fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ





「英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ」

今回は、

「TOEICのためにも、英会話で一番気をつけるべき点」

というお話をさせていただきます。







■TOEICより、英会話の方が希少価値がある

先日、メルマガで、

「TOEICと英会話は、多くの人が目標にしますが、まったく別物です。

TOEIC 900点でも英語がまったく話せない人は珍しくありません。

では、TOEICで高得点と、英会話がペラペラなのは、変な話ですが、どちらが偉いのでしょうか?」

というお話をさせていただきました。


TOEICと英会話、これらを目標とする人が多いですが、まったくの別物。

じゃあ、変な話ですが、TOEICで高得点と、英会話がペラペラなのは、どちらが「偉い」のか? というと、これは、

「英会話」

の方かもしれません。

なぜかというと、「TOEIC 900点持っています」という人はちょくちょく見聞きするけど、「英語をペラペラ話す日本人」はなかなか見ないからです。

なので、「希少価値」という点でいうと、

「英語をペラペラ話す」方が珍しく、価値があると言えるのです。


また、TOEIC向けに英語学習している人だと、

「TOEICは900点だけど、英語は全然話せない。TOEIC 300点の人と英会話力は同じ」

というケースはまったく珍しくなく、TOEICと英会話に相関性がありませんが、

英会話向けに英語学習している人だと、

「英会話はペラペラ話せる。本当はTOEIC 900点取れる力はあるが、TOEIC対策はしていないから、800点にとどまっている」

というぐらいで、英会話とTOEICに相関性がある。TOEICも両立できるのです。
(そして、TOEIC対策をすれば、スコアも上がって行く)


そのため、どちらかと言えば、英会話の方が「本物の力」と言え、TOEICと英会話の両方を求めるのであれば、英会話向けに、英文が作れるような力をつける英語学習をしておいた方が良いのです。
(「英会話向け」と言っても、英会話スクールに行けという意味ではない)







■英会話で一番気をつけるべき点

上記のように、英会話向けの英語学習をしておけば、TOEICにも応用でき、両立しやすいのですが、

ぜひ、気をつけて欲しい点があります。


それは、

「正しい英語を話せるようになろうとすること。

絶対に、"間違ってても通じりゃいいんでしょ!"という姿勢にならないこと」

です。


これは特に英会話スクールに通う方に気をつけていただきたいのですが、英会話本番では、どうしても、

「よくわからないけど、こんな感じかな!」

というように、見切り発車で話さないといけないことが多いです。


目の前で話し相手が、あなたの発言を待っています。

じっくり考えて正しい英語をしゃべりたいところではありますが、ずーっと考えて相手をいつまでも待たすわけにはいきません。

なので、

「待たせるよりは、適当でもしゃべらないといけない!」

という状況になり、どうしてもいい加減にしゃべってしまいます。


そして、それで意味が通じることも多いのです。

特に、英会話スクールの講師の場合、日本人の間違った英語を聞き慣れていますから、

「あー、間違っているけど、こういうこと言いたいのね」

と、間違った英語でも理解できてしまいます。


そうすると、

「おぉ、適当な間違った英語でも通じたぞ。英語って間違っててもいいんだね!」

と勘違いしてしまう人が多いのです。


確かに、英会話本番では、待たせるわけにはいきませんから、適当に、いい加減であってもしゃべらざるをえないことがあります。

それは仕方がないことです。


しかし、それが許されるのは「英会話本番」だけです。

普段の自分自身の英語学習では、じっくりと考える時間があるのですから、正しい英語をしゃべることを目指して英語学習すべきです。

また、英会話本番が終わった後、自分自身の時間で、

「あのときは、どう言えば正しかったのだろう?」

「あのとき、あのように言ってしまったけど、あそこが間違っていたな。こういうべきだった」

と正しい英語をしゃべるための「反省の時間」を設けるべきです。


先ほどお話ししたように、英会話本番では、正しい英語をしゃべるのがむずかしいのです。

じゃあ、いつ正確性を鍛えるか?

それは、自分自身の英語学習の時間しかないですよね?

自分自身の英語学習の時間でも正確性を鍛えなかったら、いつ正確性を鍛えるのですか?


それでは、いつまでも度胸と間違った英語で、「応急措置の英会話」を続けているだけです。

根本的な問題解決にはならないのです。


それでは、流暢になったとしても、

「間違った英語を流暢に話す人」

になるだけ。

ネイティヴも、

「この人、流暢だけど、変な英語話すなぁ。まぁ、意味わかるけどさ‥」

と違和感を持ち続けます。







■TOEICとの両立ができない

このように、

「通じりゃいいでしょの連続で、正確性を鍛えないこと」

は、英会話だけのことを考えても危険なのですが、

TOEICのことを考えたら、さらに危険なのです。

英会話は、例えば、

I want to go to the restaurant where President Trump visited.

と言っても、まぁほとんどのネイティヴには意味が通じるでしょう。


でも、英語としては間違いなのです。

TOEICでは、英語として間違いなら点はもらえません。

例えば、

I want to go to the restaurant ------ President Trump visited.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

で、Bを選んだら間違い。点数はもらえないのです。


先ほど、

英会話向けに英語学習している人だと、

「英会話はペラペラ話せる。本当はTOEIC 900点取れる力はあるが、TOEIC対策はしていないから、800点にとどまっている」

というぐらいで、TOEICも両立できるのです。


とお話しさせていただきましたが、この「英会話はペラペラ話せる」というのは、「正しい英語がペラペラ話せる」という意味ですよ。


先ほどお話しさせていただいたように、「間違った英語を流暢に話す人」じゃダメなんです。

英会話でもダメですし、TOEICでは、なおさら通用しません。

「間違った英語を流暢に話す人」では、

「本当はTOEIC 900点取れる力がある」とはとても言えませんし、

800点を取るのもむずかしいです。


それに、それを「英会話はペラペラ話せる」とは言えないですよね。


英会話とTOEICの両立を目指すなら、英会話向けに英語学習。

確かにその通りなのですが、

「間違っても通じりゃいいんでしょ?」

と勘違いして、正しい英語をしゃべる学習をしない。

こうなってしまわないように、十分に注意する必要があります。


それでは、TOEICのスコアは上がりませんし、それに、そもそも、それで英会話がペラペラとは言えません。


英会話本番はやむを得なくとも、自分自身の英語学習の時間では、正確性を鍛える。

そのためには、英文法の学習が欠かせません。


英会話のために必要な英文法の知識を学び、さらに、その英文法の知識を使って、どう英文を作ればいいかも学ぶ。

そして、実際にその知識を使って英文を作る練習をしたい方に、

「英会話のための英文法 G4C」

がお役に立てれば幸いです。

※:初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方は↓がおすすめです。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習の役に立てれば幸いです。













英語を読みまくれば英語上達する?できるようになる?
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_11.html
「英語を読みまくれば英語上達する?できるようになる?」 今回は、 「究極の英語学習をするために」 というお話をさせていただきます。 ■英語がものすごくできる人がよく言うこと 今回のお話、「究極の英語学...

英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/toeic_5.html
「英会話ができる人はTOEICと相関性がある。両立するコツはコレ」 今回は、 「TOEICのためにも、英会話で一番気をつけるべき点」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICより、英会話の方が希...

英語の勉強で絶対にやってはいけないこと
https://www.new-toeic.net/archives/2018/10/post_12.html
「英語の勉強で絶対にやってはいけないこと」 今回は、 「英語学習に日本語の事情を持ち込まない」 というお話をさせていただきます。 ■学校英語教育の最大の欠点 先日、メルマガで、 「日本の学校英語教育の...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る