fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語、TOEIC、英会話はパズルのように理解する





「英語、TOEIC、英会話はパズルのように理解する」

今回は、TOEICや英会話など、英語学習全般のお話、

「英語はTOEICも英会話もパズルでカチッと」

というお話をさせていただきます。







■英語のモヤモヤを解消しよう!

先日、メルマガで、

「英語のモヤモヤを解消しよう!」

というお話をさせていただきました。


日本の学校英語教育は、日本語を介して理解させます。

しかし、日本語というのは、主語がなくてもOKだったり、けっこういい加減な言語。

一方、英語というのは、パズルをカチッとはめるように、しっかりと枠が決まっている言語です。

そのため、日本語で考えて、英語を学ぼうとすると、モヤモヤっとして、なんだかよくわからないことが多いのです。

例えば、↓の問題。

I would like to go to the museum ------ President Obama visited.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why

「場所が先行詞だから」というだけで、Aのwhereを選んでしまう人が多いのですが、それは間違い。

答えはBのwhich。

「え? whereじゃダメ? "私はオバマ大統領が訪れた博物館に行きたい"

って訳せるけど、それで正しいのでは?」

「え? 場所が先行詞だとwhereじゃないの?

 museumは場所だと思うけど‥」

というように、モヤモヤしてすっきりしない人が多い。


解説で、

「President Obama visitedは、不完全な文だから」

とか

「visitedが他動詞なのに、目的語がないから」

と書いてあったりしますが、それでも、よくわからず、モヤモヤしたままの人が本当に多いのです。

これは、英語のそもそもの基礎。

「英語というのは枠があって、そこに適切なパーツを入れる」

という基礎がわかっていないから。

英語の場合、

主語 動詞(SV)
主語 動詞 補語(SVC)
主語 動詞 目的語(SVO)
主語 動詞 目的語 目的語(SVOO)
主語 動詞 目的語 補語(SVOC)

のいずれかの形をしていると決まっています。

のように、英語というのは、枠があって、その枠を守らないといけない。

カチっとハマるパズルのような性質を持っているのです。

極端な話ですが、「走ってますよ」という意味で、

Is running.

なんてやってもダメなのです。
第1文型で、

と、主語(S)がないからダメなのです。

Sには名詞が必要ですから、Heなどを入れて、

とする必要があるのです。


先ほどの問題で言えば、President Obama visitedを考えた時に、visitというのは第3文型の動詞なのに、

と目的語(O)がない。

目的語になれるのは名詞だけ。
じゃあ、選択肢の中で名詞なのは? Bのwhichだけ。

だから、Bが答えになる。

関係代名詞・関係副詞がわからないという人は多いですが、上記のような、そもそも論。

「英語というのは枠があって、そこに適切なパーツを入れる」

がわかっておらず、日本語で考えて、ひたすらモヤモヤしているのが原因なのです。







■TOEICだって、英会話だって、リーディングだって

上記のように、英語というのは、

「枠に適切なパーツを当てはめて行くもの」

という性質があります。


上記の例は、TOEICなどでよく出題されるの英文法問題の例でしたね。
(上記の問題は、TOEICで言えば、パート5)

これを見て、

「なるほどー、TOEICだとそうなんだな」

と思った方もいらっしゃると思います。

しかし、これは誤解している可能性があります。


「英語が枠に適切なパーツを当てはめて行くもの」

というのは、TOEICに限ったことではないのです。

英会話だってそうですし、リーディングだってそうです。


例えば、英会話。

先ほどお話ししたように、英語というのは、

主語 動詞(SV)
主語 動詞 補語(SVC)
主語 動詞 目的語(SVO)
主語 動詞 目的語 目的語(SVOO)
主語 動詞 目的語 補語(SVOC)

のいずれかの形をしています。


どのパターンであれ、SとVは絶対に必要なんですね。

英語というのは、SVが非常に大切なんです。

なので、まずはSVをしっかりと言う。

これが英会話では何よりも大切。


「私たちは彼らにあの件を言ったかもしれない」

ということを言いたいのなら、

まずは

S:I
V:might have told

をしっかりと言うってことが大切。


そして、

主語 動詞(SV)
主語 動詞 補語(SVC)
主語 動詞 目的語(SVO)
主語 動詞 目的語 目的語(SVOO)
主語 動詞 目的語 補語(SVOC)

