fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語の「読み方」はこれを想像する?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

ここ数回お話させていただいているように、10月は1年を通して、
「2番目に英語学習熱が熱い月」です。

なので、「ぜひこれをお伝えしたい」というお話をさせていただいております。

今回は「読み方についての誤解」。
特にTOEICではよくある誤解になります。


■「読み方」というとこれを想像する?


メルマガでは、よく「読み方が重要」というお話をさせていただいておりま
す。

英語と言うと、

I think this project is going to succeed.

I           私は
think         思います
this project     この計画は
is going to succeed 成功すると

のように、単に先頭から意味をつなげて感覚的に読むもの。

あるいは、「とにかく一杯読んでいればいい」と考える人が多いです。


しかし、「こう読むべき」というちゃんとした読み方があり、
そうでないと、長い文や複雑な文が読めなくなってしまいます。


しかし、「読み方」と言うと、ちょっと別な方向に勘違いしてしまう人も
多いんです。

特にTOEICを受験される方に多い。

具体的に言うと、

「飛ばし読み」
「パラグラフリーディング」

こういったものと勘違いする人が多いんです。



■確かに時間が足りないかもしれませんが…


TOEICを受験したことがある人は皆さん痛感されますが、
TOEICはとにかく時間が足りない試験です。


リスニングセクションは、放送に併せて解いて行くので問題ありませんが、
リーディングセクションは、自分で時間配分しないといけません。

100問を75分以内に解ききるように時間配分しないと、
まだ解き終えていないのに、時間切れになってしまいます。


そして、実際に、時間切れになってしまう人の方がずっと多い。

そうすると、

「あー、自分は読むのが遅いなぁ」

と感じたり、もっと極端になると、

「TOEICは普通に読んでいたんじゃ終わらない試験だ。
 要点だけを読む、特殊なテクニックを身につけないと終わらない試験だ」

と思ってしまう人います。


そこで、

問題で問われるところだけを飛ばして読む「飛ばし読み」とか、

パラグラフ(段落)の要点だけを拾って読む、
「パラグラフリーディング」とかを身につけようとする人が出てきます。


英語の読み方と言うと、こういった、

「特殊なテクニック」

を思い浮かべる人がいますが、そうではないんです。


私が言う読み方というのは、

「長い文だろうが、複雑な文だろうが、
 左から右に真っすぐに、読み返すことなく読む方法」

のことで、要するに、

「日本人が日本語を読むのと同じようにすーっと読むこと」

なのです。


The pathway many people think is a sidewalk is actually what Europeans
call a bike path dedicated to cycling.

のように、複雑な文だと、単に意味をつなげるだけでは読めません。

「pathwayとmany peopleは名詞2つが並んでいるから、
 many people以下がpathwayを修飾している」

とか

「think isと動詞が2つ並んでいる。
 ここにはもともとはpathwayが入っていた」

とか、

「着目すべきポイント」を意識して読む方法のことです。

※:意味は「多くの人が歩道だと思っている通路は実はヨーロッパ人が自転車
  専用の自転車通路と呼ぶ物だ」


この練習を繰り返せば、
上記のようなことは無意識にできるようになり、まるで日本語を読むのと同じ
ように読めるようになります。

「読み方」というのは、単に、

「日本語と同じように読めるようになるために意識して練習すること」

に過ぎず、

「飛ばし読み」
とか
「パラグラフリーディング」

のような特殊なテクニックではないのです。



■TOEICは普通に読んで時間内に終わります


それに、TOEICは「特殊テクニックを使わないと時間以内に終わらない試験」
と思っている人がいますが、そんなことはないんです。

私はTOEIC 990(満点)を持っていますが、
何も特殊な方法で読んでいません。

日本語の新聞を読むように、単に「左から右に真っすぐ読んで行く」
こうしただけです。

普通に読むだけで、TOEICはちゃんと時間内に終わらないのです。

時間内に読めないのは、

「普通に読む」という能力が不足しているから。


だったら、普通に読む能力を上げれば良いのであって、
それを特殊なテクニックを身につけようとしてごまかすものではありません。

それにそもそも、

「飛ばし読み」とか「パラグラフリーディング」

というのは、普通に読むことよりむずかしいことです。


例えば、日本人だったら、みんな「普通に読む」ということはできます。

しかし、「飛ばし読み」とか「パラグラフリーディング」なんかは、
全員ができるわけではありません。

私も日本語で(もちろん英語でも)それができるかと聞かれれば自信が
ありません。

「英語を普通に読む」ことの方がよっぽど自信があります。


日本人が日本語でやろうとしてもむずかしい、
「飛ばし読み」や「パラグラフリーディング」を身につけようとしても、
結局のところ失敗する人が多いんです。

それよりは、

「英語を普通に読めるようになる」

このシンプルな目標を追求した方が、TOEICでも、実用英語でも役に立ちます。


以上が今回のお話になります。

「読み方」を身につけて、リーディング力をアップさせたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日10月22日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。