fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英文法に日本語訳は使わないで

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は初心者向けの、英語学習におけるとても大切なお話をいたします。


■日本語に訳させるのは学校教育の一番の問題点


メルマガではよくお話させていただきますが、私は、

「英語を日本語に訳して理解するように指導すること」

が日本の英語教育で一番の問題点だと考えております。


日本の英語教育はしばしば批判の対象となります。

私からすると、日本の英語教育にも良い点はあると思います。
しかし、これだけは早急に変えるべきと思う点が1つあります。

それが、

「英語を日本語に訳して理解するように指導すること」

なのです。


試験では、「下線部を日本語に訳しなさい」という問題はよく出ますし、
授業でも、「○○さん、次の英文を訳してください」とあてられます。

そのため、非常に多くの日本人が、

「英語と言うのは日本語に訳して読むもの」
「分かる=訳せる」

と勘違いしています。


しかし、英語ができる人は、わざわざ日本語に訳してなんかいません。
英語は英語のまま理解しています。

そのため、通訳や翻訳者でもなければ、日本語に訳してと突然言われても、

「え? 日本語でどういう意味か? そんなの考えてないからなぁ」

と戸惑ってしまったりします。


例えば、

I think he is a good guy.

というように簡単な英文だったら、初心者でもなければ、わざわざ日本語に訳さ
なくても意味はわかるはずです。

それだったら、それでOK。
わざわざ日本語に訳す必要はありません。


また、

I think he is a great guy.

などで、

「んー、このgreatは素晴らしいという意味か? 偉大なという意味か?」

と英語ではなく、日本語の勉強を始めてしまう人がいますが、
これも時間のムダです。

greatはgreatでしかありません。

greatぐらいの簡単な単語なら、初心者以外は、大体どんな意味か、わざわざ
日本語に訳さなくてもわかるはずです。


それに、どうしても日本語に訳さなければならないのなら、

I think he is a good guy.

は、

「私は彼は良い人だと思う」と日本語の語順にするのではなく、
「私は思う、彼は良い人」というように、英語の語順で読むようにしましょ
う。


わざわざ日本語に訳すことは、

「英語のまま理解する力が育たない」
「英語特有の表現を理解する力が育たない」
「返り読みの原因になる」
「時間と労力を浪費する」

など、さまざまな弊害があります。


あくまで、日本語に訳すのは、

「英語のままでは理解できないときに用いる非常手段」

とすべきです。



■初心者は仕方がないが…


先ほどから、「初心者以外は」という表現を何回か使いました。

なぜかと言うと、これは、初心者は英語のままでは理解できないことが多く、
日本語に訳さざるを得ないことが多いからです。

例えば、先ほどの英文、

I think he is a good guy.

ぐらいのレベルでも、初心者だと、「日本語を使うな!」と言われたら理解で
きない方も多いはずです。


あくまで英語のまま理解するのが理想ですが、
初心者にはそれではハードルが高いです。

なので、初心者のうちは、日本語を使って理解するのも仕方がありません。


しかし、1つだけ気をつけてほしい点があります。

それは、「英文法を学ぶ際に日本語訳を過度に使用しない」という点です。

具体例を1つ見てみましょう。

例えば、

He was late.

という英文があります。


これは多くの教材では、「彼は遅刻した」と日本語訳を記載します。

つまり、

He was late.
「彼は遅刻した」

というような形ですね。


ここでやってはいけないのは、

「was lateが"遅刻した"って意味か。
 was lateが動詞なんだな」

というように、日本語訳から、「○○が動詞」とか構造的な判断をしてしまう
ことです。

勘違いが進むと、

「wasって、He was a student.みたいに"〜でした"という意味じゃなかった?
 "遅刻した"のどこにも"〜でした"は入ってないよなぁ。

 じゃあ、このwasっていらなくない?
 He late.だけでいいじゃん」

と勘違いしてしまう人もいます。


これは間違いで、あくまでHe was late.の動詞はwasです。

heが主語(S)
wasが動詞(V)
lateが補語(C)

という第2文型(SVC)なのです。

He was late.ぐらいの簡単な文なら、文型がどうとか、どれがSとか考えなくても
わかるかもしれません。

でも、むずかしい英文になってくると分からなくなって来ます。

例えば、

Whether he will come here is a question.

では、「whether he will come hereがS」ということがわからないと、

「彼がここに来るかどうかは疑問だ」

という意味だとわかりません。


ではなぜ、日本語では「遅刻した」となっているのに、
英語ではwas lateとなっているのか?

それは、英語には「遅刻する」という表現がないからです。

日本語では「遅刻する」と、動詞として表現します。
しかし、英語には「遅刻する」という動詞がないのです。

英語では、

be動詞(です)+late(遅い)=「遅い状態だ」「遅いです」

というように、状態として表現するのです。


なので、He was late.を直訳すれば、
「彼は遅かった」となります。

でも、日本語では、そうは言いませんよね?


そのため、自然な日本語にするために、意訳して、「彼は遅刻した」としている
のです。

つまり、本来は「彼は遅かった」なのだが、

日本語と英語の間で、

「日本語には"遅刻した"という動詞があり、そちらが自然。
 英語にはそういう動詞はない。"遅い状態"と状態で表現する」

という違いがあるために、意訳されているのです。


このように、日本語訳というのは、「日本語の事情」によって意訳されている
ものが多いのです。

そのため、日本語訳をそのまま「絶対に100%正しい」と信じ込んで、
英文法学習に使うのは避けるべきです。

常に、「意訳されているかもしれない」ということを頭に入れておくべきです。



■初心者が注意すべき点


以上が今回のお話になります。

中級者以上の方は、日本語はなるべく使わないで英語学習するように心がける
べきですが、初心者にはそれではハードルが高い。

仕方がなく、日本語を使うわけですが、日本語訳に100%頼り切るのも危険。

「意訳されているかも」と考え、
「大体こんな意味」と、大雑把にとらえる手段、ぐらいに留めておいてくだ
さい。


初心者の方で、英文法を基礎から学びたい方は、冒頭でお話しさせていただい
た、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日4日と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。