fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語を感覚だけで突き進むと…

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は「英語学習を感覚だけで突き進むと…」というお話になります。

中級者の方にもお読みいただきたいお話ですが、
特に初心者の方にお読みいただきたいお話になります。

※:あくまで主観ですが、初心者は、TOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言えば、「前置詞、従属接続詞を何となくでもわかって
  いないレベル」かと思います。


■日本の英語教育


日本の英語教育というと、暗記や感覚重視の方針が一般的です。

例えば、

This bag was so heavy that I couldn't carry it.

という英文だったら、

「このバッグは重すぎて、私は運べなかった」という意味ですよ。

というように、日本語に訳して終わり。

「日本語に訳せば、あとは感覚でわかるでしょ?」

という指導方法が一般的です。


あるいは、

「so…that〜で、"あまりに…で、〜だ"という意味だと覚えてくださいね」

と、暗記させて終わり、というケースが多い。


逆に、

「so thatというのは、soとthatで形容詞か副詞を挟みます。

 そして、その形容詞or副詞の程度を、従属接続詞that以下で説明します。

 上記の例だと、heavyだった。じゃあどのぐらいheavyだったかというと、
 I couldn't carry itなほどだった、という意味です。

 thatは従属接続詞です。
 従属接続詞は、必ず後ろに文を置いて使う物ですから、
 thatの後ろには必ず文を置きます」

というように、仕組みを論理的に学ぶのはあまり一般的ではありません。


このように、中学・高校と、日本の英語教育は感覚重視、論理軽視であるた
め、大人になってからも、普通に英語学習していると、知らず知らずのうちに、

「感覚で突き進む英語学習」

になってしまうケースが多いんです。



■感覚だけで最後まで突き進めるのは、ほんのごく一部


これは人にもよりますが、感覚だけで突き進むのは、

「いろいろと考えなくていいから、楽と言えば楽」

と言う人も多いです。


「一般的な方法であり、楽」となると、
そのまま突き進みたくなりますし、実際にそうする人も多いのですが、

感覚だけで最後まで突き進める人はほんのごく一部なんです。


ほとんどの人は、感覚だけでは、どこかで壁にぶち当たります。

「初心者の壁を破れず、中級者に到達できない。
 いつまで経っても、初心者に留まってしまう」

というケースもありますし、

「中級者までは来たけど、壁にぶつかり、上級者になれない」

というケースもあります。


「感覚」というと、どうしても才能に大きく影響されるんです。

例えば、先ほどの

This bag was so heavy that I couldn't carry it.
「このバッグは重すぎて、私は運べなかった」

という例で言えば、こういった例文だけで、

「so thatで、形容詞を挟むんだな」
「that以下には文を置くんだな」
「that以下で、挟んだものの程度を説明するんだな」

ということを、感覚的に感じ取れてしまう人もいます。


その一方で、まったくそういうことを感じ取れず、
例文から1単語でも変わると、まったくわからなくなってしまう人もいます。


感覚でいろいろと感じ取れる人は、ある程度までレベルアップします。

感じ取れる人は、感覚だけで中級者まで到達できるケースが多いです。

一方、感じ取れない人は、感覚だけでは初心者に留まるケースが多い。
(私はそのタイプの人でした)


ただ、程度の差はあれ、感覚でかなりの上級者まで到達できる人は、
本当にほんの一握り。

よっぽど感性が優れていて、才能に恵まれている人です。


いずれは、感覚だけではわからない部分に遭遇して、
どこかで壁にぶつかってしまうんです。


例えば、ある程度は、so thatを使った英文をできるようになったけど、
ときどき、

That train was so crowded that even I move my hands was difficult.

That train was so crowded that washing potatoes.

とか、間違った英文にしてしまう。


しかし、ここで感覚はそろそろ限界になって来るんです。

感覚的な説明では、

「even I move my hands was difficultはおかしいでしょ」

とか、

「washing potatoesじゃなくて、it was like washing potatoesだよ」

のような説明になってしまう。
(「説明」とすら呼べないかもしれません)


そこで、感じ取れる人はいいのですが、
感じ取れないともう終わりです。

「感じ取れ!」「気合いだ!」

とか言っても、わからないものはわからないんです。


そこで必要になるのが、「論理的な説明」なのです。

論理的な説明なら、

「thatの後ろは文じゃないといけないんだよ。
 even I move my hands was difficultとかwashing potatoesって、文の形
 をしていないでしょ。

 文と言うのは、第1文型(SV)、第2文型(SVC)、第3文型(SVO)、
 第4文型(SVOO)とか、そういう形をしていないといけないんだよ。

 (S=主語、V=動詞、O=目的語、C=補語)」

「even I move my hands was difficultって、IがS、
 moveがV、my handsがOで、第3文型。これで終わり。
 
 またwasってVが来るのはおかしいの」

という説明ができるんです。


それでもわからなければ、

「そもそも文の仕組みというのは…」

と、どんどん掘り下げて説明して行くことができるんです。


これなら、感じ取れないタイプの人。
感覚だけでは、初心者の壁を破れない人でも理解できます。

現に私はそうでした。

感覚重視の方法は私には合わず、何も感じ取れず、
1単語でも変わると、応用が利かない。

中学時代は通信簿2(5段階)、高校時代は偏差値30と英語が苦手でした。

しかし、論理的に1から仕組みを学んだところ、
どんどん英語ができるようになり、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級に
到達しました。



■どこかで壁にぶつかる


程度の差はあれど、感覚だけでは、どこかで壁にぶつかります。

感覚だけで、かなりの上級者まで到達できる人はほんの一握り、
よっぽど、感性が優れている人です。

中級者までは到達できるけど、大きくバランスが崩れていて、
壁にぶつかっている人は本当に多いんです。

例えば、

「TOEICで、550〜750ぐらいのスコアで、
 リスニングセクションのスコアの方が、リーディングセクションのスコアよ
 りずっと高い」

こういう方は、「中級までは伸びたけど、そこで壁にぶつかっている」という
典型パターンです。


今初心者の方は、まだ壁にぶつかっていない人でも、将来そうならないために
も、今のうちから、しっかりと論理的に英語学習しておく必要があります。

もうすでに壁にぶつかっている初心者の方はなおさらです。
直ちに論理的な英語学習をする必要があると言って良いでしょう。


初心者の方、あるいは、大きくバランスが崩れている中級者の方で、
英語の基礎を論理的にしっかりと学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

語彙力診断もできますし、
その診断結果に応じて、適切な語彙強化法も知ることができます。


締切が明日5日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。