fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話での「間違い」はどちらのタイプ?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は英会話についてのお話。

「同じ"間違い"でもタイプがあり、対象方法が違う」というお話になります。


■ネイティヴ講師に習うメリットは多いですが…


「英会話のために知識をつける」というと別ですが、
実際に英会話をするレッスンと言うと、やはりネイティヴ講師をイメージする
方が多いです。

そして、ネイティヴ講師に習うのは、実際にメリットがあります。


英語面でもそうですが、英語圏の人の考え方とか、会話の進め方というのは、
日本人とは違います。

普通に日本人と会話するつもりで会話していると、

「え? そこにこだわるの?」

「え? 何? これのどこが問題なの?」

「えー? そういう方向に考えるかぁ」

と意外な反応をされて、ビックリすることがあります。

こういった経験は、ネイティヴ講師とのレッスンならではのメリット。


また、

「英文法的には合っているけど、あまり自然とは言えない英文」

に対して指摘をしてもらえるのも良い点。


例えば、

「お住まいはどちらですか?」
「根岸なんです」

というように、住んでいる場所を述べる意味で、

My house is located in Negishi.

と言う人がいますが、これは文法的には正しく、意味も通じる文ですが、
ちょっと不自然。あまりネイティヴはこういう言い方をしません。

普通は、

I live in Negishi.

と言います。


文法的には正しいし、意味も通じるのですから、
こういった「間違い」は教材には載っていません。

誰かから指摘してもらわないと気づかない点。

日本人講師でも指摘はできますが、
こういった「文法的には正しいけど不自然」という英文に対してはネイティヴ
が得意とするところです。



■指摘がごちゃまぜに


上記のように、ネイティヴ講師のレッスンを受けることはいろいろと
メリットがあるのですが、欠点もあります。

私は14年以上、22,700名以上の方に英語指導をさせていただいて来ていますが、
よく、

「ネイティヴに〜は間違っていると言われたのですが、
 よくわかりません」

というご相談を受けることがあります。


それを見ていると、指摘がごちゃまぜになってしまっていて、
それが学習者を混乱させていることがよくあるんです。

例えば、先ほどお話したように、

My house is located in Negishi.

という英文は、不自然な英文です。


一方、「3時間前に宿題を終わらせてますよ」という意味で、

I have finished my homework three hours ago.

と言ったとしましょう。

この英文は間違った英文です。


My house is located in Negishi.も、
I have finished my homework three hours ago.も、

ネイティヴは、

「そうじゃないよ。〜とするべきだ」

と指摘します。


確かに、両方とも「ネイティヴはそうは言わない」という点では同じで、
ネイティヴからすると、両方とも「間違った文」と感じる。

でも、「間違いのタイプ」がまったく違うんです。


My house is located in Negishi.

は、「英文法的には正しいけど、不自然な英文」です。


一方、

I have finished my homework three hours ago.

は、「英文法的に間違っている英文」です。


「英文法的には正しいけど、不自然な英文」と、
「英文法的に間違っている英文」では、対処方法がまったく違うべきなんです。


「英文法的に間違っている英文」でしたら、教材で学べば理解できるもの。

講座や教材を使って、英文法を学んで行けば、

「three hours agoのように過去のどの地点かをはっきり言っている場合は、
 現在完了形は使えず、過去形でないといけない」

ということが書いてあります。

ですから、

I have finished my homework three hours ago.

I finished my homework three hours ago.

と、正しく修正ができます。


しかも、この

「過去のどの地点かをはっきり言っている場合は、
 現在完了形は使えず、過去形でないといけない」

という知識は、いろいろな英文に応用できます。

この知識があれば、

「何となく現在完了形を使ってしまいそうだけど、過去形を使うべき」

という状況にはすべて対処できます。

I have been to Osaka three years ago.

I went to Osaka three years ago.
「3年前に大阪に行ったことがあります」

I have lived in Okinawa for four years when I was in college.

I lived in Okinawa for four years when I was in college.
「大学生のとき、4年間沖縄に住んでいた」


ところが、「英文法的には正しいけど、不自然な英文」でしたら、基本的には
教材では学べません。

英文法的には正しいのですから、
いくら英文法の教材を見ても書いてありません。

英文法の教材に限らず、こういった「文法的に正しいけど不自然」がいろいろ
書かれている教材はほとんどありません。


それに、「文法的に正しいけど不自然」は、応用が利きません。

英文法は様々な英文に応用ができましたが、

「My house is located in Negishi.が不自然で、
 I live in Negishi.と言うべき」

という知識は、ほかに応用できる知識ではありません。



■対処の仕方が違う


従って、

「英文法的には正しいけど、不自然な英文」と、
「英文法的に間違っている英文」では対処の仕方が違います。


英文法的に間違っている英文でしたら、英文法の教材を見返したりして、

「なぜ間違いなのか? どうすれば正しいのか?」

を徹底的に学び、論理的に理解し、ほかにも応用できるようにすべきです。


一方、「文法的に正しいけど、不自然な英文」でしたら、
教材には載っていませんし、特に理由もないものですから、

「そういうものなんだ、覚えておこう」

と、そのまま暗記すべきものなのです。


しかし、ネイティヴ講師のほとんどは、英文法の知識がありません。

ほとんどの日本人が日本語の文法の知識がなくてもペラペラ日本語を話せる
のと同様、ネイティヴも英文法の知識はほとんどないのです。

そのため、

「英文法的には正しいけど、不自然な英文」
「英文法的に間違っている英文」

の区別がつかず、同じように

「間違いだ」

と指摘してしまうんです。


そうなると、学習者は戸惑ってしまい、場合によっては反対の対応をしてしまう
ケースがあります。

「英文法的に間違っている英文」なのに、
何も考えずに、そういうものとして暗記してしまう。

その結果、応用が利かない。

I have finished my homework three hours ago.

I finished my homework three hours ago.

は直ったけど、

I have been to Osaka three years ago.
I have lived in Okinawa for four years when I was in college.

と、またまた同じ間違いを繰り返す。

ちゃんと英文法を学び直していればそういうことはないのに…。


逆に、「文法的に正しいけど、不自然な英文」なのに、

「え? 教材に載っていたかな? 徹底的に調べてみよう」

と、いろいろと調べるが、結局載っていない…、と労力と時間をムダにして
しまう。


こういったケースが多々見受けられます。


ネイティヴ講師のレッスンは確かに役に立つのですが、
指摘の種類がごちゃまぜになっています。

そのため、レッスンを受ける生徒の側が、

「英文法的には正しいけど、不自然な英文」
「英文法的に間違っている英文」

のどちらのケースなのか? を見分けて対処しないといけないのです。


そして、見分けるには英文法の知識がないとできません。

ですので、できればネイティヴ講師のレッスンを受け始める前に、
英文法を「英会話で必要な部分」だけでもいいので、一通り学んでおく。

もし、すでにレッスンを受け始めているのなら、
最低限、並行して英文法も体系的に学ぶ、ということが必要になってきます。


しっかりと英会話のための英文法を学び、英会話を上達させたい方に、
冒頭でお話しした、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日12日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。