fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話のために自己修正能力を

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は、英会話について、

「自己修正能力」

をお話させていただきます。


■英会話で必要不可欠な能力


私は、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
今はTOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。

英会話も、専門的にならなければ、かなりネイティヴに近い感じでしゃべる
ことができます。

例えば、すべて英語で行われる面接である、英検1級の2次試験は、
ほぼ満点で合格できました。

また、英会話スクールで、いろいろな生徒さんを見て来た経験があります。


その経験からして、英会話において、

「自己修正能力」

というのは、必要不可欠だと、自信を持って言えます。


では、自己修正能力とは何でしょうか?

それは、

「自分の間違いを、自分で修正できる能力」

のことです。


例えば、「私がそれを知っていたら、あなたに伝えていたよ」という意味で、

If I knew it, I would have told you.

と言ったとします。


これは間違いで、正しくは、

If I had known it, I would have told you.

が正しいです。


「知っていたら」というのは過去のことを話しており、
過去の仮定なので、仮定法過去完了。

ifの中身は、過去完了形でないといけないので、
knewと過去形ではなく、had knownと過去完了形が正しいのです。


「自己修正能力」とは、

このような間違いに気づいて、
修正する能力のことです。


これは、必ずしも、会話中にできなくてもかまいません。

会話中は、ひたすらしゃべることで大変なので、
間違いに気づかないのも仕方がありません。

それに、気づいたとしても、言ったことを言い直す時間もなかったりします。

それに、その間違いのことばっかり考えていてはスムーズにしゃべれない
ので、会話中はあえて考えないようにする必要がある場合もあります。


しかし、少なくとも、会話本番が終わった後。

自分自身で振り返る時間があるとき、

「あー、あのときは自分はあぁ言ったけど、こういうべきだったな」

と、間違いを修正する。

そして、次回以降は同じ間違いをしないようにするということです。


もちろん、また同じ間違いをしてしまうことだってあります。

しかし、またそれを修正して、
間違いをする確率を下げて行けばいいのです。

こうすれば、徐々に正しい文、適切な文がしゃべれるようになって行き、
英会話が上達するんです。



■なぜ自分でやらなければならないの?


こうお話しすると、

「確かに自己修正能力は素晴らしいことだろうけど、
 それは、ネイティヴ講師がやってくれることじゃないの?」

と思うかもしれません。


しかし、残念ながら、ネイティヴ講師は、そこまで修正能力はないのです。
理由は2つあります。

まず第1に、必ずしもネイティヴ講師は間違いを指摘するわけではありません。

まず、どんな講師も、すべての間違いを指摘はしません。

そんなことをすると、レッスンが進まなくなるので、
重要だと思う点以外は指摘しない人が多いです。


また、中には、一般的に見ると重要だと思う点でも、
全然指摘しないネイティヴ講師もいます。

理由はさまざまですが、

「まぁ、変な英語だけど、自分には意味分かったからいいや」

という、寛容な性格から指摘しない人もいますし、

「よくわからないけど、さっさとレッスンを進ませたいから」

という、やや怠慢な理由であることもあります。


そして、第2の理由は、

「ほとんどのネイティヴ講師には英文法の知識がないこと」

です。


日本人は日本語を母国語とし、何の不自由もなくしゃべりますが、
ほとんどの日本人は、日本語の文法の知識がありません。

ネイティヴ講師もこれと同じなのです。

母国語なのでペラペラとしゃべれるのですが、
英文法の知識はほとんどないのです。


そのため、先ほどの

×If I knew it, I would have told you.
○If I had known it, I would have told you.

という間違いで言えば、

「knewじゃなくて、had knownだよ」

という指摘はできます。


しかし、なぜhad knownなのかは説明できない人が多いんです。

「knewだと変だから」

とか

「had knownの方が良い」

というように、とても感覚的な理由しか言えない人が多い。


これだと、生徒はなかなか修正できないのです。

「んー、なんでhad knownだとダメなんだろう?

 "知ってたら"って、過去だから、knewと過去形でいいんじゃないの?」

というように、理由がわからない。

なので、修正できず、今後も同じような間違いを連発します。



■自己修正には英文法が必要不可欠


このように、ネイティヴ講師は修正してくれないので、
間違いは自分で修正する必要があります。

「間違いに気づく」のはむずかしいかもしれません。

しかし、最低限、

「間違いを指摘されたら、その理由がわかって修正できる」

という能力は必要になります。


そのためには、英文法の知識が必要不可欠です。

先ほどお話したように、ほとんどのネイティヴ講師には英文法の知識があり
ません。

従って、「なぜ間違いで、なぜこうすると正しいのか」は自分でわからない
といけません。

そのためには、自分自身で体系的に英文法を学んでおく必要があります。


英会話のための英文法を学び、修正できる能力を身に付ける。
その英文法の知識を使って、英文を作る練習をしたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日15日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


15周年を記念して、
新補助テキスト「リスニング+英文法」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_g4c19.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。