fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

テクニック使わないTOEICなら実用英語が両立してできるようになる





「テクニック使わないTOEICなら実用英語が両立してできるようになる」

今回は、実用英語とTOEIC、英語全般について、主に、リーディングに焦点を当てて、

「実用英語もTOEICもテクニックはいらない」

というお話をさせていただきます。







■実用英語ができる人がTOEICスコアが上がる

先日、メルマガで、

「実用英語ができる人がTOEICスコアが上がる」

というお話をさせていただきました。

私の講座

「英語真っすぐリーディング講座」

の受講生様、H.Wさん(プライバシー保護のためイニシャル表記)が、TOEIC 860点を取られまして、ご感想の掲載のご許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

「TOEIC 860点(L 425点 R 435点)取れました。しかも、"文法が理解できる"は100%でした。とても嬉しかったです。やはり継続は力なりですね」
H.W.様(プライバシー保護のためイニシャル表記)


TOEICというのは、確かにテクニックで取れてしまう部分もあり、「TOEICのスコアの割に英語力が低い」という人もいます。

しかし、今回、ご感想をいただきました、H.Wさんは、まったくそうではない。

これは、講座のサポート制度で、

「ご質問をいただき、回答させていただく」

という繰り返し等で、H.Wさんと何回、いや何十回とやりとりさせていただいた経過から、自信を持って申し上げることができます。

H.Wさんは、ちゃんと実用英語を鍛えられている方で、海外ドラマを見て学習されたりしています。


それに、いくらテクニックで取れるとは言え、TOEIC 860点というのは、相当な高得点です。

統計的に言えば、100人中、1人や2人しか取れないレベル。

ここまでの高得点となれば、本物の実力がなければ取れるものではありません。

そして、着目していただきたいのが、

リーディングセクションが435点であるということろ。
(リスニングセクションは425点)


ご存知の方も多いと思いますが、TOEICの平均点は、

リスニング 約310  リーディング約260  総合約570

と、リーディングの方が50点低く、リーディングセクションの方がむずかしいのです。

リスニングセクションの方が「なんとなく」で正解できたり、あるいは、「この場合は、これが答え」というような、テクニックが通用しやすい部分が多い。


リーディングの方が、

「これこれこういう理由でこれが答え!」

と、しっかりとした英語力の裏付けがないと正解できないのです。


そんな中、H.Wさんは、リーディングセクションの方がむしろ高い。

それだけ本物の力をお持ちなのです。


そして、最後にお話しさせていただきたいのが、「文法が理解できる」が満点であるところ。

先ほど、リーディングは、「これこれこういう理由でこれが答え!」と、裏付けがないと正解できないとお話ししましたが、

その傾向が最も顕著なのが文法問題なのです。


文法問題は、「これこれこういう理屈がある」というように、理屈の世界です。

(暗記、感覚だと誤解している方は危険ですよ。伸び悩んだり、頭打ちになる可能性が高いです)


この最も本物の力が要求される文法が満点なのですから、まさに、H.Wさんは本物の力をお持ちなのです。


もちろん、私は「TOEICのスコアさえ上がればいい」という指導方針ではなく、

「あくまで、実用英語にも役立つ英語力をつけること。TOEICのスコアはその結果として取るべき」

という方針です。







■「TOEICはテクニックではない」を裏付ける受講生様

上記で、

「TOEICはテクニックではない」

ことを裏付ける、受講生様、H.Wさんのお話をさせていただきましたが、ほかにも、

「テクニックではなく、実力でTOEIC高得点を取った受講生様」

は、まだまだいらっしゃいます。


例えば、これまた、TOEICのリーディングセクションで420点という高得点を取られた方がいらっしゃいます。

先ほどお話しさせていただいたように、リーディングセクションの方が50点低いのが普通なので、

総合スコアに換算すると、これは890点に相当します。


「これほどの高得点を取られたのだから、 そりゃ、リーディングセクションも全問終わっただろう」

と思うかもしれませんが、まったくそんなことはありません。


なんと、この受講生様は、16〜17問も解き残しがあったのです。
(もちろん、これらは全問適当にマークされました)

それなのに、この高得点。

ということは、裏を返せば、解いた問題はほぼ全問正解されたことになります。
(そうでなければ、この高得点は取れません)


