fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEIC試験直前対策には単語帳をやろう!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今号は今週の日曜日、27日がTOEICということもありますので、

「試験直前にやって効果的な英語学習」

をお話しいたします。


TOEICに限らず、学校の試験、大学入試、英検など、
英語の試験なら、なんでも効果的なんで、ちょっと試してみてくださいね。


「直前である」ということにはメリットとデメリットがあります。

まずはデメリットの方から見て行きましょう。


デメリットはなんと言っても、時間がないことです。

例えば、今週の日曜のTOEICを受ける人は今日を含めても、あと4日しか対策を
やる時間がないんですよね。


でも、大きなデメリットですが、
実は直前のデメリットってこれだけなんですよね。


逆にメリットは、意外とあります。


1、やる気が出ている

英語に関しては、社会科のように暗記勝負というわけではないので、
一時期にガーッとやるより、長期間にやった方が有効です。

でも、毎日英語学習を出来ない人、
3日坊主になっちゃう人って必ずいますよね。

そんな人でも、直前だけはやる気がみなぎっているはずです。


2、今やったことは試験で忘れにくい

これって、実は「時間がない」というデメリットを逆手に見たメリットなんです

時間がないので、

・こなせる量が少ない
・英文法など理解が必要なものは、定着させるだけの時間がない

というデメリットもあるんですが、

・単語のように暗記ものなら、忘れる時間も少ない

というメリットもあるんです。



このデメリット、メリットから、何が出来るのか?

とじっくり考えてみましょう。


まず、「どれぐらいやるか?」ですが、

とにかく目一杯やることです。


普段の英語学習のことを考えるときは、
長期間に渡って、毎日コツコツと続けなければならないので、
あまりに短期間に負担をかけると長続きしません。

そのため、試験直前以外は、3日坊主の原因になり勝ちなのですが、
今回は直前です。


「試験まではやるぞ!」と開き直れますから、
その心配はいりません。

特に直前の土曜日は1日中やるぐらいの気持ちで取り組んでいいと思います。


では、「何をやるか?」ということですが、
これはしっかりと考えないと行けません。


時間がないので、忘れづらい

という反面、

知識を定着させる時間もありません。


具体的に言うと、英語の基礎3本柱、語彙、リスニング、英文法
のうち、リスニングはオススメできませんし、英文法も工夫する必要があります


リスニングというのは、あくまで完全な能力。

筋トレと同じで、日々の鍛錬が必要です。

1日にものすごい量の筋トレをやったからと言って、
いきなり筋肉モリモリになるわけじゃありませんよね?

それと同じように、短期間で一気に身に付けるものではなく、
長期間、毎日少しずつやって、身に付けるものです。


私はリスニング経験がゼロの状態から、
1年でTOEIC 900を達成いたしました。

※:その英語学習法は↓で詳しく解説しております!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


しかし、リスニング力はすこーしずつしか上がって行きませんでした。

1、毎日少しずつやっていく。でも向上した気がしない

2、3ヶ月ぐらいそれを続けると、ある日「そういえば前より向上したな」と
  気づく

という繰り返しでした。

3、4日だけ頑張ったからと言って、
リスニングは急にできるものじゃありません。


英文法は直前対策にはある程度有効ですが、
やり方に工夫が必要です。

というのは、英文法は理解するものです。


単語のように「anticipate=予期する」と意味を覚えたからと言って、
すぐに戦力になるわけではありません。

特にTOEICの英文法の問題の96%を占める、構造の分野

※:TOEICの文法問題の詳しい内訳は↓をご覧下さい。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


は他の分野との関連性があります。

例えば、関係詞が理解できていないからと言って、
関係詞が勉強不足、とは限らないんです。

関係詞を理解するには、そのほかの分野、品詞、文型、前置詞、接続詞、準動詞
などを理解している必要があるんです。


なので、

・自分がどこが分からないのか?
・何が原因で分かってないのか?

などを把握するのに時間がかかります。


※:「分かる! 解ける! 英文法!」では、順序よく、1から、
  最初の分野、「品詞」から、じっくりお教えいたします。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


それに、文法は

1、文法事項を読む
2、練習問題をこなす
3、そこから自分の理解度を確認
4、分からないところをさらに学習

というように、頭に入って行くのにどうしても時間がかかるものなんです。


そのため、直前対策としては向いていません。


ただし、以前やったものに対しては有効です。

ある程度、すでに理解しているものの復習であれば、
英文法は直前対策としてオススメです。


ゼロから理解する時間はないかもしれませんが、
ある程度分かっているものを理解する時間はあります。



最後になりましたが、やはり、直前対策で有効なのは、
何と言っても、語彙です。


しっかりと長期間にわたって覚えておくには、
リスニングのように、長期間やらないと身につかないんですが、
試験まで忘れないぐらいのレベルでしたら、
直前に徹底的にやれば、かなりの戦力になります。


もうすでに英単語帳を持っている方は、その英単語帳を、
持っていない方はすぐに買って来て、やってみてください。

音声付きのものなら、音声を流しながら、
音声に併せて音読するのも有効です。


直前対策に限って言えば、

「2000語収録の単語帳の最初の500語だけを確実に覚えてしまおう」

というより、

「2000語を全部やって、25%、50%でも覚えていればいいや」

ぐらいの姿勢でやる方が効果的です。


なぜかと言うと、単語と言うのは覚えやすいものと覚えにくいものがあります。

長期的に、しっかりとした語彙力を付けることを考えた場合は、
苦手な単語も覚えなければなりません。


しかし、今は直前対策で、

どんな単語でもいいから、できるだけ多くの単語を覚える

ことが重要です。


前号お話しした、「難しい問題も、簡単な問題も、同じ1問正解」
にそっくりですが、

直前対策では、

「覚えやすい単語も覚えにくい単語も、同じ1単語という戦力」

なんです。


2000語収録の単語帳なら、
2000語のうち、覚えやすいものだけ覚えちゃえばいいわけです。


私はいつも試験前は、単語帳の音声に併せて徹底的に音読していました。

全部は覚えられないですし、長期的には覚えられません。


しかし、試験直前対策としてはとても有効でした。


試験直前の方はぜひお試し下さい!


ただ、これはあくまで「試験直前対策」です。

長期的な視点で見て、しっかりとした英語力を身に付けることを考えた場合は、
全然違う学習法になります。

その英語学習法についてさらに詳しくは↓で詳しく解説しております。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

英文法を1からしっかりやりたい方は↓からお教えしております。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。