対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語に才能は関係あるけど…

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は「英語の才能」についてお話させていただきます。

「英語に才能は関係ない!」という人もいますが、
同じ努力をしても、成果に差があったりと、才能も関係あるような気もします。

ただ、才能の有無は重要ではなく、
あくまで「タイプの違い」ととらえて、

「自分はこのタイプだから、この学習法」と意識されると良いです。


■私が英語ができるようになった理由


先日、別のメルマガでお話させていただきましたが、
私は昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

その理由は、学校の先生の方針である、「とにかく暗記暗唱」で成果が出な
かったこと。

例えば、

He is a good person.
「彼は良い人です」

を暗記すれば、その英文はわかるようになります。

しかし、「彼は悪い人」という英文を作れと言われると、

He a bad person.

としてしまったりしました。

そこで、「isがないとダメだ」と言われても、
「え? "です"がないのに、なんでisがいるの?」とチンプンカンプン。

先生が暗記暗唱主義で、あまり「なぜこの英文はこうなるのか」という仕組みの
説明をしないタイプの先生だったので、私には全然仕組みがわからず、
いくら英文を暗記しても、応用が利かなかったのです。


人によっては、

「isが必要なぐらい、説明されなくてもわからないか?」

と思う人もいると思います。

そして、確かに、今回の私の例は極端な例でしょう。

ただ、15年以上、24,000名以上の方に英語指導させていただいた経験上、自信を
持って言えますが、

「人によっては、説明されなくても感覚でわかってしまう事項でも、
 人によっては、仕組みを説明されないと理解できない」

というケースがよくあるのです。


上記のisがわかる人でも、関係詞のwhichとwhereの使い分けは説明されないと
感覚ではわからない人は一杯います。



■才能とは「説明されなくてもわかること」


上記のように、英語学習者にはさまざまなタイプがいます。

私のように、

「説明されないとわからない」

という人もいますし、

「説明されなくても、感覚的にわかってしまう」

という人もいます。


先ほど私は通信簿2だったとお話ししましたが、
英語のできる友人は、この「感覚的にわかってしまう」タイプの人たち
ばかり。

なので、私が質問しても、

「なんでこれが答えって言われても、そういうものでしょ」

「この選択肢だと変じゃないか。なぜって言われてもねぇ」

というように、「感覚的にわかっちゃうんだよね」という反応を示す友人が
たくさんいました。


この「感覚的にわかってしまう」。

これこそが「英語の才能」である。私はこう考えています。

私の先生に限らず、
日本の英語教育は、「暗記・感覚主義」の傾向にあります。

詳しく仕組みを説明するよりも、

「こういう感じ」と感覚に訴えたり、
「覚えておいて」と暗記で済ます傾向にあります。


「感じ取れる」才能があるタイプの人だと、これでいいんですよね。

説明されなくてもわかるのですから、
感じ取り、暗記して行けばどんどん伸びて行く。

ところが、私のように、「感じ取れない」才能のないタイプだと困ってしまう
んです。

「こういう感じ」と言われても、「どういう感じ?」とわからない。
「覚えておいて」と暗記しても、それ以外にまったく応用が利かない。


そして、才能もレベルがあります。

私のように、「ほとんど感じ取れない」という人は、暗記・感覚主義では、
初心者から脱出できません。

しかし、私よりは才能がある、「ある程度は感じ取れる」というタイプの人。

例えば、

「さっきisが必要だというのは楽にわかるけど、
 関係詞のwhichとwhereの使い分けは感覚的にはわからない」

という人。

こういう人は、とりあえず、暗記・感覚主義で突っ走っても中級までは伸びた
りします。
(でも、「whichとwhere」などわからないこともあるので、
 上級までは到達できない)


そして、それよりもっと才能がある人。
むずかしいことすらも感じ取れてしまうタイプの人。

こういうタイプの人は、暗記・感覚主義で突っ走っても上級まで到達できます。



■「才能」と考えず「タイプ」と考えるべき


先ほどから、「才能」という言葉を使って説明しておりますが、

「才能がない」と聞くと、
とてもマイナスなイメージを受けると思います。

そして、「才能がないってことは、ずっと一生英語ができないのか」と思う
かもしれません。

しかし、そうではないのです。

先ほどから「才能」とお話ししていますが、
「タイプ」ととらえた方が良いかもしれません。


先ほどから、

「私は才能がないので、説明されないとわからなかった」

と何回もお話しさせていただいておりますが、
逆に言えば、

「説明されればわかった」

のです。


これも先日の別のメルマガでお話させていただいたことですが、
学校の先生たちは暗記・感覚主義でしたが、

たまたま友人に誘われて受講した講習で、
英語の仕組み(英文法)を基礎の基礎から説明してくれる先生に出会うことが
できました。

そこで、私は、

「え? 英語に仕組みがあったの!?
 仕組み理解できれば、英語がどんどんわかるじゃないか!

 これは楽しいぞ!」

と、驚きの発見をすることができ、どんどん英語の力がつき、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。


「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

などの、私の講座の方も同様でして、

「こんな仕組みがあったんですね! 仕組みがわかると英語って楽しい!」

と嬉しいご感想をいただくことが多く、

「TOEIC 900点突破しました!」
「英文法問題全問正解しました!」

など、成果を出されている方が大勢いらっしゃいます。


「説明されないとわからない」
「感覚的にはわからない」

と聞くと、印象は悪いですが、それだったら、

説明を受ければいいだけの話なんです。
感覚ではなく、論理で学べば良いだけの話なんです。


「才能がない」のではなく、

「感覚で学ぶのが向いていないから、
 論理で仕組みを学ぶべきタイプ」

ととらえて、英語学習の方針を変える。

「英語の才能」に関しては、こう対処するのが一番です。


昔の私のように、初心者を脱出できない人はもちろんですが、
中級の壁にぶち当たっている方々も、

「才能がない」のではなく、
「暗記・感覚で学ぶのに向いていない」だけなのかもしれませんよ。


英語の仕組み、英文法を体系的に、論理的に学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日3日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。
(明日は祝日ですが、締切となりますので、ご注意ください)


15周年を記念して、
新補助テキスト「リスニング+英文法」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_g51.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。