fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


まったく違う英文? 似た英文?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回はリーディングについてのお話をいたします。


■以下の英文を見て


突然ですが質問です。

以下の英文を見て、どう感じるでしょうか?

In the early morning, Mr. Henderson read the newspaper.
For this reason, the president should reconsider that option.

この2つの英文を見て、

「全然別の英文だ」

と感じるでしょうか?


本当に、全然別物だと感じてしまっているのであれば、
残念ながら、それは問題だと言えます。

かなりの上級者は例外ですが、英語の読み方が間違っていると言えます。


確かにこの2つの英文。
使われている単語は全然違います。同じ単語はほとんどありません。

唯一使われている同じ単語は「the」だけです。
でも、theなんて、しょっちゅう出てくる単語ですよね。

意味もまったく違います。

それぞれ、意味は、

「早朝、ヘンダーソンさんは新聞を読んだ」
「この理由から、社長はあの選択肢を再考すべきだ」

となります。

全然違いますよね。


でも、構造はどうでしょう?

In the early morning, Mr. Henderson read the newspaper.

まず、in the early morningという、前置詞+名詞の副詞が出てくる。

続いて、

Mr. HendersonがS
readがV
the newspaperがO

という第3文型の文が続いている。


For this reason, the president should reconsider that option.

for this reasonという、前置詞+名詞の副詞が出てくる。

続いて、

the presidentがS
should reconsiderがV
that optionがO

という第3文型の文が続いている。


まーったく同じですよね。
構造的にはまったく同じ。


先ほど、どう感じますか? と尋ねた際に、

「全然別の英文だ」

と感じてしまったのなら、残念ながら、それは、

「リーディングの際に、意味ばっかり考えていて、構造をまったく考えていな
 い。つまり、間違った読み方をしている」

これを証明してしまっていることになります。



■複雑な文、長い文は構造を意識しないと読めない


「構造なんかわからなくたって、さっきの英文ぐらい簡単に読めるよ」

そう思うかもしれません。


でも、それは、先ほどの2つの英文が簡単で、短い英文だったからにすぎませ
ん。

リーディングをやっていればわかると思いますが、
世の中には、複雑な英文、長い英文が一杯あります。

そして、構造を意識していないと、複雑な英文、長い英文が出てくると、

「使われている単語・熟語は全部知っているのに、
 文全体の意味がつかめないor間違って解釈してしまう」

という状況になります。


例えば、メルマガではよく使う例文、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

を、「男が非難した」と勘違いしてしまう人は多いです。

確かにaccuse「非難する」のed形なのですから、accusedは「非難した」という
意味で使われることもあります。


でも、今回は、構造上、「非難された」という意味になっているんです。

構造を意識している人なら、こんな間違いはしません。

ちゃんと、accusedの後ろに名詞がないことに着目し、
それだったら「非難された」という意味になり、

「ウソをついたと非難された男はずーっと真実を語っていた」

という意味だと理解できます。


理解できないor勘違いの例はほかにも一杯あります。

The equipment the workers desperately believed would work unfortunately
didn't work properly.

なんかも多くの人がつまずく例です。

仮に単語を全部知っていても読めない人は多いです。

・equipment   装置
・worker     作業員
・desperately  祈るような思いで
・work      動く
・unfortunately 残念ながら
・properly    適切に


あとは、

Whether the new product will come out on the 13th as many people say
shouldn't be discussed.

なんかも苦戦する人が多いパターンです。

・product  製品
・come out  発売される
・discuss  議論する


また、上記の例を見るまでもなく、今までの英語学習の経験から、

「使われている単語・熟語は全部知っているのに、
 文全体の意味がつかめないor間違って解釈してしまうことがある」

というのは知っている方が多いでしょう。

※:意味はそれぞれ

「作業員が祈るような思いで動くだろうと信じていた機械は残念ながら適切に
 動かなかった」

「多くの人が言うように新しい製品が13日に発売されるかどうかは議論され
 るべきではない」



■構造の知識、構造を意識した読み方を


それはいずれも構造を意識していない。
あるいは、意識できるほどの力がない(英文法の力不足)。

というのが原因です。


英語と言うのは、ただ単に単語・熟語の意味を知っていれば読めると言うわけ
でもありません。

ただ単に意味をつなげて読んで行けばいいわけではありません。

構造の知識(英文法)がちゃんとあって、しかも構造を意識して読まないと、
複雑な文、長い文というのは読めません。

さきほど、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

で、チラッとお話した、「accusedの後ろに名詞がないことに着目」というの
も、構造を意識した正しい読み方のポイントの1つです。


英文法(構造の知識)をちゃんと身につけて、
その知識を使った読み方も身に付ける必要があります。

ただ単に意味をつなげて感覚で読むことができるのは、

よっぽど英語の才能がある人か、
英語圏で生活するように、ハンパじゃない量の英語を読んだ人か、
ネイティヴか帰国子女ぐらいです。


もちろん、構造を意識した読み方を続けて行けば、無意識で感覚で読めるように
なります。

ただ、それは正しい練習を繰り返した結果、感覚的にできるようになっただけ
の話。最初から感覚で突き進んでできるものではないのです。

ゴルフ、野球、テニスなどのスイングが、最初は「こうやってやるんだ」と意識
して、練習を繰り返した結果、無意識に正しいスイングできるのと同じです。

普通の人は、最初から何も考えずに感覚で振り回していたのでは正しいスイング
はできません。


最終的に、感覚的に読むことを目指すにせよ、
まずは正しい読み方を意識してやることが大切です。


英文法の知識を身につけつつ、正しい読み方を身につけたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てれば幸いです。

ちょうど締切が明日18日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。