

          S    V      C
│The building over there │is│the hospital <------ I visited...>│
└────────────┴┬┴─────────────────┘
              SP2

関係節の中身は、

 S    V   O
│I │visited │   (last week)│
└─┴──┬─┴────────┘
     SP3

で、Oに穴がある。


Oになれるのは、名詞だけ。

名詞なのは、AのwhichとBのwhoだけ。


先行詞、the hospitalはモノなので、答えはAのwhich。

というように、英文法に対する、「理解」が求められます。


同じパート5、6でも、このように、まったく違う能力が求められるんです。

さて、では、この語彙と英文法の問題の比率は?

というと、私がTOEICの公式問題224問を調べてみたところ、

語彙の問題:英文法の問題 = 44.64:55.36

となりました。

※:内訳の詳細は↓で
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


ちょっとだけ、英文法の問題の方が多いんですね。


さて、その英文法の問題なんですが、実は

TOEICの英文法の問題には大きな特徴があります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


実は、英文法の問題のうち、96%には共通の特徴があるんです。

それは、

「構造の分野の問題である」

ということ。


英文法の分野は大きく2つに分けることができます。

構造の分野と、非構造の分野です。

※:内訳の詳細は↓で
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


構造の分野、というのは、

品詞、文型、副詞、前置詞、接続詞、倒置、準動詞、第5文型、疑問節、
関係節、比較

など、「文の形」に関する分野です。


構造の分野はイチからの積み重ねです。

例えば、前置詞を理解しようと思ったら、品詞や文型の知識がないと理解でき
ません。

関係節を理解しようと思ったら、品詞、文型、前置詞、接続詞、準動詞、疑問節
など、他の分野の知識がないと理解できません。


つまり、

1、順序よくやる
2、途中でつまずかない

という2点がとても重要なのです。


関係節が理解できないからと言って、
その関係節自体に問題があるとは限りません。

まだ、品詞、前置詞など、その前に学習すべき分野を抜かしてしまっているのか
もしれませんし、

あるいは、その他の分野をやったけど、まだ理解が不十分なのかもしれません。


そんなときに、関係節だけをいくら頑張っても理解することはできません。

遠回りのように感じても、他の、前に学習すべき分野から、しっかりと足場を固
めていかなければなりません。


ところが、本当の基礎である、品詞や文型から、きっちりと教えてくれる参考書
って世の中になかなかないんです。

中学1年生で習う分野で、「そんなの知ってるだろ」と思っているのか、
なぜかすっ飛ばされてしまいます。


でも、品詞・文型って実はとーっても重要なんです。

なんと、TOEICのパート5、6の約1/4が品詞・文型の問題なんです。

文法問題だけに限定すれば、約半分が品詞・文型になります。


TOEICで出るだけじゃなく、
他の分野を理解するのには、どの分野だろうと必要な知識です。


この分野が分かっていないと本当に苦労します。

私は高校2年生のとき、英文法でもがいていて、
勉強しても、勉強しても、偏差値が上がらなかったのですが、

品詞・文型からやり直したところ、
あっさり、2ヶ月で53→72に上がってしまいました。


その英文法の基礎、品詞・文型から、順序よく、分かりやすく、
英文法の構造をしっかりとお教えするのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


1週間に6日のペースで、毎日すこーしずつ、英文法を基礎からメール+音声で
お教えいたします。

分からないところがあっても、制作者である私に直接メールで質問できます。

すでに、800名様が受講している、大好評の講座です。

第8期生の締切は明日10日木曜日の24時となりますので、
お急ぎ下さい!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


英文法を基礎から一緒に頑張って行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >













TOEICのテクニック 全問正解は諦める!
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_68.html
今号からちょっと、TOEICのお話をしたいと思います。TOEICは、リスニングと...

TOEICのパート5、6の英文法問題の傾向とは?
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_69.html
今号も引き続き、TOEICのお話です。前号はスコアの仕組みについてお話しいたしま...

TOEICリーディングセクションは時間内に全問解けない? 時間足りない?
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_70.html
今号はTOEICのリーディングセクションの全体のお話をしたいと思います。リーディ...

TOEIC試験直前対策には単語帳をやろう!
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_71.html
今号は今週の日曜日、27日がTOEICということもありますので、「試験直前にやっ...

TOEICで高得点、英語でしっかりと力を身に付けるには
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_72.html
先日のTOEICを受験された皆様、お疲れさまでした。手応えが良かった方も、悪かっ...

TOEIC、英語学習の大人の利点
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_75.html
今号は、ちょっと英語学習のマインド的なお話をしたいと思います。本メルマガを読んで...

TOEIC、英語学習では感覚も重要です
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_76.html
前号で、ロジックの大切さを解説いたしました。ロジックは子供に対して、大人が持って...

TOEIC直前対策 短期間で点数を上げるには
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_78.html
前号は「児童英会話」という、ちょっと番外編のお話でしたね。今号はまた戻って、主流...

TOEIC、英語学習の基礎勉強
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_79.html
↓から、→< http://yes.legit8.com/ >音声に...

[TOEIC]基礎が終った後の英語学習は楽しい!
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_80.html
前号で、基礎の大切さをお話しいたしましたが、同時に、基礎の大変さもお話しいたしま...

TOEIC、英語学習は英文法から始めよう
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_81.html
前号で、基礎が終った後の英語学習は楽しい!というお話をさせていただいたわけですが...

TOEIC、英語学習は英文法が分かっていると単語帳、リスニングが簡単
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_82.html
前号で、基礎の3つのうち、英文法からやるのがオススメだと言う話をしましたその理由...

TOEICスコアから自分の弱点を分析
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_83.html
今週の月曜日にTOEICの結果のインターネット発表があったということで、ちょっと...

TOEICの弱点分析 リーディングができない本当の理由
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_84.html
今号も引き続き、弱点勘違いパターンを解説して行きます。3、パート7の読解問題がで...

TOEIC英文法これだけは押さえておこう!
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_85.html
英語の基礎3本柱、語彙、リスニング、英文法の中でも、特に英文法の大切さは何かか、...

[TOEIC] 前置詞のコアのイメージを作ろう
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_86.html
前号で、英文法の構造を学ぶとは、どういうことかの一例をお話いたしました。かなりの...

秋のTOEICシーズンの対策
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_87.html
秋になったり、新学期が始まったり、9、10、11月の秋のTOEICシーズン開幕に...

[TOEIC] 英単語の覚え方のコツはイメージ作り
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_88.html
前号で、英語の基礎は、語彙、リスニング、英文法とお話させていただいたところで、も...

TOEICは力まず、リラックスした方が結果的にスコアが上がりやすい
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_89.html
もうすでに、私の別のメルマガ、The English Timesでお話させていた...

[TOEIC] 覚えられない英単語は無駄じゃない!
http://www.new-toeic.net/cat19/toeic_90.html
前号の内容にはとても大きな反響がありました。「頑張らなきゃって思ってたけど、Ke...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る