fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の勉強で絶対にやってはいけないこと





「英語の勉強で絶対にやってはいけないこと」

今回は、

「英語学習に日本語の事情を持ち込まない」

というお話をさせていただきます。







■学校英語教育の最大の欠点

先日、メルマガで、

「日本の学校英語教育の最大の欠点は、"なんでも英語は日本語を介して理解させること"である。

ほとんどの日本人は"りんごは食べるもの"と当たり前に思うように、"英語は日本語に訳すもの"と当然のように思っているが間違い。

英語は英語のまま理解するのがベスト。

そうじゃないと、時間がかかるし、desperateのような英語にしかないニュアンスを理解できないし、その他、弊害がいっぱいある」

というお話をさせていただきました。


日本の学校英語教育にもいいところはいっぱいあります。

しかし、「なんでも英語は日本語を介して理解させること」という方針だけは、すぐに直して欲しいです。

この弊害はいっぱいあります。

当たり前ですが、英語のネイティヴは英語を日本語になんか訳しません。

英語は英語のまま理解します。

それが理想なのです。


ただ、最初からそれをやれと言ってもむずかしいです。

だから、仕方がなく、英語を日本語に訳して理解する。

This room is too hot for children to take an exam in.

だったら、これをそのまま理解できるのがいいですし、中級者以上なら、それを目指すべきです。

ただ、英語のままではどうしても無理な場合、

「この部屋は暑すぎて、子どもたちが試験を受けられない」
「この部屋は子どもたちが試験を受けるには暑すぎる」

というように、訳して理解する。


いわば自転車の補助輪のような役割を果たす。
これが「日本語に訳す」ということなのです。

補助輪のように、本当はない方がいいし、将来的には外すべきもの。

でも、ないとできないから、仕方がなく頼るもの。

これが日本語に訳すことなのです。


なので、あくまで目的は意味がわかることであり、意味がわかればいいのです。

よく、

「この部屋は暑すぎて、子どもたちが試験を受けられない」
「この部屋は子どもたちが試験を受けるには暑すぎる」

のような複数ある日本語訳を見て、

「どっちに訳すのが正しいのだろう?」

と迷ってしまう方がいますが、これは乱暴な言い方をしてしまえば、どっちだっていいんです。

どっちだって同じような意味であり、日本語に訳す目的である「英語の意味が取れる」を達成しているのですから、それでいいのです。

それを「どちらだろう?」と迷うのは、厳しい言い方をしてしまえば、「日本語の勉強をしている」ということになります。

「この部屋暑すぎ、子どもたち試験受けられない」

だっていいし、

「この部屋too hot、children試験takeできない」

でもいいし、さらに言えば、

This room is too hot for children to take an exam in.

のまま理解できれば、それがベストなのです。


このように、

「日本語に訳すのは、あくまで英語を理解するため」

ということは絶対に頭の中に入れておくべきです。

初心者の方の場合、まだ日本語なしではなかなか厳しい面もあるので、仕方がありませんが、

中級者以上なら、できるだけ日本語に訳さないようにすべき。

最低限、

「将来的には日本語に訳さないようになるべき」
「英語には英語の意味があり、日本語と1対1で対応していない」
「"訳し方"で迷っても、それは日本語の勉強であって、意味がない」

ということは知っておくべきです。


「日本語を介して英語を理解させること」は、今回お話しできなかった弊害もいーーーっぱいあります。

このように、重要な点ですので、

「分かる! 解ける! 英文法!」

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

などの私の講座には、補助テキストとして、

「英語学習における「日本語」の使い方」

をおつけしており、この中で、

「英語学習で日本語を使う注意点。絶対にやめてほしいこと」

を解説させていただいております。







■英文法に日本語を持ち込むと悲惨な結果に

今回は、上記に追加して、もう1点

「英語学習に日本語を使う弊害」
「絶対にやってはいけないこと・勉強法」

をお話しさせていただきます。


それは

「英文法に日本語を持ち込むと悲惨な結果になること」

です。


先ほどから、

This room is too hot for children to take an exam in.

という英文を例に出していますが、この「too to」を使った表現は、日本人が苦手とするところです。

例えば、↓の問題などは、よくある英文法問題です。

This room is too hot for children ------.

(A) take an exam
(B) to take an exam
(C) to took an exam in
(D) to take an exam in


先ほどから例文を出しているので、当然と言えば当然ですが、答えはDになります。

しかし、例文として出さずに、最初からこの問題を出した場合、Bのto take an examを選ぶ人が非常に多いのです。

そして、その人たちは、

This room is too hot for children to take an exam.