のどれになるかは、Vによって決まります。

Vはmight have told(原型tell)で、
tellは、第4文型(SVOO)ですので、

までは、枠が埋まった。

じゃあ、O1、O2も埋めて、


とする。

はい、これで完成。

というように、枠を埋めていく意識が必要なんです。

慣れてくれば、これが無意識に、感覚的にできるようになりますが、最初のうちは、しっかりと、上記のような枠を意識する必要があります。

私は、仕事柄、ネイティヴはもちろん、ノンネイティヴの英語も、いろいろ聞きます。

しかし、この枠の意識がない方は、やはり、英語が変なんですよね。

感覚で強引に押し通しているので、なんとも奇妙な英語になってしまう。


リーディングだってそうですよ。

Whether his remark was intentional or unintentional remains a mystery.

というような英文だって、

「あ、Whether his remark was intentional or unintentionalがSで、remainsがVだ」

というような、枠の意識がなければ、

「彼の発言が意図的か、意図していなかったかは謎のままである」

という意味だと取れません。


この枠の意識。

パズルのように、枠にカチッと埋める意識は、TOEICだろうが、英会話だろうが、リーディングだろうが、

英語をやる以上、必ず必要なのです。







■枠の意識を学んでいきましょう!

上記のように、英語というのは、パズルのように、枠に適切なパーツをカチッと埋めていくもの。

この意識は、TOEICであれ、英会話であれ、リーディングであれ、英語をやる以上、必ず必要になります。

ぜひ、この枠の意識を一緒に学んでいきましょう!


英語のカチッとしたパズルの仕組みを学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。













英語を読みまくれば英語上達する?できるようになる?
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_11.html
「英語を読みまくれば英語上達する?できるようになる?」 今回は、 「究極の英語学習をするために」 というお話をさせていただきます。 ■英語がものすごくできる人がよく言うこと 今回のお話、「究極の英語学...

英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/toeic_5.html
「英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ」 今回は、 「TOEICのためにも、英会話で一番気をつけるべき点」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICより、英会話の方が希...

英語の勉強で絶対にやってはいけないこと
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_12.html
「英語の勉強で絶対にやってはいけないこと」 今回は、 「英語学習に日本語の事情を持ち込まない」 というお話をさせていただきます。 ■学校英語教育の最大の欠点 先日、メルマガで、 「日本の学校英語教育の...

英文法でリーディングを考える人が英語上達する
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/post_13.html
「英文法でリーディングを考える人が英語上達する」 今回は 「英語って、いちいち、これが動名詞だからとか、これが分詞構文だから、とか考えなければいけないと大変ですか?」 というお話をさせていただきます。...

英語が上達する人の意外な共通点・特徴
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/post_14.html
「英語が上達する人の意外な共通点・特徴」 今回は 「英語が上達する人の意外な共通点・特徴」 というお話をさせていただきます。 実は、多くの方が想像しているものとは違うかもしれません。 ■辛くても、疲れ...

英語、TOEIC、英会話はパズルのように理解する
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/toeic_6.html
「英語、TOEIC、英会話はパズルのように理解する」 今回は、TOEICや英会話など、英語学習全般のお話、 「英語はTOEICも英会話もパズルでカチッと」 というお話をさせていただきます。 ■英語のモ...

実用英語ができる人がTOEICスコアが上がる
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/toeic_8.html
今回は、 「実用英語ができる人がTOEICスコアが上がる」 というお話をさせていただきます。 ■TOEIC 860点はすごいですよね 先日、 「英語真っすぐリーディング講座」 の受講生様が、TOEIC...

テクニック使わないTOEICなら実用英語が両立してできるようになる
https://www.new-toeic.net/archives/2018/11/toeic_7.html
「テクニック使わないTOEICなら実用英語が両立してできるようになる」 今回は、実用英語とTOEIC、英語全般について、主に、リーディングに焦点を当てて、 「実用英語もTOEICもテクニックはいらない...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る