fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英文法は面白い!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回のテーマは、非常にシンプル。

「英文法は面白い!」

というものです。


■よくいただく嬉しいご感想


私は、冒頭でお話しさせていただいた、

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

など、英文法関連講座をやらせていただいております。


その中で、よくいただく嬉しいご感想が、

「こういう仕組みだったのか! というのがどんどんわかっていって楽しい」
「なるほどそういうことだったのか! とモヤモヤか解決して面白い」

というもの。


「英文法って、ちゃんと仕組みがあって、それを理解できれば、謎解きのような
 面白さがあって楽しいんですよ!」

というのは、私が最も伝えたいメッセージでもあるので、
こういったご感想をいただくことは、本当に嬉しいことです。


そして、これは私自身が、英語が苦手だったときに感じたことなので、
その気持ちもよくわかるんです。

メルマガではよくお話させていただいておりますが、
私は、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

でも、キッカケをつかみ、学習法を変えたことにより、
どんどん英語ができるようになり、

TOEIC 990(満点)、英検1級に到達できました。


そのキッカケが、

「え? 英語ってこんな仕組みがあったの?
 理解できれば、すごく楽しいじゃないか!」

という発見だったのです。



■英文法は誤解されている


しかし、私が、

「え? 英語ってこんな仕組みがあったの?
 理解できれば、すごく楽しいじゃないか!」

と気づくことができたり、受講生様に、

「そういうことだったのか! 仕組みがわかって楽しい!」

と言っていただくのも、裏を返せば、

「それまでは違う学び方をしていた」
「それまでは、仕組みを意識した学び方をしていなかった」

ということでもあるのです。


日本の英語教育というのは、伝統的に、

「暗記・感覚・日本語訳重視」

です。

「論理的な仕組みの理解」は軽視され勝ちです。


例えば、私が、「英語にはこういう仕組みがある」と教えてくれる先生に出会う
までは、英文法は暗記だと思っていました。

例えば、

This is the hospital where I was born.
「ここが私が生まれた病院です」

のように、whereは場所が先行詞の使う、という事項は、

「場所が先行詞(関係詞の直前にある名詞)ならwhereだ」

と暗記。


でも、暗記してもいくらでも例外は出てくる。

例えば、

1. I went to the supermarket ------ you talked about yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

だと、場所が先行詞(the supermarket)でも、
答えはAのwhichの方。Bのwhereは間違いです。


そうすると、私の学校の先生は、

「aboutがあるだろう? だからwhichなんだ」

と教えてくれます。

なので、私は、

「aboutがある場合はwhichが答え」

と覚えます。


しかし、また例外が出てくる。

2. I went to the supermarket ------ you talked about your trip
  yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

となると、aboutがあるのに、答えはBのwhereになります。

すると、先生は、

「aboutがあっても、後ろにyour tripとか目的語があればwhereなんだ」

と教えてくれます。

なので、私は、

「aboutがあっても、目的語があればwhereだ」

と暗記します。


しかし、また例外が出てくる。

3. I went to the supermarket ------ you talked about your trip at
  yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

となると、aboutはあるし、後ろに目的語があるのに、答えはAのwhichです。

すると、また先生に聞かないといけない…。


それに、例外はまだまだ一杯出てくる。

4. I went to the supermarket ------ our plan was talked about.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

は、aboutがあって、目的語がないので、今まで暗記して来たものに従えば、
1と同じようにAのwhichが正解になるはずですが、B whereが答えです。


こうなると、もう次から次へと「覚えること」が出て来て、

「英文法って暗記暗記の繰り返しで、なんてつまらないんだ!」

と思ってしまうんです。

実際に私もそうでした。



■英文法は仕組みを論理的に理解するもの


でも、そうではないんです。

英文法を暗記するというのは間違った学習法。

そりゃ確かに暗記事項もあることはありますが、
基本的には、論理的に仕組みを理解するものです。

例えば、先ほどいろいろと扱った関係詞だったら、

※:以下は、「このように仕組みを理解する形で学ぶべきものですよ」という
  ことを示すだけのものであり、「以下の解説だけで理解して下さい」という
  ものではありません。

「関係詞は後ろに文を置いて使う。
 しかし、関係詞も文の一部である。

 だから、
 
 I went to the supermarket which you talked about yesterday.

 だったら、whichはyou talked about yesterdayという文の一部である。

 whichは名詞であり、talked aboutという動詞の目的語になっている。
 (名詞だから目的語として使える)

 それなのに、whichをwhereにしてしまい、

 I went to the supermarket where you talked about yesterday.

 とすると、whereは副詞だから、talked aboutの目的語がなくなってしまう。
 (副詞は目的語になれない)

 だから、

 1. I went to the supermarket ------ you talked about yesterday.

 (A) which
 (B) where
 (C) whose
 (D) why

 で、Bのwhereを選ぶと間違いで、Aのwhichが正解である」

というように、ちゃんと仕組みがあるんです。


そして、仕組みの理解というのは積み重ね。

例えば、上記の説明は、

「talk aboutの目的語は必ず必要」
「目的語になれるのは名詞だけ」
「副詞は目的語になれない」

という知識があることを前提にした説明です。


こういった前提知識もすべてひっくるめて、
最初から、積み重ねる形で学んで行くと、

「あー、そうだったのか! だからこうなるんだ!」

という謎解きのような面白さがあるんです。


私は幸いにして、これを教えてくれる恩師と出会うことができました。

多くの先生は、「目的語って何?」みたいに、非常に基礎的な質問をすると、

「え? そんなことも知らないのか!?」

とバカにしたりするものですが、その先生は、

バカにしなかったばかりか、

「目的語って知ってる?」

と確認して、「ちょっとわからないんです」と言えば、

「そうか、目的語というのはね…」

と、基礎からじっくりと教えてくれる先生でした。


こうして、基礎から仕組みを理解することを積み重ねた結果、英語ができるよう
になり、TOEIC 990(満点)、英検1級を持つまでにいたりました。

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

などの、英文法講座では、受講生の皆様に同じように、

「そうだったのか!」

という体験をしていただければという想いでやらせていただいております。


今回のお話は以上になります。

「英文法が暗記でつまらない」

というのは誤解です。

暗記が皆無なわけではないですが、英文法は、

「論理的に仕組みを理解するもの」

です。

そして、仕組みを理解できれば、「そうだったのか!」という謎解きのような面
白さがあります。

そして、理解できれば、一気にレベルが上がることもあるんです。
(逆に、暗記で済まそうとしていると、
 いくらがんばっても、なかなか上達しない)


英文法を順番通り、感覚や暗記ではなく、
仕組みを理解する形で学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日27日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。