「この部屋は暑すぎて子どもたちが試験を受けられない」

あるいは

「この部屋は子どもたちが試験を受けるには暑すぎる」

と訳せて、それが正しい日本語であることを根拠に選びます。


Dに関しては、inがあるから、それを「中で」と訳して、

「この部屋は暑すぎて中で子どもたちが試験を受けられない」

あるいは

「この部屋は中で子どもたちが試験を受けるには暑すぎる」

と訳します。

そして、BとDを比べて、

「"中で"ってわざわざ入れなくてもいいんじゃない?」

と考えて、Bの方が良いと思ったりしています。


しかし、これは完全なる間違い。

何が間違いかというと、

「日本語でしか考えておらず、英語のルールをまったく考えていないから」

なのです。


今回の英文、

「主語 be動詞 too 形容詞 不定詞」

という形をしています。

その場合、この不定詞は「程度用法」と呼ばれる用法であり、

1、不定詞の中に穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)が1つある
2、その穴に主文の主語を入れると意味が通る

という守るべき2つのルールがあります。

Bにしてしまうと、

不定詞は、

for children to take an exam

となり、

「本来は名詞があるべきなのにない場所」

というのがないのです。

だから、1のルールを満たしておらず、間違いなのです。


一方、Dだと、

for children to take an exam in

となり、前置詞inがあります。

前置詞は、必ず後ろに名詞を置く必要があります。

それなのに名詞がありませんよね?
ということは、「本来は名詞があるべきなのにない場所」、つまり「穴」なのです。

だから、ルール1を満たしている。

そして、ここに主文の主語、this roomを入れると、

for children to take an exam in this room
「子どもたちはこの部屋で試験を受ける」

とルール2も満たしている。

だから、正しいのです。


いま学んでいるのは英語なのです。

英語なのですから、英語のルールを守っていなければ間違った英語なのです。


いくら、

This room is too hot for children to take an exam.

「この部屋は暑すぎて子どもたちが試験を受けられない」
「この部屋は子どもたちが試験を受けるには暑すぎる」

と訳せる。

そして、この日本語は自然だ、と言ったところで、それは

「日本語の事情」

でしかないのです。


英語なのですから、日本語の事情はまったく関係ありません。

自然な日本語に訳せようが、その日本語がいくら正しい日本語だろうと、英語には関係ない話。

英語のルールを守っていなければなんの意味もないのです。







■日本語に訳すせいで不要なニセ英文法を学ぶ羽目に

上記のように、英文法に日本語を持ち込むと悲惨なことになります。

また、日本語を持ち込むと、余計な学ぶことが増えることがあります。

その代表例が「無生物主語」です。

例えば、

His beard makes him look older.

という英語。

直訳すると、

「彼のヒゲが彼を年上に見せさせる」

となりますが、日本語ではあまりこういう言い方はしません。

「彼のヒゲが彼を年上に見せさせる」という日本語は、日本語としては不自然かもしれません。


そこで、教材や先生によっては、

「こういった、生物ではない主語(his beardなど)が主語の場合、主語を副詞のように訳すと、上手な日本語に訳せますよ」

ということをいちいち教えるケースがあります。


今回のケースでいうと、his beardを副詞にして、

「彼のヒゲのせいで」

として、

himを主語にして、

「彼のヒゲのせいで、彼は年上に見える」

とする。


わざわざこれを教えるケースがあるのですが、はっきり言ってこれは不要です。

中には、これも「英文法」だという人もいますが、これは英文法ではありません。

単に、日本語の事情を教えているだけであり、英語の勉強ではない。

はっきり言って、無生物主語は「ニセ英文法」で、学ぶ必要はまったくありません。


「日本語ではそういう言い方をしない」とは言っても、それは日本語の事情でしかありません。

英語では、

His beard makes him look older.

みたいな言い方をするのですから、それはそのまま受け入れるべきです。

英語のままではわからないというのなら、

「彼のヒゲが彼を年上に見せさせる」

で十分です。

これで意味がわかりますよね。

先ほどからお話しさせていただいている通り、英語を日本語に訳すのは、「英語の意味を取るため」です。

日本語として自然かどうかは関係ありません。

意味が取れれば、それでいいのです。


わざわざ時間を割いて、日本語の勉強である「無生物主語」を学ぶ必要などまったくありません。

むしろ、これによって、

his beardは副詞である(これは主語であり、名詞です)
himは主語である(これは目的語です)

と勘違いする人がいるので、マイナスにすらなりかねません。


今学んでいるのは英語なのですから、学ぶべきは英語のルールです。

英語のルールを守っていなければ、日本語から見て正しかろうと、何の意味もありません。


日本語とは無関係に、英語のルールを学ぶこと。

これが非常に大切です。

そのことが、英語は英語のまま理解する力につながっていきます。


その英語の守るべきルールを、日本語の視点ではなく、英語の視点で理解することが大切です。

こちらを学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからないの方には、↓がオススメ。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。













英語を読みまくれば英語上達する?できるようになる?
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_11.html
「英語を読みまくれば英語上達する?できるようになる?」 今回は、 「究極の英語学習をするために」 というお話をさせていただきます。 ■英語がものすごくできる人がよく言うこと 今回のお話、「究極の英語学...

英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/toeic_5.html
「英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ」 今回は、 「TOEICのためにも、英会話で一番気をつけるべき点」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICより、英会話の方が希...

英語の勉強で絶対にやってはいけないこと
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_12.html
「英語の勉強で絶対にやってはいけないこと」 今回は、 「英語学習に日本語の事情を持ち込まない」 というお話をさせていただきます。 ■学校英語教育の最大の欠点 先日、メルマガで、 「日本の学校英語教育の...

英文法でリーディングを考える人が英語上達する
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/post_13.html
「英文法でリーディングを考える人が英語上達する」 今回は 「英語って、いちいち、これが動名詞だからとか、これが分詞構文だから、とか考えなければいけないと大変ですか?」 というお話をさせていただきます。...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る