一般的に、テクニックで高いスコアを取ろうとする方は、

「全部読まないでも解くようにして、とにかく最後まで終わらすようにしよう」

とします。


しかし、それって、実用英語とは矛盾しているんですよね。

「全部読まないで、早く終わらす」

これって、実用英語で言えば、

「上司から、英語の報告書を読んでおくように言われた。全部読まないで、早く読み終えた。

 だから、正確に内容が把握できていません」

というのと同じです。


こんなの実用英語では通用しません。

「なに手抜きしてるんだ! ちゃんと読んでこい!」

と怒られるに決まっています。


「全部読まないでも解くようにして、とにかく最後まで終わらすようにしよう」

こんなテクニックは、実用英語では役に立たないのです。


しかし、この受講生様はそんなことはしていません。

ちゃんと、自分のペースは崩さずに読み進めていき、やったところは、ほぼ全問正解している。

非常に高い正確性をお持ちなのです。

ですから、実用英語では、

「しっかりと自分のペースで読み進め、内容を正しく把握しました」

と、力を発揮することができるのです。


これこそが、英語力がある、本物の実力があるTOEIC高スコアの取り方。







■TOEICのことだけ考えても、テクニックは不要

上記のお二人の受講生様の例は、これまでは、

「TOEICではなく、実用英語でも実力が発揮できる力がある」

という、実用英語の視点から見てきました。

当たり前と言えば当たり前ですが、実用英語の視点から見たら、

「TOEICのテクニックより、本物の実力をつけた方がいい」

となりますよね。


しかし、実は、TOEICのことだけ考えても、その方がいいんですよね。

上記のお二人は、先述の通り、非常に高いスコアを取られています。

例えば、H.Wさんは、860点でした。

860点を取って、不満な方ってほとんどいないですよね。

99%の方は、860点が取れたら、嬉しくてしょうがないはずです。


上記のお二人は、実用英語で使える本物の力をつけるスタイルで英語学習してきた結果、これだけの高得点を取っているのです。

「上級ではないレベルで、付け焼き刃でもいいから、ちょっとだけスコアを取りたい」

例えば、現在、TOEIC 550点の人が、どうしても、1ヶ月で600点を取らなければいけない。

そんな場合は、テクニックも効果があるかもしれません。


しかし、上記のお二人のような高スコアとなると、英語の実力を伴わない、テクニックでは取れるものではないんです。

それより、実用英語にも役立つ本物の実力をつける方が、「TOEICのスコア」という視点で見ても効果的なんです。


それに、先ほどお話しした、

「TOEIC 550点の人が、どうしても、1ヶ月で600点を取らなければいけない」

みたいなケースでも、この一瞬はいいでしょうが、

テクニックでは、まずそのうち伸び悩み、頭打ちになります。


初心者レベルの方、中級レベルの方だって、やはり、実用英語でも力を発揮できる、本物の力をつける方が、「TOEICのスコア」という視点で見たって有効なのです。

「実用英語」という視点で見たら、言うまでもないですよね。


ですから、私の英語指導方針は、

「あくまで、実用英語にも役立つ英語力をつけること。TOEICのスコアはその結果として取るべき」

という方針です。


その方針で、英文法を学び、さらにその英文法の知識を使って英文を読む方法を知る。そして、その知識を使って、実際に読む練習をしたい方は、H.Wさんがご受講された

「英語真っすぐリーディング講座」

がお役に立てれば幸いです。

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)の方には、↓がオススメ
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。













英語を読みまくれば英語上達する?できるようになる?
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_11.html
「英語を読みまくれば英語上達する?できるようになる?」 今回は、 「究極の英語学習をするために」 というお話をさせていただきます。 ■英語がものすごくできる人がよく言うこと 今回のお話、「究極の英語学...

英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/toeic_5.html
「英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ」 今回は、 「TOEICのためにも、英会話で一番気をつけるべき点」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICより、英会話の方が希...

英語の勉強で絶対にやってはいけないこと
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_12.html
「英語の勉強で絶対にやってはいけないこと」 今回は、 「英語学習に日本語の事情を持ち込まない」 というお話をさせていただきます。 ■学校英語教育の最大の欠点 先日、メルマガで、 「日本の学校英語教育の...

英文法でリーディングを考える人が英語上達する
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/post_13.html
「英文法でリーディングを考える人が英語上達する」 今回は 「英語って、いちいち、これが動名詞だからとか、これが分詞構文だから、とか考えなければいけないと大変ですか?」 というお話をさせていただきます。...

英語が上達する人の意外な共通点・特徴
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/post_14.html
「英語が上達する人の意外な共通点・特徴」 今回は 「英語が上達する人の意外な共通点・特徴」 というお話をさせていただきます。 実は、多くの方が想像しているものとは違うかもしれません。 ■辛くても、疲れ...

英語、TOEIC、英会話はパズルのように理解する
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/toeic_6.html
「英語、TOEIC、英会話はパズルのように理解する」 今回は、TOEICや英会話など、英語学習全般のお話、 「英語はTOEICも英会話もパズルでカチッと」 というお話をさせていただきます。 ■英語のモ...

実用英語ができる人がTOEICスコアが上がる
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/toeic_8.html
今回は、 「実用英語ができる人がTOEICスコアが上がる」 というお話をさせていただきます。 ■TOEIC 860点はすごいですよね 先日、 「英語真っすぐリーディング講座」 の受講生様が、TOEIC...

テクニック使わないTOEICなら実用英語が両立してできるようになる
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/toeic_7.html
「テクニック使わないTOEICなら実用英語が両立してできるようになる」 今回は、実用英語とTOEIC、英語全般について、主に、リーディングに焦点を当てて、 「実用英語もTOEICもテクニックはいらない...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る